代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
患者・ご家族の方へ Patient & Family
患者・ご家族の方へ Patient & Family

令和元年度 国立成育医療研究センター 病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 9713 1716 327 1097 390 - - - - -
本院は成育医療を中心に提供している病院であり、退院患者数約13200人のうち、20歳未満が約11400人(86%)を占めています。成人患者では女性の割合が高く、妊娠・分娩に関連した入院が多い点が特徴的です。また、数は少ないですが、成人患者のうち移行期の患者(小児期に発症した慢性疾患を持ちながら成人に達した患者)の入院診療も必要に応じて提供しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

総合診療部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 354 8.36 6.19 0.0% 1.50
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 293 8.51 6.64 0.0% 3.02
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 159 10.71 12.58 0.0% 2.28
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 116 7.33 5.73 0.8% 3.10
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 105 9.12 5.69 0.9% 4.09
当科では、救急診療科と連携して、24時間365日での急病の患者さんの入院の受け入れを積極的に行っています。そうした中で、入院治療を要する患者さんとしては、下気道感染症(急性気管支炎、インフルエンザ)や感染症(腎臓または尿路感染症)、喘息がDPC対象の上位疾患となっています。

救急診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 48 1.83 2.48 0.0% 4.69
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 39 1.72 5.39 0.0% 4.33
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 25 1.72 3.81 0.0% 1.80
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 1.67 7.34 0.0% 6.39
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 14 2.00 9.96 0.0% 4.86
当科では、24時間365日、walk-in、救急車、紹介、他院からの転院搬送など小児救急患者を全て受け入れております。当科での入院患者は、救急ベッドでの短期入院が対象になります。内因性疾患では、食物アレルギー、急性ウイルス性腸炎、熱性けいれん、脱水などに起因する電解質異常などの感染症を多く診療しています。外因性疾患としては、主に頭部打撲などの小児患者を診療しています。

消化器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060180xx99x00x クローン病等 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 7.67 8.16 0.0% 11.12
060185xx99x0xx 潰瘍性大腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 46 3.65 12.04 0.0% 14.74
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 5.75 7.42 4.2% 8.42
060140xx99x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし - - - - -
当科では、⼩児期発症の消化器疾患を扱っています。特に潰瘍性⼤腸炎やクローン病といった⼩児期発症の炎症性腸疾患患者を多く診療しております。乳幼児期に発症した患者さんの診断と治療には力を入れており、全国から患者さんが紹介されてきます。乳幼児を含め、内視鏡検査や治療も積極的に行い、好酸球性消化管疾患(消化管アレルギー)や胃十二指腸潰瘍などの患者さんの診断と治療も、関係各科と協力しながら行っています。

循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 37 5.11 4.18 0.0% 3.32 循環器)心カテ
14031xx101x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 大血管転位症手術 大血管血流転換術(ジャテーン手術)等 手術・処置等2なし 22 75.00 39.81 4.6% 0.00
14031xx102x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2なし 18 30.00 26.91 0.0% 0.00
14031xx19910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 16 6.69 4.70 0.0% 0.00 循環器)心カテ
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2なし 15 24.87 26.27 0.0% 1.47
当科での入院は、先天性の心臓病の患者さんに対する、カテーテル検査、心不全管理、術前・術後の管理が多くを占めます。手術は心臓血管外科が担当し、術後の集中治療室での管理は集中治療科が担当します。出生後間もない赤ちゃんの場合は、新生児科が担当します。複雑な心臓病の患者さんの入院が多く、術前・術後管理は長期になる傾向にあります(先天性心疾患、手術処置等が該当します)。新生児期に手術を行った患者さんは、特に入院期間が長くなる傾向があります(先天性心疾患、1歳未満、手術処置等が該当します)カテーテル検査はパスと呼ばれる、計画に沿って行いますので、短期間の入院となります。評価カテーテルであれば、2泊3日。カテーテル治療であれば3泊4日の入院で行っています(先天性心疾患、手術なし、処置1ありが該当します)。重症心不全入院数も増加しており、その患者さんの入院期間は比較的長期になります。

呼吸器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140270xx99x0xx 肺の先天性異常 手術なし 手術・処置等2なし 10 3.60 6.05 0.0% 0.70
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 10 12.70 6.19 0.0% 4.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
040110xxxxx2xx 間質性肺炎 手術・処置等2-2あり - - - - -
160300xx97x0xx 喉頭・頸部気管損傷 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
当科では、先天的な肺や気道の病気(嚢胞性肺疾患、喉頭軟化症、気管・気管支狭窄や軟化症)などの基礎疾患を持っているお子さんを多く診療しており、特発性間質性肺炎、肺ヘモジデローシスのような稀な呼吸器疾患にも対応しています。なお、基礎疾患のない方の気道感染症(肺炎、気管支炎、細気管支炎)は、原則として総合診療部で診療を行っています。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 5.84 7.10 0.0% 5.67
010230xx99x10x てんかん 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 12 7.00 11.61 0.0% 6.25
100335xx99x00x 代謝障害(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 6.58 9.88 0.0% 9.92
010140xxxxx0xx 筋疾患(その他) 手術・処置等2なし 10 4.50 11.54 0.0% 9.30
010080xx99x1x0 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-1あり 15歳未満 - - - - -
当科では、小児期発症の神経疾患の診断および治療をおこなっています。特にてんかんについては多くの難治性てんかんの診療をおこなっており、基礎疾患を含む原因精査、長時間ビデオ脳波記録を中心とした病状評価および治療の経験が豊富です。また病院の特性上、ミトコンドリア病をはじめとする代謝疾患や中枢神経感染・炎症など重症患者について急性期集中治療から介入し、一般病棟転棟後も退院に向けて引き続き診療をおこなっています。これらの疾患以外にも筋疾患や中枢性脱髄性疾患をはじめとする小児神経疾患全般の診療に当たっています。

