代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

アレルギー性鼻炎


アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎ってなに?

アレルギー性鼻炎は、アレルゲンが鼻粘膜から侵入し免疫反応が起こることによって、鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状が引き起こされる病気です。通年性アレルギー性鼻炎(一年を通して症状が出るタイプ)と、季節性アレルギー性鼻炎(特定の季節に症状が出るタイプ、いわゆる花粉症)とがあり、両者を合併しているお子さんもいます。近年、アレルギー性鼻炎をもつお子さんの増加と発症の低年齢化が報告されています。お子さんの場合症状をうまく表現できず、鼻をこする、口呼吸などの症状で気付かれることもあります。

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因として多いのが花粉です。地域により差がありますが、とくにスギ・ヒノキ花粉、ハンノキやシラカバ、イネ科、ブタクサなどの花粉が原因となることが多くなっています。これらの花粉は、種類によって飛散する時期が異なります。通年性アレルギー性鼻炎の原因としてはダニやハウスダスト(この中にはダニ、カビ、ペットの毛などが含まれます)などがあります。


アレルギー性鼻炎の検査・診断

診断のためには、まずは問診と診察を行います。問診では、症状や発症年齢、症状が出やすい時期、家族歴や他のアレルギー疾患の有無などを確認します。また鼻粘膜の腫れの状態を直接診察して確認します。必要に応じX線検査を行うこともあります。原因を探るための検査として、血液検査や皮膚検査(プリックテスト)を行います。

血液検査

血液中のアレルゲン特異的IgE抗体を検査します。各種花粉やカビ、ダニ、動物、昆虫などのアレルゲンについて検査を行うことができます。

皮膚プリックテスト

皮膚の上に直接アレルゲン液を置いて、プリックテスト専用の針でその部分の皮膚を軽く刺します。刺した部位にできた膨疹の大きさを測り、IgE抗体の存在を確認します。


アレルギー性鼻炎の治療と国立成育医療研究センターの方針

アレルギー性鼻炎の症状が持続すると、上記の症状に加え、頭痛、倦怠感、集中力の低下などの生活の質(QOL)の低下を引き起こすことがあります。また気管支喘息を合併するお子さんでは鼻炎の治療が喘息症状の改善につながることが指摘されており、適切な治療を行うことが大切です。

抗原の除去

まずは原因となるアレルゲンの曝露を回避します。通年性アレルギー性鼻炎に対しては室内の掃除をこまめにする、カーペットや布張りのソファーを避けるなど、ダニ対策を中心とした環境整備を行います。花粉症の場合には、花粉が飛散する時期にマスクを付けて外出するなどの対策も行います。可能な場合にはフィルター等を用い、室内へのアレルゲン侵入を防ぎつつ換気を行います。

薬物療法

アレルギー性鼻炎の治療薬には、飲み薬や鼻に直接投与する噴霧薬などがあります。飲み薬のうち、抗ヒスタミン薬は主にくしゃみや鼻水に効果があります。眠気などの副作用が少ないものを用います。ロイコトリエン受容体拮抗薬は鼻づまりに効果があると言われています。ステロイド点鼻薬は、直接鼻粘膜に噴霧し粘膜の炎症を抑えます。症状や重症度に応じてこれらの薬を組み合わせて治療を行います。

アレルゲン免疫療法(減感作療法)

アレルゲン免疫療法は、アレルギー性鼻炎を根本的に治すことが期待できる唯一の治療です。アレルギーの原因となる抗原を少しずつ体内に入れ、反応を弱めていくことにより症状を抑えていくことができます。アレルゲン免疫療法には、注射で行う皮下免疫療法と、薬を舌の下に入れる舌下免疫療法があり、当センターでは、ダニおよびスギ花粉に対する舌下免疫療法を行っています。

少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。口の中の痒みや不快感などの副作用が出ることがありますが、皮下免疫療法に比べると重い副作用は出にくいといわれています。初回の服用はご予約の上外来で行い、その後は自宅で毎日服用を継続していただきます。


受診方法

外来は、救急センターを除いてすべて予約制ですので、当院で受診される方は『事前予約』が必要です。

国立成育医療研究センターでは、事前予約制を導入しております。当院での受診を希望の方は他院からの診療情報提供書(紹介状)をお手元にご用意の上、予約センター(電話 03-5494-7300)で予約をお取りになってからご来院ください(予約取得時に、紹介状の確認をしております)。紹介状をお持ちでない場合、別途選定療養費がかかります。詳しくは、予約センターにお問い合わせください。
なお、緊急で受診が必要なときは、現在かかっている医療機関の医師から直接、医療連携室(TEL:03-5494-5486 (月~金 祝祭日を除く 8時30分から16時30分))へご連絡をお願い致します。

予約センター(代表)

03-5494-7300

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


医師紹介

研究(臨床研究)の情報

医療従事者の方へ

診療実績