国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時~17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

形成外科

基本情報

体表とそれに近い組織の先天性・後天性欠損の形態的・機能的再建を行い、患者の社会復帰を助ける外科診療を行っています。身体的・精神発達を考慮して最も低侵襲な治療を提供し、常に新たな治療の導入と開発を行うことを目指しています。
外来は、週3回午前中の一般外来と以下の二つの特殊外来があります。

  • 主として体表の先天性及び後天性の変形、組織欠損に対して治療を行ない、患者様の形態的、機能的そして精神的な再建をお手伝いします。
  • 代表的対象疾患は頭蓋縫合早期癒合症などの頭蓋顔面形態異常、顔面神経麻痺、口唇裂・口蓋裂、小耳症などの先天性耳介変形,手足の先天異常、血管腫などの良性腫瘍、熱傷、潰瘍、褥瘡などの皮膚軟部組織欠損、熱傷や外傷後の瘢痕拘縮など多岐にわたります。
  • マイクロサージャリー(微小血管吻合、神経縫合、遊離皮弁移植術)、頭蓋顎顔面外科、皮弁手術、組織移植術、骨延長術などの技術を生かして形態および機能再建手術を行います。また外科系他科の様々な手術治療にチームとして参加します。
  1. 「口蓋裂チーム外来」は関連専門診療科と共同で行い、鼻咽腔閉鎖不全の診断と治療方針の決定を行っています。
  2. 「赤ちゃんの頭の形外来」では頭位性斜頭の診断と治療を行っています。LEDスキャナーによる採型データに基づくヘルメットによる形状誘導療法を導入しています。

赤ちゃんの頭のかたち外来

  • 乳児の頭の変形の診断と治療を行なっています。
  • 向きぐせによる頭の変形(斜頭、短頭)に対しては、その程度や時期に応じてヘルメットによる頭蓋形状誘導療法を提案いたします。
  • かかりつけの先生から医療連携室への予約が必要です。

ヘルメットによる頭蓋形状誘導療法

レーザー光またはLED光のスキャナーを用いて赤ちゃんの頭の形を計測し、カスタムメイドのヘルメットを作ります。開始時期は首がすわってから生後6ヶ月くらいまでです。3~4週に1回の診察・調整を行なって、平均5ヶ月間装着していただきます。自費診療で一連の費用として初回診察時に40万円+消費税(ヘルメット代含む)がかかります(2014年4月1日から)。


診療内容・業務内容

治療方針

院内外の専門科とチーム医療を行い、最善かつ低侵襲な治療の提供を心がけています。また、近隣の大学病院や専門施設と密接に関連を保ち、患児にとって最良の治療が受けられる施設を積極的に紹介しています。

当科で診療している主な病気(疾患)

対象疾患としては、皮膚良性腫瘍、先天性顔面神経麻痺、顔面外傷・骨折、熱傷および瘢痕拘縮、難治性潰瘍などがその対象となります。

  1. 頭蓋縫合早期癒合症などの頭蓋顔面形態異常
  2. 顔面神経麻痺
  3. 口唇裂・口蓋裂
  4. 小耳症などの先天性耳介変形
  5. 手足の先天異常
  6. 血管腫などの良性腫瘍
  7. 熱傷、潰瘍,褥瘡などの皮膚軟部組織欠損
  8. 熱傷,外傷後の瘢痕拘縮

専門分野

対象疾患

全麻手術件数は例年250件程度であり、そのうち先天異常が8割を占めます。その内訳は口唇裂・口蓋裂関連50~70件、頭蓋縫合早期癒合症に対する形成術(脳神経外科と共同手術、骨延長術を含む)10~15件、小耳症耳介形成術10件前後、Beckwith Wiedemann症候群に対する舌形成術、脊髄髄膜瘤の再建それぞれ数件に加え、 第1第2鰓弓症候群小顎症などの治療も行っています。
上記に加え、各種腫瘍性病変。リンパ管腫、四肢の先天異常、種々の原因による禿髪、脊髄髄膜瘤の再建など。

特長

自家培養表皮製品である「ジェイス」の先天性巨大色素性母斑への適応拡大を目的とした医師主導型治験を、治験調整医師として統括しており、現在はその経過観察中です。「赤ちゃんの頭の形外来」については前述のとおりです。

主な検査と説明

CTデータを基に作成した実体モデルを用いた手術計画、LEDスキャナーによる乳児頭部の形状評価。


診療実績

2015 2016 2017
手術件数(全て) 237 242 253
先天異常に対する手術 159 162 173
唇裂初回手術 17 12 7
口蓋裂初回手術 12 10 18
頭蓋縫合早期癒合症に対する手術(延長術、内視鏡下縫合切除を含む。いずれも脳神経外科と合同手術) 6 13 17
小耳症耳介形成術(肋軟骨フレームワークによる) 6 7 8
Beckwith-Wiedemann症候群に対する舌縮小術 3 4 3
脊髄髄膜瘤の再建手術(脳神経外科と合同手術) 4 5 6
腫瘍 50 50 47
外傷 13 16 5
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 8 7 18
難治性潰瘍 3 5 10

受診方法

受診には予約が必要です。予約センターに連絡し、予約してください。予約の変更も予約センターで対応します。初めて受診(初診)する場合は、医療機関(医院、病院)からの紹介状が必要です。
再診の方は、予約センターで予約してください。曜日毎に担当医が決まっているため、担当医の希望があれば、予約時に伝えてください。

外来診療担当表は、こちらをご覧ください。
受診方法については、こちらをご覧ください。

スタッフ紹介

診療部長 医員 レジデント
金子 剛(併) 彦坂 信 宮森 悠希

(併)=併任、(非)=非常勤

医療従事者の方へ