腎臓リウマチ膠原病科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 60 8.88 20.93 0.0% 8.97
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 35 7.29 8.99 0.0% 7.29
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 15 9.20 12.58 0.0% 9.27
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 10.36 11.67 0.0% 8.00
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 8.09 15.48 0.0% 9.00
当科は、ネフローゼ症候群や慢性糸球体腎炎などの小児の腎疾患のほか、腹膜透析、血液透析、腎移植など腎代替療法も積極的に行っています。ネフローゼ症候群は、他院より難治性ネフローゼ症候群の紹介が数多くあり、リツキシマブをはじめとした最先端の治療を施行しています。腹膜透析は全国で最も症例数が多く、導入の約半数が乳児です。

免疫科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130150xx97x0xx 原発性免疫不全症候群 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
070520xx99xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術なし - - - - -
040151xx99x0xx 呼吸器のアスペルギルス症 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
当科では、原発性免疫不全症や免疫異常症(自己炎症性疾患、自己免疫疾患)を対象に治療を行っています。未診断のケースでは、初発症状として原因不明の発熱を呈することがしばしばみられます。当科では、繰り返す発熱や遷延する発熱などの精査と治療を行います。また、原発性免疫不全症に合併するリンパ節炎や肛門周囲膿瘍、肺炎などの細菌感染症や真菌感染症、炎症性疾患の診療を行います。

内分泌・代謝科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100335xx99x00x 代謝障害(その他) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 5.73 9.88 0.0% 5.65
140500xx99x1xx 骨軟骨先天性形成異常 手術なし 手術・処置等2あり 20 4.30 3.76 0.0% 4.95
100120xx99xxxx 肥満症 手術なし 18 20.56 15.16 0.0% 11.17
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 5.40 3.65 0.0% 4.40
100210xxxxxxxx 低血糖症 - - - - -
内分泌代謝科では、以下の疾患の診断と治療を行っています。
  1. 先天代謝異常症:急性期の管理、食事療法、内科的治療管理、外科的治療(肝移植)の術前術後管理などを行っています。
  2. 骨形成不全症など骨疾患:定期入院加療を行います。
  3. 肥満症:代謝異常を伴う場合などに食事/運動療法強化のための減量入院を行います。
  4. 先天性あるいは腫瘍治療後の下垂体機能低下症:下垂体機能低下症には、成長ホルモン分泌不全症、性腺機能低下症、副腎機能低下症、甲状腺機能低下症の他、中枢性尿崩症が含まれます。
  5. 先天性高インスリン性低血糖症:診断を確定し、血糖の安定を図る治療を行っています。

アレルギー科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 1115 1.36 2.15 0.0% 3.61
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 467 1.98 2.48 0.0% 9.41
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 11.47 7.42 0.0% 3.70
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 30 39.67 10.67 0.0% 9.57
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
アレルギーセンターでは食物アレルギーの正確な診断のために食物負荷試験を行い、経口免疫療法を中心とする安全で効果的な治療法の開発に取り組んでいます。また、難治性の好酸球性胃腸炎など消化管アレルギー疾患の患者さんがステロイドに頼らず治療できるよう入院による個別の食事療法に取り組んでいます。長い間苦しんで来られた重症アトピー性皮膚炎の患者さんは入院治療により痒みのない正常な皮膚を取り戻し、ステロイド外用薬を上手に減量し、その副作用を避ける方法を身につけて退院して頂きます。喘息の初回入院は総合診療部が担当しますが、入院を繰り返したり、ガイドライン治療ではコントロールが難しい重症患者はアレルギーセンターで入院加療を行い、家庭で普通の生活ができるようになるまで治療します。他施設よりも平均入院期間が長いのはより重症な患者さんに徹底した個別治療をしているためです。薬物アレルギーや特殊なアレルギー疾患の診断治療も行っています。

血液腫瘍科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 80 32.84 39.36 0.0% 6.10
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2-2あり 68 8.03 13.47 1.5% 7.44
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 2.39 11.27 0.0% 5.42
100180xx97x1xx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2あり 54 23.06 31.95 0.0% 5.31
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 副傷病なし 39 6.56 6.24 0.0% 6.00
当科(小児がんセンター)の分類別患者数では、上位を白血病、脳腫瘍、神経芽腫が占めています(「非機能性副腎皮質腫瘍」が神経芽腫を含んでいます)。小児がん拠点病院として、造血器腫瘍(白血病やリンパ腫、ランゲルハンス細胞組織球症など)、固形腫瘍(脳腫瘍や神経芽腫、網膜芽腫、肝芽腫、腎腫瘍、横紋筋肉腫など)のあらゆる種類の小児がんに対する診療を行っています。高度な免疫診断技術に基づく正確な分類を行っており、さらに腫瘍外科(小児がんセンター)を中心とし、外科系診療科・病理診断部・放射線診断科・放射線治療科などの診療科と連携して、質の高い集学的治療を提供しています。がんゲノム医療拠点病院の指定を受け、ゲノム医療も推進しています。また、全ての患者さんに対して、診断時から充実した緩和ケアを提供しています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 112 2.91 2.81 0.0% 3.79 外科)鼠径ヘルニア・陰のう水腫
070590xx99x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術なし 手術・処置等2なし 46 3.87 5.94 0.0% 4.85
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 31 6.61 6.94 0.0% 10.94
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 30 6.00 5.45 0.0% 11.30
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 22 3.00 8.05 0.0% 2.36
当科では全身の非常に多岐にわたる疾患に対して、手術を中心とした治療をおこなっています。疾患に応じて様々な手術方法があります。手術数では疾患数が多い鼠径ヘルニアに対する手術が最も多くなっています。手術法は従来から行われている方法(1位)と腹腔鏡手術(5位)があります。また急性虫垂炎も比較的多い疾患で虫垂切除術(腹腔鏡下)が2番目(3位+4位)に多い手術となっており主に緊急手術として行われています。また血管腫・リンパ管腫に対する硬化療法や手術治療も積極的に行っております。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140080xx99x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術なし 手術・処置等2なし 195 2.72 3.72 0.0% 2.01
140080xx97x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術あり 手術・処置等2なし 77 15.66 14.30 0.0% 1.81
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 52 14.42 6.39 0.0% 1.35
180060xx99xxxx その他の新生物 手術なし 35 2.94 6.22 0.0% 1.03
010070xx99000x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 4.85 8.24 0.0% 6.35
脊髄硬膜内神経切断術は係留脊髄による排尿・排便機能障害、下肢運動・感覚障害の悪化を係留解除術により防ぎます。水頭症手術(シャント手術)は水頭症による頭蓋内圧亢進症状、発達への影響を改善します。脳新生血管造成術はもやもや病による虚血症状の改善を行います。脊髄腫瘍摘出術(髄外)は脊髄円錐部脂肪腫による脊髄係留症候群の悪化を防ぎます。穿頭脳室ドレナージ術は水頭症による頭蓋内圧亢進症状、発達への影響を改善します。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
14029xxx01x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 弁形成術等 手術・処置等2なし - - - - -
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - - - -
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2なし - - - - -
14031xx003x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2なし - - - - -
当科では、新生児から成人に至るまでのあらゆる先天性心疾患及び後天性小児心疾患の手術治療を担当しています。一方、当科の専門性に特化すべく、検査や周術期管理は、循環器科、新生児科、集中治療科、総合診療科などと協力し分業しています。この集計ルールでは、手術前後に他診療科の検査や治療が不要である患者さんは循環器科・新生児科・総合診療科等で集計対象となり、当科の集計から除外されています。そのため、当科の患者数が非常に少なくなっていますが、先天性心疾患、特にフォンタン手術などの複雑心疾患に対する、心臓手術を多く施行しています。年長児や成人の弁置換術も多く施行しています。(術式の解説や診療実績については次のページからご確認ください。 )

