国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

(業績 平成24年度)感染症科

平成24年度

[原著論文:査読付(Reviewed Paper)]

  1. Miyairi I, Ziebarth J, Laxton JD, Wang X, van Rooijen N, Williams RW, Lu L, Byrne GI, Cui Y: Host genetics and Chlamydia disease -prediction and validation of disease severity mechanisms. Host genetics and Chlamydia disease: prediction and validation of disease severity mechanisms. PLoS One 2012;7:e33781
  2. Qualls JE, Subramanian C, Rafi W, Smith AM, Balouzian L, DeFreitas AA, Shirey KA, Reutterer B, Kernbauer E, Stockinger S, Decker T, Miyairi I, Vogel SN, Salgame P, Rock CO, Murray PJ: Sustained generation of nitric oxide and control of mycobacterial infection requires argininosuccinate synthase 1. Cell Host Microbe. 2012 Sep 13;12(3):313-323.
  3. Sato M, Ito S, Ogura M, Kamei K, Miyairi I, Miyata I, Higuchi M, Matsuoka K: Atypical Pneumocystis jiroveci pneumonia with multiple nodular granulomas after rituximab for refractory nephrotic syndrome. Pediatr Nephrol 2012 Sep 5. [Epub ahead of print]
  4. Ogimi C, Shoji K, Katsuta T, Watanabe Y, Saitoh A: Utility of gram stain of endotracheal aspirates on empiric therapy in children with hospital-acquired pneumonia. J Infect 2012 Jun 18.
  5. Shoji K, Komuro H, Kobayashi Y, Shike T, Funaki T, Katsuta T, Miyata I, Saitoh A: An Infant with Human Parechovirus Type 3 Infection with a Distinctive Rash on the Extremities. Pediatr Dermatol. 2012 Sep 3. doi: 10.1111/j.1525-1470.2012.01819.x. [Epub ahead of print]
  6. Shoji K, Komuro H, Miyata I, Miyairi I, Saitoh A: Dermatologic Manifestations of Human Parechovirus Type 3 Infection in Neonates and Infants. Pediatr Infect Dis J. 2012 Nov 28. [Epub ahead of print]
  7. Katsuta T, Shoji K, Watanabe Y, Saitoh A: Treatment of Pyelonephritis Caused by Extended-Spectrum β-Lactamse-Producing Entrobacteriaceae in Children. Pediatr Infect Dis J. 2012 Dec 28. [Epub ahead of print]
  8. 柳夲嘉時, 道之前八重, 井崎和史, 柴田真理, 大村真曜子, 大坪麻, 内田賀子, 高瀬俊夫, 宮川広実, 庄司健介: 角膜内皮炎を合併した先天性サイトメガロウイルス感染症の極低出生体重児例. 日本未熟児新生児学会雑誌 2012;24(2):297-303
  9. 堀内清華, 石黒精, 中川智子, 庄司健介, 永井章, 新井勝大, 堀川玲子, 河合利尚, 小野寺雅史: 甲状腺機能低下症と1型糖尿病に難治性下痢症を合併しFOXP3低下を認めたIPEX症候群の女児例. 日本臨床免疫学会会誌 2012;35(6):526-532
  10. 齋藤昭彦, 勝田友博, 菅原美絵, 庄司健介, 船木孝則: 基礎疾患のある児に対する同時接種の安全性. 日本小児科学会雑誌 2012;116(5):823-826

[原著論文:査読なし]

  1. 田中孝明, 佐野弘純, 宮入烈, 福島慎二,高橋章仁, 佐藤哲也, 是松聖悟: WS-2 抗菌薬の適正使用を普及させる方策. 小児科臨床 2012;65(3): 499-503
  2. 河合泰宏, 佐藤薫, 洪真紀, 庄司健介, 笠井正志, 橋本浩一: WS-4 小児病棟における院内感染対策. 小児科臨床 2012;65(3):507-513
  3. 弓削昭彦, 津川毅, 新妻隆広, 宮田一平, 山岸由佳, 新田雅彦, 寺内芳彦, 森内浩幸: WS-1 好中球減少症を中心とした小児免疫不全者に対する抗菌化学療法. 小児科臨床 2012;65(3): 492-499
  4. 船木孝則, 宮入烈: 感染性胃腸炎. 小児科 2012;53(8):1091-1100
  5. 宮入烈: 感染症科・母子感染研究部感染免疫研究室における感染症迅速診断の取り組み. 国立成育医療研究センターメールマガジン 2012;120:(4.28配信)
  6. 船木孝則, 宮入烈: 細菌性肺炎. 小児内科 2012;44:458-459
  7. 宮入烈: 肺炎クラミジア―最近の動向―. 小児科臨床 2012;65(12):2553-2558
  8. 宮田一平, 宮入烈: 中枢神経感染症における迅速診断. 小児科臨床 2012;65(12):2489-2495
  9. 宮入烈: 不活化ポリオワクチンと生ポリオワクチン. ハコ・エール 2012;2:10
  10. 宮入烈: 米国のNICUにおける予防接種と制度. 日本未熟児新生児学会雑誌 2012;24(3): 485-485
  11. 中村知夫, 宮入烈, 堀越裕歩: 医師のワクチン接種に関する医学的・制度的問題点に関する理解度の現状―新生児専門集中治療施設で勤務している医師に対するアンケート調査より― . 日本未熟児新生児学会雑誌 2012;24(3): 632-632
  12. 馬原文彦, 宮田一平: 分子標的療法時代の日和見感染にどう対応する 日本紅斑熱-最近の知見. 小児内科 2012;44(7):1007-1011

[著書]

  1. 岩田健太郎, 宮入烈: 抗菌薬の考え方、使い方 Ver.3. 中外医学社, 2012;468-529
  2. 宮田一平, 齋藤昭彦: 感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making.
    (細川直登編,) 文光堂, 2012;346-351