国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

救急受診のご案内


救急受診のご案内の画像

我が国では、受診前に患者自身や保護者、あるいは救急隊員が病状の緊急度・重症度を判断し、受診場所を選別する制度(初期救急、二次救急、救命救急の三段階救急体制)が一般的です。しかし、この概念が、小児救急医療にも理想的な体制だと言うことができるのでしょうか。子どもは自ら訴えることができず、予備力も少なく、病状が急激に変化します。ごく一般的な症状を訴える子どもの中に極めて緊急度の高い病状が隠れ、ただちに集中的な治療が必要なこともあるため、病院を受診前の段階での病状判断には、限界があります。

そのため、「まず全ての子どもを受け入れて、病院内で子どものもつ病状の緊急度を判断し(これを「トリアージ」とよびます)、緊急度に応じた診療を行う」ことが小児救急医療の理想だと考えます。トリアージにより、周りに気付かれにくい隠れた重大な病状を拾い上げ、遅滞のない診療へ結びつけることができます。北米の代表的な子ども病院の一つであるトロント小児病院の前救急部長であるジャービス先生も、「私たちは1人の重篤な子どもを救命するために、100人の軽症の子どもを喜んで診察します。」と述べています。

救急センター(小児 ER)について

当院の救急センター(小児 ER)は2002年3月の開院以来、以下の理念で診療を行っています。

  • 救急センターは「具合が悪いので診てほしい」という子ども達を、いつでも、誰でも受け入れます。
  • 救急センターは、夜間(時間外)救急外来ではありませんし、重症患者だけを診る三次救命救急センターでもありません。真の救急の病態をもった患者か否かも問いません。痛みや不安を持つ子ども達とそのご家族のために全力を尽くして治療を行っています。
  • 小児診療の一環として救急医療を行い、病院が一体となって救急センターを運営します。救急処置を行い、その場しのぎの応急手当のみを行うことはありません。
  • "Pediatric Chain of Survival"(小児の救命の鎖)の確立のために、院内のみならず院外への小児救急医療に関わる教育活動と臨床活動に尽力しています。
子どもにとって、不慮の事故や発熱などの急病は突然やってきます。救急センターは、原因に関わらず急な出来事で困っている子どもの手助けができるよう、年末・年始やゴールデンウィークなどの長期連休を含め、昼夜を問わず24時間365日、複数名の外来診療担当医を配置しています。診療を希望される方はいつでも救急センターへ直接いらしてください。

電話相談について

救急外来診療の担当医は、受診された多くの患者の診療を優先する義務があることや、救急隊からの救急搬送依頼の電話対応に支障を来す可能性もあり、患者からの電話相談は実施していません。電話相談については、下記を参考にして下さい。
  1. 東京消防庁 「救急相談センター」
    24時間年中無休で、救急隊員・看護師が対応し、状況によって救急相談医が対応します。
    • 受付電話番号 #7119(携帯電話・PHS・プッシュ回線から)
      つながりにくい場合は、03-3212-2323(23区内)
      042-521-2323(東京都多摩地区)
  2. 東京都福祉保健局 「母と子の健康相談」
    下記の時間・電話番号にて、看護師・保健師が対応し、状況によって小児科医師が対応します。
    • 電話相談受付
      月曜から金曜(祝日除く)   17時から22時
      休日(土日祝日、年末年始)  9時から17時
    • 受付電話番号 #8000(プッシュ回線から)
      03-5285-8898(携帯電話・PHS・プッシュ回線以外の固定電話、から)

救急センター(小児 ER)を受診される方へ

救急センターには、年間約4万人の子どもたち(平成22年は約33,298人、うち救急車での来院が約3,444人)が訪れます。来院された子どもたちの中には、症状が軽く帰宅できる方もいれば、症状が重くて入院しなければならない方もいます。そのため、症状の緊急度を判断し、すぐに診察しなければならない子どもたちを見極める必要があるため、必ずしも受付順番どおりに診察は行っていません。症状が重篤で緊急度が高い子どもたちを優先して診察しています。

「トリアージ」とは

救急センターを受診した子どもに対して、まず訓練された看護師(トリアージナース)が病状をききます。そこで子どもの病状の緊急度を判断し、すぐに医師の診察が必要か決定します。この過程を「トリアージ」と呼び、トリアージによって決定された緊急度に従い、診察の順番が決まります。そのため、後から受診した子どもが先に診察を受けることがあります。また、このトリアージは救急車で搬送された子どもにも行うため、救急車で受診した場合でも緊急度が低いと判断された場合は、待合室で診察を待つことがあります。
平成22年には救急センターを受診した患者のほとんど(33,298名)がトリアージを受け、そのうち最も緊急度が高く直ちに蘇生処置が必要な患者(蘇生トリアージ)が約413人、緊急度が高く15分以内を目途に診察・治療が必要な患者(緊急トリアージ)が約3,651人でした。それ以外の約9割の患者は待合室で待っていただきました。救急車で来院した患者のうち、上記の蘇生トリアージ・緊急トリアージに該当したた方は約3割で、それ以外の約7割の方は待合室で待っていただきました。

救急センターにとって最も重要なことは、「早急な診察・治療が必要な患者に、遅滞なく、精度の高い診察・治療を行うこと」だと考えています。そのためには、トリアージというシステムが必要不可欠です。皆様のご理解とご協力をお願いします。

待ち時間について

待ち時間は様々な要因で変化します。患者が多い時でも、重い症状ならば、すぐに診察が行われます。しかし、症状が軽い場合や、患者が多い冬の時期、症状の重い患者の治療を行っている場合など、待ち時間が長くなることがあります。可能な限り、待ち時間が少なくなるように医師・看護師とも努力していますので、待ち時間の長短についてはご理解下さい。子どもの病状と緊急度、混雑状況により、4時間以上待つこともあります。(特に冬の時期や、祝祭日・夜間などは混み合います。)

なお、診察を待っている間に、子どもに病状の変化があった場合、トリアージナースにすぐに伝えてください。

診察から帰宅あるいは入院まで

診察は救急センター外来診療担当医が行います。診察の結果、帰宅可能と判断することが多い(約9割の子どもが帰宅しています)ですが、病状によっては専門医診察や入院が必要なこともあります。専門医は常に救急センターにいるとは限りません。専門医の診察まで更に待っていただいたり、専門医のいる他の医療機関へ転院になる可能性もあります。入院治療が必要な場合は入院治療担当医が診療を引き継ぎます。また、帰宅可能と判断され、処方箋が処方された場合、曜日に関わらず日中は院外処方(薬を院外薬局にお願いする)を行っています。
地域連携夜間・休日診療について(お知らせ)