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1なし 131 7.15 7.53 0.0% 4.02
140490xx971xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1あり 87 7.69 9.71 0.0% 3.46
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 44 4.07 5.59 0.0% 7.23
140500xx97x0xx 骨軟骨先天性形成異常 手術あり 手術・処置等2なし 31 21.10 18.95 0.0% 10.06
140620xx97xxxx その他の先天異常 手術あり 24 10.25 10.56 0.0% 7.75
当科の患者数は先天性疾患が多く、他に救急診療科を経由した肘周辺などの四肢の骨折があります。紹介されて来院する患者さんは大部分が先天異常で、手足では多指症、合指症、母指形成不全、裂手症・指列誘導障害、先天性絞扼輪症候群などがあります。さらに先天性橈尺骨癒合症や四肢の形態異常症例も多く、O脚やX脚、脚長不等に対しては成長軟骨抑制を応用して矯正を行います。骨延長や骨切りで対応する場合もあります。外傷については急性期の骨折、特に上腕骨顆上骨折や外側顆骨折については緊急対応をしています。外傷後の遺残変形もよく紹介されています。内反肘では骨切り術、陳旧性モンテジア骨折では骨切り術と観血的整復術を併施します。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 99 2.79 3.13 0.0% 2.92
140580xx02xxxx 先天性下部尿路疾患 尿道形成手術等 58 9.81 9.49 0.0% 2.03
140580xx97xxxx 先天性下部尿路疾患 その他の手術あり 19 13.47 7.08 0.0% 1.74
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 13 2.23 2.81 0.0% 4.46
14056xxx97xxxx 先天性水腎症、先天性上部尿路疾患 手術あり 12 7.92 7.06 0.0% 7.42
当科は、尿路と生殖器を扱う専門診療科です。尿路疾患は水腎症や膀胱尿管逆流症、生殖器疾患は尿道下裂・停留精巣など、多くの症例を診察しております。
また新生児泌尿器疾患・性分化疾患・総排泄腔遺残症・総排泄腔外反症などの疾患も積極的に診察しております。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 43 8.60 9.23 0.0% 4.93
140190xx97xxxx 小耳症・耳介異常・外耳道閉鎖 手術あり 22 9.91 12.77 0.0% 11.09
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1なし 17 2.65 3.93 0.0% 4.76
140210xx02xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 副耳(介)切除術 15 2.07 3.03 0.0% 1.87
140245xx97xxxx 舌・口腔・咽頭の先天異常 その他の手術あり 13 12.00 8.74 0.0% 4.23
⼝蓋・⼝唇先天性疾患には口唇裂、口蓋裂が含まれます。⼝唇裂の基本術式は片側性の場合はMillard変法に小三⾓弁とNoordhoffの三⾓弁を併⽤し、両側性に対してはMulliken変法を用いています。⼝蓋裂については⽿⿐咽喉科、⻭科、リハビリ科(⾔語聴覚⼠)と共にチーム医療を提供します。術式は主としてFurlow変法です。術後は各診療科の外来と⼝蓋裂チーム外来でフォローします。⼝蓋裂チーム外来では主として鼻咽腔閉鎖機能の評価を行い、必要に応じて追加治療を⾏います。口唇外鼻修正術の時期は就学前と第2次性徴終了時が目安となりますが、患者本人の意向を尊重して決定しています。
⼩⽿症は⽿介の⼤半の⽋損、外⽿道閉鎖症、中⽿異常を主徴とする先天異常です。⽿介形成術は⾃家肋軟⾻フレームワークによる再建術を基本とし、耳垂型小耳症の症例ではエキスパンダー(組織拡張器)を用いた三期手術を行っています。耳甲介残存型小耳症では2期手術を行います。手術時期は胸囲が60cmに達する頃、あるいは9~10才頃が目安です。
皮膚、皮下腫瘍の良性腫瘍および副耳・耳瘻孔に対しては原則として1泊入院、全身麻酔下に手術を行っています。舌、口腔内、咽頭の手術も行っています。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1なし 150 7.37 8.26 0.0% 4.95
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 81 1.62 3.16 0.0% 4.00
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1なし 78 2.38 3.22 0.0% 3.49
040310xxxxxxxx その他の呼吸器の障害 73 6.29 10.53 1.4% 6.89
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 22 6.27 7.80 0.0% 7.27 耳鼻科)扁桃手術(術後ICU)
耳鼻科)扁桃手術
小児の睡眠時無呼吸の原因の最も多くはアデノイド・扁桃肥大によるものですが、稀に筋緊張の低下や中枢性無呼吸などが合併していたり、上気道の先天的な狭窄や喉頭狭窄に伴う呼吸障害もあり、実際には原因は多岐にわたっています。当院は、他院で対応が困難な合併疾患をお持ちのお子さんや3歳以下の年少のお子さんに対しても適切に評価したのち、手術治療の必要性などを検討しております。新生児・乳児期の喘鳴や声門下狭窄など、診断や対応が困難なお子さんは全国から紹介されており、セカンドオピニオンなどの要望も少なくありません。(また、当院は新生児聴覚スクリーニング後の精密聴力検査機関であり、言葉の遅れ、難聴の疑いなどに対しては言語聴覚士と共に評価し、療育施設と連携しながら診療を進めています。)

