国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

腎臓・リウマチ・膠原病科

基本情報

腎臓疾患、リウマチ性疾患は慢性の経過をとる事が多い疾患です。当科は、適切かつ最新の治療を行い、生活上の制限を改善し、健康な子どもと同様の生活を送ることができることを目標にしています。

診療内容・業務内容

○診療内容

腎臓疾患
難治性ネフローゼ症候群や難治性糸球体腎炎に対し、免疫抑制薬、生物製剤、アフェレシス療法などを用いた先進的治療を行っています。また、腹膜透析や血液透析についても、多くの診療実績があり、腎移植も行っています。さらにファブリー病、非典型溶血性尿毒症症候群などの難治性稀少疾患の先進的治療も行っています。
膠原病・リウマチ性疾患
日本で数少ない小児リウマチ性疾患の専門診療科です。免疫抑制薬、生物製剤、アフェレシス療法などの標準的・先進的治療を行っています。生物製剤を使った治療も積極的に行っています。また、原因不明の発熱、原因不明の四肢の痛みなどの診断・治療も行います。

○対象とする疾患

腎臓疾患は、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全、血液透析・腹膜透析・腎移植、尿細管機能異常症などが対象です。
膠原病・リウマチ性疾患は、若年性特発性関節炎、全身性エリテマトーデス、若年性皮膚筋炎、血管炎症候群、自己炎症性症候群などが対象です。

○先進医療、特殊医療

・難治性ネフローゼ症候群へのリツキシマブ療法
・血漿交換療法(難治性ネフローゼ症候群、川崎病、リウマチ性疾患)
・血液型不適合妊娠への二重濾過血漿交換療法

○検査

超音波下経皮的腎生検、腹部超音波検査、腹膜機能検査、腎核医学検査、関節超音波検査、関節・筋肉MRI検査などを行っています。

業績

受診方法

受診には予約が必要です。予約センターに連絡し、予約してください。予約の変更も予約センターで対応します。初めて受診(初診)する場合は、医療機関(医院、病院)からの紹介状が必要です。
再診の方は、予約センターで予約してください。曜日毎に担当医が決まっているため、担当医の希望があれば、予約時に伝えてください。

外来診療担当表は、こちらをご覧ください。
受診方法については、こちらをご覧ください。

スタッフ紹介

医長 医員 フェロー
石倉 健司 亀井 宏一
小椋 雅夫
佐古 まゆみ(併)
伊藤 秀一(非)
佐藤 舞
松村 壮史
西 健太郎
奥津 美夏
石和 翔

(併)=併任、(非)=非常勤

医療従事者の方へ

腎臓科では以下の臨床研究を主導しています。

「小児の急性血液浄化の全国規模の実態調査および標準的治療指針の作成」のための調査
研究期間: 平成19年4月1日から平成21年3月31日まで

小児における急性血液浄化療法の実施状況について全国規模でアンケート調査を行っています。小児に対する急性血液浄化療法は、技術や機器の進歩により、近年になり比較的容易に行うことが可能となりました。わが国での小児に対する本療法に関する調査は、約10施設で構成される小児血液浄化検討会(静岡小児病院 和田尚弘代表)の調査による年間施行症例数の集計結果(約60例)のみです。わが国における小児に対する本療法の大規模な実態調査は、現在まで十分なされておらず、施行患者数、対象疾患、転帰、予後、実施環境等の正確なデータはありません。本療法は年間100~200人の患者に様々な状況で施行されているものと推定されます。このたび、小児(15歳以下)に対する急性血液浄化療法の実施状況について、全国規模で調査を行うことになりました。調査項目は、患者背景、対象疾患、血液浄化療法の種類、実施環境、予後と転帰、患者受け入れ態勢等とし、その評価と問題点の検討を行います。

この実態調査の結果をもとに、
1. 国内地域別に本療法の年間新規施行患者発生数を予測し、国内小児血液浄化療法施行施設の必要数を算出するとともに、本療法を実施する上での問題点を地域別に分析し、本療法が地域格差なく施行できる実現可能な医療体制について提言します。
2. 本療法の普及及び医療の向上(早期診断・早期治療)を目的とし、一般医を対象とした本療法の治療の手引きを作成します。指針には、小児に対する本療法の適応疾患や開始基準、本療法の種類とその選択、実施方法、合併症、小児本療法施可能施設の一覧表等を記載する予定です。さらにこの手引きの普及を関係各学会と協力して行うことも視野に入れています。

調査票の内容は、
1.施設の実施体制についての施設調査、
2.患者ごとの詳細な情報を得るための患者調査、の二点です。

注)血液浄化療法は急性のみでなく、準急性も含めます。またnon-renal indicationも含めます。具体的には、急性腎不全、急性肝不全、多臓器不全、高アンモニア血症、敗血症へのPMX、様々な疾患の症状改善目的の血漿交換やDFPP、IBD増悪への白血球除去、循環器あるいは腎移植後の急性腎不全、ECMOと併用した透析等です。

本調査が、より良い小児急性血液浄化療法の普及と理想的な医療体制構築のために実施されます。調査票の返送を持って、本調査に御同意いただいたものとみなさせていただきます。また、調査票返送後に、調査協力の撤回をご希望の場合には、平成21年12月20日までに下記の代表者にご連絡ください。
個人情報の保護については、疫学研究に関する倫理指針に則って、調査票を作成します。当センターの倫理審査委員会で承認を得た後、本研究を実施します。連結可能匿名化データ化のもと調査を行い、集計された結果のみを国内外の学術雑誌・集会などに公表するため、個人情報は保護さます。また、本研究における利益相反はありません。

調査研究代表者
〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1
国立成育医療研究センター 腎臓科 
医長 伊藤秀一

小児期発症難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブの適応外投与状況の全国調査
研究期間:平成22年1月1日から平成25年12月31日まで(約4年間)

国内の小児期発症難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブの適応外使用の現状についてアンケート調査を行います。リツキシマブは抗CD20モノクロナル抗体であり、わが国では非ホジキンリンパ腫にのみ適応があります。しかし、近年になりネフローゼ症候群等にも有効性が報告されるようになり、小児難治性ネフローゼ症候群については、すでに保険収載を目標に医師主導型治験が開始されています。本研究は、治験登録症例以外でリツキシマブを適応外使用された小児期発症難治性ネフローゼ症候群患者に関する調査研究です。リツキシマブの対象、使用法、効果、副作用等についてアンケート調査を行い評価します。

研究の意義は、
1.小児期発症難治性ネフローゼ症候群へのリツキシマブ療法の適応外使用の現状と問題点を明らかにする。
2.現在進行中の治験の必要性と保険収載の必要性の根拠となる、の2点です。

アンケート調査を埼玉県立小児医療センター、 あいち小児保健医療総合センター、神戸大学病院、群馬大学病院、大阪市立総合医療センター、東京女子医大病院 、鹿児島大学病院 、弘前大学等、国内の小児腎臓専門施設を対象に実施いたします。調査票の返送を持って、本調査に御同意いただいたものとみなさせていただきます。また、調査票返送後に、調査協力の撤回をご希望の場合には、平成22年12月31日までに下記の代表者にご連絡ください。
個人情報の保護については、疫学研究に関する倫理指針に則って、調査票を作成します。当センターの倫理審査委員会で承認を得た後、本研究を実施します。連結可能匿名化データ化のもと調査を行い、集計された結果のみを国内外の学術雑誌・集会などに公表するため、個人情報は保護さます。また、本研究における利益相反はありません。

調査研究代表者
〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1
国立成育医療研究センター 腎臓科
医長 伊藤秀一