国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

腎臓・リウマチ・膠原病科

基本情報

腎臓疾患、リウマチ性疾患は慢性の経過をとる事が多い疾患です。当科は、適切かつ最新の治療を行い、生活上の制限を改善し、健康な子どもと同様の生活を送ることができることを目標にしています。



診療内容・業務内容

診療内容

腎臓疾患

難治性ネフローゼ症候群や難治性糸球体腎炎に対し、免疫抑制薬、生物製剤、アフェレシス療法などを用いた先進的治療を行っています。また、腹膜透析や血液透析についても、多くの診療実績があり、腎移植も行っています。さらにファブリー病、非典型溶血性尿毒症症候群などの難治性稀少疾患の先進的治療も行っています。

膠原病・リウマチ性疾患

日本で数少ない小児リウマチ性疾患の専門診療科です。免疫抑制薬、生物製剤、アフェレシス療法などの標準的・先進的治療を行っています。生物製剤を使った治療も積極的に行っています。また、原因不明の発熱、原因不明の四肢の痛みなどの診断・治療も行います。

対象とする疾患

腎臓疾患は、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全、血液透析・腹膜透析・腎移植、尿細管機能異常症などが対象です。
膠原病・リウマチ性疾患は、若年性特発性関節炎、全身性エリテマトーデス、若年性皮膚筋炎、血管炎症候群、自己炎症性症候群などが対象です。

先進医療、特殊医療

  • 難治性ネフローゼ症候群へのリツキシマブ療法
  • 血漿交換療法(難治性ネフローゼ症候群、川崎病、リウマチ性疾患)
  • 血液型不適合妊娠への二重濾過血漿交換療法

検査

超音波下経皮的腎生検、腹部超音波検査、腹膜機能検査、腎核医学検査、関節超音波検査、関節・筋肉MRI検査などを行っています。


書籍のご案内

お子様の病気と向き合うには病気についての正しい知識が欠かせません。
しかし、良い本がないため情報不足にお困りの方も多いと思います。
この度、当科から「こどもの腎炎・ネフローゼ」という患者様とご家族向けの本を出版しました。
一般の方にもわかりやすい言葉で書かれています。
是非ご一読ください。

腎臓・リウマチ・膠原病科
医長 石倉 健司

*「こどもの腎炎・ネフローゼ」
五十嵐 隆(監修)
伊藤 秀一(編集)
Medical tribune社 1600円

受診方法

受診には予約が必要です。予約センターに連絡し、予約してください。予約の変更も予約センターで対応します。初めて受診(初診)する場合は、医療機関(医院、病院)からの紹介状が必要です。

再診の方は、予約センターで予約してください。曜日毎に担当医が決まっているため、担当医の希望があれば、予約時に伝えてください。

  • 外来診療担当表は、こちらをご覧ください。
  • 受診方法については、こちらをご覧ください。

スタッフ紹介

医長 医員 フェロー
石倉 健司 亀井 宏一
小椋 雅夫
佐古 まゆみ(併)
伊藤 秀一(非)
佐藤 舞
松村 壮史
西 健太郎
奥津 美夏
石和 翔

(併)=併任、(非)=非常勤

医療従事者の方へ