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 158 5.13 3.17 0.0% 6.32
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 43 9.88 2.78 0.0% 5.21
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 28 11.29 7.53 0.0% 8.18
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 22 12.05 9.33 0.0% 11.68
020220xx99xxxx 緑内障 手術なし 19 2.58 3.59 0.0% 2.05
当科では、⼩児眼科全領域にわたり手術を行っています。最も多い斜視をはじめ、白内障、緑内障、網膜剥離、眼瞼、網膜芽細胞腫の治療など、いずれも高度な技術を要しますが、良好な成績を収めています。未熟児網膜症や網膜血管増殖疾患の患者さんも多く、全国から難しい治療が必要な症例が紹介されています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 57 2.19 3.92 0.0% 3.49 皮膚科)ダイレーザー
皮膚科)Qスイッチレーザー
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1なし 14 2.79 3.93 0.0% 8.07
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 11 2.91 4.01 0.0% 5.55
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - - - -
140620xx97xxxx その他の先天異常 手術あり - - - - -
当科では、血管腫、先天性色素性病変に対し、顔面(眼周囲)および、体幹・四肢の広範囲レ ーザー照射の際は入院の上、全身麻酔下での施術を行っております。また、石灰化上皮腫、脂腺母斑などの皮膚腫瘍に対する全身麻酔下 での皮膚腫瘍切除術なども行っております。その治療は2泊3日(もしくは1泊2日)の短期入院で、患者さんの負担にならないように配慮しています。

集中治療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx1xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2あり - - - - -
010230xx99x10x てんかん 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし - - - - -
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし - - - - -
14031xx101x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 大血管転位症手術 大血管血流転換術(ジャテーン手術)等 手術・処置等2なし - - - - -
060270xx97x4xx 劇症肝炎、急性肝不全、急性肝炎 手術あり 手術・処置等2-4あり - - - - -
当科では術前、術後、救急、外科、内科を問わず、緊急度が高く重症度が高い患者さんを集中治療室で診療しています。その中で最も多いのは肺炎や細気管支炎といった呼吸器感染症で、中には人工呼吸管理が必要になるような患者さんもいます。また痙攣が止まらない、意識障害がある、てんかん、脳炎などの神経疾患の患者さんも数多く入室します。

産科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 307 9.51 9.66 0.0% 37.60
120260xx02xxxx 分娩の異常 骨盤位娩出術等 283 7.83 6.82 0.4% 35.97
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 168 10.49 9.53 0.0% 36.68
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 75 18.53 29.08 0.0% 33.85
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 61 18.15 11.79 0.0% 34.52
総合周産期母子医療センターとして年間の総分娩数は約2000件となっております。合併症などをお持ちでない妊婦さんからハイリスクの妊婦さん、妊娠中に合併症を発症した妊婦さんまで幅広く診療を行っています。他院で見つかった切迫早産や前期破水、妊娠高血圧症候群の患者さんの救急搬送も数多く受入れを行っています。当院は24時間産科麻酔科医が常駐し、常時無痛分娩の提供が可能であり、緊急帝王切開術や機械分娩などの急追分娩だけでなく、分娩時出血などの対応も円滑に可能となっています。(注:陣痛発来や予定帝王切開などの分娩の管理目的に入院される方が最も多いですが、保険診療のつく疾患のために入院となる妊婦さんに限ると、表に記載された疾患が多くなっています)。

胎児診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 67 7.22 6.69 1.5% 33.19
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 45 13.33 9.66 0.0% 34.53
120180xx04xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術 33 18.36 15.73 3.0% 32.55
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 14 10.21 9.53 0.0% 31.79
120260xx02xxxx 分娩の異常 骨盤位娩出術等 13 8.46 6.82 0.0% 34.85
当科では胎児の異常を診察しています。胎児異常はハイリスク妊娠であり、特別な管理を要する場合があります。双胎間輸血症候群(胎児鏡下レーザー凝固術)や胎児胸水(胎児胸腔・羊水腔シャント術)、無心体双胎(ラジオ波凝固術)などの疾患では胎児治療を保険診療で行っています。胎児治療では母体に侵襲が加わるため、切迫早産の管理や分娩の異常がおこる場合があります。

新生児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 早産児あるいは検査などが必要だった児(出生体重2500g以上)① 682 7.33 6.17 0.4% 0.00
140010x299x0xx 早産児・低出生体重児(出生体重1500~2500g)② 150 9.48 11.16 0.7% 0.00
140010x199x1xx 呼吸障害などへの治療が必要だった児(出生体重2500g以上)③ 89 8.76 11.21 3.4% 0.00
140010x299x1xx 早産児・低出生体重児(出生体重1500~2500g)で、呼吸障害などへの治療が必要だった児④ 45 19.38 22.05 2.2% 0.00
140010x197x1xx 手術や新生児仮死蘇生術を行った児(出生体重2500g以上)⑤ 31 11.97 14.06 3.2% 0.00
当センターでは年間2000名以上の⾚ちゃんが出⽣していますが、そのほぼ3分の2は、お⺟さんが病気をお持ちだったり、⾚ちゃんが病気をお持ちだったり、分娩の際あるいは⽣後に⾚ちゃんの状態が良くなかったりするケースです。そのため、当院で出⽣した⾚ちゃんの60%以上が、何らかの⼊院加療が必要となります。たとえ体重が2500g以上の赤ちゃんでも、生後に何らかの入院加療が必要な方が、年間800名前後いらっしゃいます(①+③+⑤)。生まれた時に体重が小さい(体重が2500g未満)赤ちゃんは年間200名以上で、これらの赤ちゃんは、さまざまな治療を必要とします(②+④)。早産児や低出生体重児の赤ちゃん、あるいは週数も体重も十分な赤ちゃんでも、生後に呼吸の状態が悪い赤ちゃんもおられ、これらの赤ちゃんには、酸素投与や鼻CPAP、人工呼吸器による治療などを行います(③+④)。また、ハイリスクの妊娠や分娩が多いため、生まれたときに状態が悪い⾚ちゃんも多く、状態を改善させるために出⽣後すぐに治療(新⽣児仮死蘇⽣術)を⾏っています(⑤)。

