国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

看護部の紹介

環境の変化に応じた医療の取り組みと、
看護職員の働きやすさを追求しています。

看護部長 松谷 弘子

国立高度専門医療センター国立成育医療研究センター看護部は、胎児期から小児及び次世代を育成する成人期を含めて、対象となる子どもと家族が生涯をとおして健康生活が維持・増進できるように看護を実践しています。

当センターでは、年齢とともに変化する状況をふまえ、小児医療だけではなく、成人医療と連携した移行期(トランジション)外来を開始。退院後も医療的なケアを必要とする子どもと家族が、その人らしく穏やかなくつろぎができる施設「もみじの家」を開設いたしました。このように現状や動向をふまえ、常に進歩・発展していくための取り組みを行っております。

また、看護職員を対象とした満足度調査では、「同僚との関係」「他職種との関係」「上司との関係」「やりがいが感じられる」「成長できる環境」「研修・教育制度」において高い結果が出ました。しかし、満足度の低い項目に「十分な休暇が取れない」と示されており、その結果を受け、現在看護部では夏季休暇に加えて11月~3月にかけてリフレッシュ休暇の取得推進を掲げております。他にも当センター全体として離職防止、ワークライフバランスに取り組んでおります。

看護職員各人が自身の仕事の目標を持ち、やりがいを感じられるように、看護部として常に努力と進化をしていく所存です。

理念・基本方針

理念

命をはぐくみ、子どもと家族の未来を支える看護をめざします

  

基本方針

  1. 生命と人間性を尊重した看護を実践する
  2. 成長を助け、次のライフステージを見据えた支援を行う
  3. 成育看護を創造・発展させる人材を育成する
  

概要

病床数490床(ICU12床NICU21床 GCU30床 MFICU6床)
外来定数900名
看護職員看護職員596名(定数)
看護単位22看護単位
入院基本料一般病棟7:1
小児病棟小児入院医療管理料1
思春期病棟小児入院医療管理料4
看護方式固定チームナーシング
勤務体制病棟:二交替制・三交替制
救急センター:二交替制
手術室:三交替制
管理師長:二交替制

病棟紹介

4階東 病棟・ICU病棟4階西 NICU・GCU病棟
6階東 病棟・MFICU病棟6階西棟・6階GCU病棟/
7階東病棟7階西病棟8階東病棟8階西病棟
9階東病棟9階西病棟10階東病棟10階西病棟
11階東病棟11階西病棟救急センター手術室外来

専門領域で活動する職種

専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

教育・研修

教育・研修に関する情報はこちらから

就職を希望される方へ

採用に関する情報はこちらから

業績