国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

遺伝カウンセリングナース

近年遺伝医療の進歩に伴い、染色体異常や遺伝性疾患の出生前診断、がんの発症前診断、遺伝子治療などに対する人々の期待が高まっています。同時に遺伝についての不安や、遺伝子検査を受けるか否かなど、意思決定に対する悩みや葛藤が生じ、遺伝カウンセリングの重要性が指摘されています。

遺伝診療科では、遺伝に関する様々な不安や悩みを抱える相談者に対して、認定遺伝専門医と共に、遺伝カウンセリングナースが遺伝カウンセリングを担当しています。

遺伝カウンセリングナースは、当事者やそのご家族の心理・社会的問題に配慮し、共に問題を整理しながらご自身の価値観に基づいた選択、決断ができるようにサポートします。

遺伝カウンセリングナースは、専任看護師として初診の相談受付や、日常生活・育児に関する相談、家族の抱える問題に対する健康管理、教育、社会福祉関連情報の提供、家族会など、情報サポートなども行なっています。

遺伝性疾患は出生前、小児期から成人期へと、全てのライフステージや次世代にもつながっていくものであり、子どもから大人まで継続的・総合的な医療が求められます。

胎児診療科や不育診療科、またお子さんの疾患に合わせて各科と連携し、また関連領域の様々なスタッフと情報交換することで、包括的なケアの実践を目指した取り組みをしています。

出生前診断に関することや遺伝に関連する病気と聞いているがどこに相談して良いのか分からないなど、一度お電話でご相談下さい。
遺伝カウンセリングナースの画像