母性内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 17 4.76 5.59 0.0% 36.18
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
120270xx99x0xx 産褥期を中心とするその他の疾患 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
130130xxxxx0xx 凝固異常(その他) 手術・処置等2なし - - - - -
当科では、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、腹痛や発熱などの妊娠中に合併する疾患の管理を行っています。また、SLEなどの膠原病や、1型糖尿病、2型糖尿病、高血圧合併妊娠、抗リン脂質抗体症候群、バセドウ病、気管支喘息などの病気を持たれた妊婦さんの妊娠前から妊娠中の管理を主に行っています。妊娠中は、産科や胎児診療科、不育診療科とともに協同して治療にあたり、生まれてくる赤ちゃんについては、新生児科や小児の専門家と情報を共有して対応しています。

不妊診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 - - - - -
120140xxxxxxxx 流産 - - - - -
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 - - - - -
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - - - -
120165xx97xxxx 妊娠合併症等 手術あり - - - - -
当科では、挙児希望を持つ患者に対して、妊娠を妨げる原因検索から開始し、原因が判明した場合はその治療を、原因不明の不妊症に対しては、人工授精や排卵誘発剤を用いて妊娠成立を目指します。それでも、妊娠成立しない症例は腹腔鏡を用いた腹腔内・骨盤内検索も行っております。治療は一般不妊治療から高度生殖医療まで行い、患者背景を考慮して治療の開始レベルやステップアップの進め方を個々に検討しております。妊娠が成立した場合は、初期の経過を注意深くフォローし、正常妊娠の的確な経過観察、異常妊娠の早期発見・早期治療に努めております。流産は自然排出の可能性を考えながら経過をみていきます。

移植外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 7.90 9.68 0.0% 11.87
140460xx99x0xx 胆道の先天異常(閉鎖症) 手術なし 手術・処置等2なし 15 7.33 4.59 6.7% 2.87
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし - - - - -
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし - - - - -
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
当科では主にこどもの肝移植・腎移植・⼩腸移植・肝細胞移植を⾏っています。健常成⼈をドナーとした⽣体肝移植⼿術、また脳死肝移植及び小腸移植認定施設として脳死肝及び小腸移植も実施しています。臓器移植以外の手術としては、肝移植に移行できる準備をした上での進行肝芽腫に対する肝切除術、肝移植後の⾎管合併症・胆管合併症や先天性⾨脈⽋損症・⾨脈⼤循環シャント症例の⾎管内治療も数多く実施しています。臓器移植手術症例のデータはDPC診療では扱われないため、上記の統計には反映されておりません。代表的な2019年度分の手術実績は、生体肝移植53件、脳死肝移植10件、生体腎移植7件、肝細胞移植1件です。臓器移植手術の詳細に関しては臓器移植センターをご覧下さい。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - 23 12 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当センターは小児と母性に特化した専門診療を行っているため、5大癌に該当する患者さんは多くありません。一方、小児では、白血病、脳腫瘍、小児に好発する固形腫瘍が多く、当センターは小児がん拠点病院・中央機関としてそれらの悪性腫瘍の診療を国内最大規模で行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎患者は少数でした。当センターで入院診療する成人市中肺炎は、先天性・小児期発症の基礎疾患がある患者や妊娠患者等に限られています。前者の基礎疾患の例として、染色体異常、先天異常症候群、原発性免疫不全、悪性腫瘍治療後、脳性麻痺が挙げられます。当院で診療する成人市中肺炎の重症度に関しては、A-DROPスコアだけでなく、これらの基礎疾患による複雑な病態や難治の状態を考慮する必要があると考えられます。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
成人の脳梗塞は動脈硬化を基盤にすることが最も多いため、該当する患者さんはほぼいませんでした。小児に特徴的な脳血管閉塞の疾病として、もやもや病(脳血管奇形などによる血管閉塞)が挙げられますが、この集計には含まれておりません。なお、もやもや病自体が稀な疾患です。もやもや病が疑われる患者さんの多くは、①診断の確定、②(待機的)手術、③術後の画像検査に大別される待機的な入院治療となります。通常の脳梗塞と異なり発症3日以内がの治療実施が最も重要であるとは考えられていません。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7461 痔瘻根治手術(単純) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
当科では、⼩児期に発症する消化管ポリープ・ポリポーシスの患者さんを診療しております。特に学童期までの患者さんや、複数のポリープがあることが分かっているポリポーシスの患者さんでは、全⾝⿇酔下で内視鏡的ポリープ切除術を実施します。また、食道静脈瘤を含む消化管出血の小児患者に対する原因検索と治療のための内視鏡検査も行っています。クローン病を含む、肛門周囲病変を伴う炎症性腸疾患患者の診療を多く行っているため、痔瘻根治手術を要する患者さんがいますが、この手術は外科が行っています。

循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 11 1.36 3.64 0.0% 2.55
K570-2 経皮的肺動脈弁拡張術 10 1.90 4.40 0.0% 1.40
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 10 3.80 12.70 0.0% 0.60
K5862 単心室症手術(フォンタン手術) - - - - -
K5621 動脈管開存症手術(経皮的動脈管開存閉鎖術) - - - - -
当科での入院は、先天性の心臓病の患者さんに対する、カテーテル検査、心不全管理、術前・術後の管理が多くを占めます。入院中の手術は心臓血管外科が担当し、術後の集中治療室での管理は集中治療科が担当します。出生後間もない赤ちゃんの場合は、新生児科が担当します。出生数が多い、心室中隔欠損症(K5761)は新生児、乳児早期の手術が多いため、平均すると2-3週間の入院となっています。心臓血管外科が手術を行い、手術後の患者さんを循環器科が担当します。複雑な先天性の心臓病の患者さんは最終的にフォンタン手術(K5862)とよばれる手術が必要になることがあります。その手術も多く施行し、術後管理を担当しています。平均すると約3週間の入院となります。経皮的治療はカテーテル治療のことで、ほとんどが3泊4日の入院となります。肺動脈形成術(K570-3)は主に術後に肺動脈に狭い部位がある患者さんに対し施行します。肺動脈弁拡張術(K570-2)は主に先天的に肺動脈弁が狭い患者さんに対して行います。どちらも成功率は高い手技です。心室中隔欠損閉鎖術(K5761)は最も多い先天性の心臓病であり、その手術も多く施行しています。動脈管に対するカテーテル治療(K5621)も積極的に行っており、その成績は良好です。

呼吸器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) - - - - -
K387 喉頭粘膜焼灼術(直達鏡) - - - - -
当科では、小児の気道異物(気管や気管支に誤って吸引されてしまった物)の除去術を行っています。喉頭粘膜焼却術については、耳鼻咽喉科にご協力いただき治療を行っています。

神経内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K190-5 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K6102 動脈形成術、吻合術(胸腔内動脈)(大動脈を除く) - - - - -
K387 喉頭粘膜焼灼術(直達鏡) - - - - -
K6071 血管結紮術(開胸を伴う) - - - - -
当科では脳神経外科との協力のもと、小児の脳脊髄疾患に伴う痙縮に対してバクロフェンポンプの埋め込み術およびバクロフェン髄注療法を積極的におこなっています。また重度の神経疾患患者に関する合併症の外科的治療として、気道系および気道に関連した血管の問題に関する外科的治療については耳鼻咽喉科および心臓血管外科にご協力いただき治療をおこなっています。

腎臓リウマチ膠原病科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - - - - -
K772 腎摘出術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K758 腎周囲膿瘍切開術 - - - - -
K821 尿道狭窄内視鏡手術 - - - - -
当科は、年間50件ほどの経皮的針腎生検を施行しています。疾患は、慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群のほか、移植腎なども数多く行っています。

免疫科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
当科では、原発性免疫不全症や免疫異常症(自己炎症性疾患、自己免疫疾患)について診療を行っています。これらの疾患では、感染症の診断および治療を目的として、リンパ節等の臓器では排膿や切除といった外科的処置を外科と連携して行うことがあります。また、原発性免疫不全症に合併する肛門周囲膿瘍などの感染症に対し、外科で処置を行うことがあります。

内分泌・代謝科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K621 門脈体循環静脈吻合術(門脈圧亢進症手術) - - - - -
代謝異常症などで新生児仮死蘇生後症例の管理を行っています。低血糖症・高ガラクトース血症・高アンモニア血症を来した門脈体重患シャント症例について、内科的治療(食事療法・薬物療法)に加え、外科的治療の周術期管理を行っています。

血液腫瘍科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 41 7.05 23.66 0.0% 5.83
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 11 21.45 9.27 0.0% 4.36
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K756 副腎悪性腫瘍手術 - - - - -
腫瘍外科・小児外科や脳神経外科、眼科などの外科系診療科と連携して、小児のあらゆる脳腫瘍や固形腫瘍(神経芽腫、網膜芽腫、肝芽腫、腎腫瘍、横紋筋肉腫など)の手術に対応しています。また、難治性の神経芽腫や脳腫瘍を中心に、自家末梢血幹細胞採取を併用した超大量化学療法も実施しております。さらに、骨髄バンク・臍帯血バンクの認定施設として、悪性疾患だけでなく骨髄不全や免疫不全に対する同種造血幹細胞移植も多く実施しております。また、化学療法などを必要とする患者さんに対する点滴や採血の負担を軽減するために、腫瘍外科・小児外科と共同して皮下植込み型の中心静脈カテーテル留置を数多く実施しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 103 0.90 1.04 0.0% 3.63 外科)鼠径ヘルニア・陰のう水腫
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 30 0.60 4.40 0.0% 11.30
K6333 臍ヘルニア手術 21 1.00 1.00 0.0% 2.43
K836 停留精巣固定術 16 0.88 1.00 0.0% 3.19
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 14 0.00 1.86 0.0% 1.36
当科では全身の非常に多岐にわたる疾患に対して、手術を中心とした治療をおこなっています。疾患に応じて様々な手術方法があります。手術数では疾患数が多い鼠径ヘルニアに対する手術が最も多くなっています。手術法は従来から行われている方法(1位)と腹腔鏡手術(5位)があります。また急性虫垂炎も比較的多い疾患で虫垂切除術(腹腔鏡下)が2番目に多い手術となっており主に緊急手術として行われています。次に幼児期に多い臍ヘルニアに対する根治術(3位)が続きます。停留精巣固定術(4位)、腸重積の非観血的整復術(5位)も多く扱っています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K186 脊髄硬膜内神経切断術 91 3.16 10.01 0.0% 1.76
K1742 水頭症手術(シャント手術) 19 5.05 14.11 0.0% 3.58
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 17 9.82 32.65 5.9% 8.94
K1911 脊髄腫瘍摘出術(髄外) 16 9.25 48.75 6.3% 0.50
K610-2 脳新生血管造成術 15 4.27 22.40 0.0% 6.67
脊髄硬膜内神経切断術は係留脊髄による排尿・排便機能障害、下肢運動・感覚障害の悪化を係留解除術により防ぎます。水頭症手術(シャント手術)は水頭症による頭蓋内圧亢進症状、発達への影響を改善します。腫瘍に対しては摘出術を行います。脊髄腫瘍摘出術(髄外)は脊髄円錐部脂肪腫による脊髄係留症候群の悪化を防ぎます。脳新生血管造成術はもやもや病による虚血症状の改善を行います。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独) - - - - -
K5711 肺静脈還流異常症手術(部分肺静脈還流異常) - - - - -
K5971 ペースメーカー移植術(心筋電極) - - - - -
当科では、新生児から成人に至るまでのあらゆる先天性心疾患及び後天性小児心疾患の手術治療を担当しています。本統計では、入院期間が比較的短く、心臓血管外科だけで入院治療が完結する患者数のみが集計対象となり、他の診療科と協力して入院治療が行われた患者数は、循環器科や新生児科などへ集計されています。そのため、この集計での手術実績は非常に少なくなっていますが、年間で人工心肺を用いる手術、用いない手術を合わせて年間200件以上の手術を実施しています。術式の解説や診療実績については次のページからご確認ください。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1002 多指症手術(骨関節、腱の形成を要する) 61 1.02 4.51 0.0% 0.77
K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(大腿) 35 0.66 2.71 0.0% 10.63
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 32 0.84 3.28 0.0% 9.41
K0461 骨折観血的手術(上腕) 29 0.48 6.76 0.0% 7.10
K0762 観血的関節授動術(肘) 28 1.11 6.82 0.0% 5.75
手術術式では手や足の多指症が最も多く、手では母指多指症、足では小趾の合趾を伴う多趾症が多くを占めます。骨内異物除去術は抜釘術ともいいますが、骨折の際に骨を固定するために使った鋼線の抜去や変形矯正手術で使用した金属プレートの抜去が主だったものです。骨折観血的手術は小児の外傷に対する手術のことで部位は肘周辺や前腕がほとんどです。母指対立再建術は母指形成不全、先天性握り母指、その他の疾患に対して、つまみや握りの能力の向上のために筋腱移行、指間形成、皮弁、動脈筋弁を併用して行っています。合指症手術は手の合指、足の合趾を含みます。皮膚のみでなく、骨の加工を同時に行うことがあります。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 96 0.60 1.27 0.0% 2.70
K8181 尿道形成手術(前部尿道) 30 0.67 7.37 0.0% 2.93
K819 尿道下裂形成手術 30 0.60 7.67 0.0% 1.73
K819-2 陰茎形成術 19 0.53 7.21 0.0% 1.79
K6335 鼠径ヘルニア手術 12 0.17 1.00 0.0% 4.58
当科では、例年320~350例の手術を行っています。新生児疾患・悪性疾患・性分化疾患・総排泄腔疾患など積極的に手術しています。
新生児科や内分泌科と協力し性分化疾患について積極的に手術しております。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 18 0.28 1.78 0.0% 4.44
K288 副耳(介)切除術 16 0.06 1.00 0.0% 2.06
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 15 0.40 1.13 0.0% 5.07
K4262 口唇裂形成手術(片側)(口唇裂鼻形成を伴う) - - - - -
K4072 顎・口蓋裂形成手術(硬口蓋に及ぶ) - - - - -
⼝唇裂の基本術式は片側性の場合はMillard変法に小三⾓弁とNoordhoffの三⾓弁を併⽤し、両側性に対してはMulliken変法を用いています。⼝蓋裂については術式は主としてFurlow変法です。
⼩⽿症は⽿介の⼤半の⽋損、外⽿道閉鎖症、中⽿異常を主徴とする先天異常です。⽿介形成術は⾃家肋軟⾻フレームワークによる再建術を基本とし、耳垂型小耳症の症例ではエキスパンダー(組織拡張器)を用いた三期手術を行っています。耳甲介残存型小耳症では2期手術を行います。手術時期は胸囲が60cmに達する頃、あるいは9~10才頃が目安です。
皮膚、皮下腫瘍の良性腫瘍および副耳・耳瘻孔に対しては原則として1泊入院、全身麻酔下に手術を行っています。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 154 0.99 5.02 0.0% 5.35 耳鼻科)扁桃手術(術後ICU)
耳鼻科)扁桃手術
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 81 0.32 0.51 0.0% 3.99
K287 先天性耳瘻管摘出術 19 1.53 1.42 0.0% 3.95
K401 気管口狭窄拡大術 18 1.17 1.94 0.0% 5.56
K328 人工内耳植込術 15 0.87 5.07 0.0% 3.27
最も多いのは睡眠時無呼吸などに対する扁桃摘出・アデノイド切除術ですが、入院日数も6-7日となっています。当院は小児集中治療科や麻酔科の厳重な管理のもと、他院では対応できない低年齢の症例や合併疾患を有する症例などが全国から紹介されてきます。また、上気道狭窄などのために気管切開管理をされている患者さんも多く紹介され、発声やカニューレ抜去のために気管切開孔狭窄拡大を3日間の入院で行うなど気道系の手術を得意としています。小児難聴診療では、滲出性中耳炎に対して日帰りで鼓膜チューブ留置術を行う他、両側重度難聴では人工内耳手術を行うことで聴力の改善に取り組んでいます。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2422 斜視手術(後転法) 71 1.70 2.30 0.0% 5.99
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 41 2.02 2.12 0.0% 6.90
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) 25 1.40 8.92 0.0% 1.36
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 24 1.21 9.21 0.0% 4.67
K2425 斜視手術(直筋の前後転法と斜筋手術) 22 2.00 2.18 0.0% 5.64
乳幼児期の斜視は、良好な両眼視機能の発達に影響を及ぼすため、早期に手術などの積極的な介入が必要です。難治性の特殊型斜視に対しても入院して精密検査を行い最適な手術法を選択しています。
硝子体切除術は、先天白内障の早期手術の際に後発白内障や緑内障などの合併症防止のため不可欠です。重症未熟児網膜症や家族性滲出性網膜症による難治性網膜剥離に対しては、更に高度の手術法を選択します。
緑内障は先天緑内障のみならず無虹彩症や前眼部の先天異常、血管腫などに合併するものも多く、重度の視覚障害を来すため早期の治療介入が必要です。小児の場合はほとんど手術治療を要します。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 14 1.00 0.93 0.0% 8.14
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
良性皮膚腫瘍を中心に皮膚、皮下腫瘍切除術を行っています。局所麻酔下での手術が難しい年齢では主に全身麻酔下での手術を行っています。

集中治療科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6021 経皮的心肺補助法(初日) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K401 気管口狭窄拡大術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K5712ロ 肺静脈還流異常症手術(総肺静脈還流異常)(その他) - - - - -
集中治療室に入室中、もしくは術後入室した患者さんが手術をうけ、集中治療室から他の病院へ直接転院になった場合は、この統計に含まれます。経皮的心肺補助法、肺静脈還流異常症手術、単身室症手術は心臓血管外科、気管切開術、口蓋扁桃手術は耳鼻咽喉科が施行し、集中治療科が周術期管理を行います。

産科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 336 4.43 7.17 0.0% 37.04 産科)帝王切開(母子同室)
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 295 4.70 7.20 0.0% 36.63
K893 吸引娩出術 287 0.83 6.10 0.4% 35.91
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) 44 0.98 0.07 0.0% 37.95
K907 胎児外回転術 21 0.00 1.33 0.0% 36.33
当センターでは、産科麻酔科医と協力して様々な産科手術に対応しています。分娩方法の内訳は帝王切開が約40%、そのうち緊急帝王切開が約40%を占めています。経腟分娩が残りの約60%を占めていますが、そのうち約2/3は無痛分娩となっており、日本での無痛分娩数はトップクラスとなっています。また、ハイリスク分娩も多く取り扱っており、吸引分娩などの機械分娩の比率が約30%と高くなっています。一方、骨盤位に対しては、胎児外回転術を慎重に適応するか判断して行っています。また不育症患者も多く受け入れていることから、流産に至った場合には次の妊娠のことを考えた安全な流産手術を行っています。

胎児診療科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 40 9.13 6.90 0.0% 33.15
K910-2 内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術 36 1.61 16.50 2.8% 32.36
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 33 5.33 6.97 0.0% 35.73 産科)帝王切開(母子同室)
K893 吸引娩出術 10 2.00 5.80 0.0% 33.10
K910-3 胎児胸腔・羊水腔シャント術 - - - - -
当科では胎児治療を行っています。
代表的なものに双胎間輸血症候群に対する胎児鏡下レーザー手術(K910-2)、胎児胸水に対する胎児胸腔・羊水腔シャント術(K910-3)、無心体双胎に対するラジオ波凝固術があげられます。また、胎児疾患を持つ妊婦さんは必要に応じて、吸引分娩(K893)、緊急(K8981)または待機的(K8982)に帝王切開での分娩となります。異常も持つ胎児は流産することもあり、その処置も行います。

新生児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 70 0.00 37.00 8.6% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 51 0.00 28.04 0.0% 0.00
K281-2 網膜再建術 - - - - -
K563 肺動脈絞扼術 - - - - -
K5351 胸腹裂孔ヘルニア手術(経腹) - - - - -
当センターでは年間2000名以上の⾚ちゃんが出⽣していますが、ハイリスクのお産が多いため生まれたときに状態の悪い⾚ちゃんも多く、これらの⾚ちゃんの状態を改善させるために出⽣後すぐに治療(新⽣児仮死蘇⽣術)を⾏っています。また、早産で生まれる⾚ちゃんは、眼の網膜(光を感じる細胞が集まった膜)が未熟なために未熟児網膜症という病気を発症する⾚ちゃんもいらっしゃいます。この未熟児網膜症が⾮常に重症な場合には、網膜再建術という⼿術が必要となります。この⼿術は⾮常に特殊な⼿術で国内では数カ所の病院でしかできないため、多くの⾚ちゃんが当センターに転院されてきて手術(網膜再建術)をお受けになります。また、当院では生まれつき心臓や大血管に異常のある赤ちゃんが多数紹介されてきます。これらの赤ちゃんの中には、生後早期に肺に流れる血液の量が多くなりすぎる方がおられ、その治療として肺動脈絞扼術という手術を行っています。更に、当センター産科には、出産前に赤ちゃんが先天性横隔膜ヘルニアという重症な病気であることが分かった妊婦さんが紹介されてきます。これらの⾚ちゃんに対して、生後数日のうちに⼿術(胸腹裂孔ヘルニア手術(経腹))を⾏っています。尚、網膜再建術、肺動脈絞扼術、胸腹裂孔ヘルニア手術(経腹)は、生後早期の新⽣児科への⼊院期間中に⾏われ、術前・術後の管理を新生児科が行いますので、新⽣児科での⼿術上位5位の中に掲げられていますが、これらの⼿術自体はそれぞれ当センターの眼科、心臓血管外科、⼩児外科が担当しています。また、先天性心疾患の診断や治療は、当センターの循環器科と共同で行っております。

母性内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
出産前後の合併症をもつお母さんが産科で吸引分娩、帝王切開をおこなった後の管理を受け持ちます。

不妊診療科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 - - - - -
K8862 子宮附属器癒着剥離術(両側)(腹腔鏡) - - - - -
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) - - - - -
当科では、一般不妊治療から高度生殖医療まで行っております。不妊原因の検索から開始し、卵管因子・子宮因子等の原因有無を確認します。着床を妨げる子宮内膜ポリープに対してはポリープ切除術を、腹腔内癒着・卵巣嚢腫などの腹腔内病変や原因不明の不妊に対しては原因検索として腹腔鏡を施行いたします。治療経過の長い方、時間に限りがある方には高度生殖医療をお勧めしております。妊娠成立した場合は、異常妊娠の早期発見に努め治療してまいります。正常妊娠に対しては慎重にフォローし、流産になってしまった場合には、自然排出を試みますが、自然排出の希望がない場合や待期しても排出ない場合は手術を行っております。

移植外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6232 静脈形成術、吻合術(腹腔内静脈) - - - - -
K714 腸管癒着症手術 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K621 門脈体循環静脈吻合術(門脈圧亢進症手術) - - - - -
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 - - - - -
当科ではこどもの肝移植・腎移植・小腸移植・肝細胞移植を行っています。健常成人をドナーとした生体肝移植手術を国内最多症例実施しています。また肝移植後の血管合併症・胆管合併症や先天性門脈欠損症・門脈大循環シャント症例の血管内治療も数多く実施しています。これはDPCという保険診療システム上の集計です。そのため移植手術は本集計から除外する仕組みになっています。代表的な2019年度分の手術実績は、生体肝移植53件、脳死肝移植10件、生体腎移植7件、肝細胞移植1件です。臓器移植センターのHPから詳細をご参照いただければ幸いです。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 11 0.08
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 69 0.52
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症のうち、69件が入院契機が「同一」となり、この割合が多くなっています。入院当初から合併症関連の病名となった患者さんが多い背景として、シャント交換患者が「シャント機能不全」としてこの集計に含まれること、在宅管理しているカテーテル感染による入院患者さんが含まれることなどが挙げられます。

更新履歴

2020.09.29
掲載