国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

社会医学研究部

お知らせ


研究部紹介

社会医学研究部は、複数の疫学研究手法を用いて、胎児期から幼少期の環境が小児及び成人期の健康に与える影響を調べています。主に、小児期や子育て家庭における各種疾患や社会的困難の原因を追究し、研究から得られた成果から、安心して妊娠・子育てできる環境を社会に提案することを目標としています。

 当研究部の構成員は疫学、統計学、社会学、遺伝学、精神保健、栄養学、小児科学、周産期医学、子どもの認知・行動および社会情緒発達等の幅広い専門知識を有しています。このため、全国の大規模な統計情報や医学情報データベース等を活用した研究から、地域レベルでのリクルート・試料採取を行うフィールドワークや記述的な研究まで、多岐にわたる研究手法を用いています。

また、2016年より6NCプロジェクトとしての電子的臨床研究基盤整備事業を、研究所・臨床研究センター・病院・情報管理部の施設横断型組織として運営しております。

 疫学研究とは、様々なコラボレーションを通して、より質の高いそして代表性の高い研究を遂行していけるものだと、私たちは信じています

社会医学研究部へのお問合せはこちら> dsm_inquiry@ncchd.go.jp


当研究部で2021年6月現在行っている研究は下記の通りです。


研究内容

  • 新型コロナウイルス流行が母子の健康に与える影響の研
コロナ禍におけるこどもたちの生活と健康の現状に関する調査を行い、調査結果は速やかに一般向けに公開するほか、こどもに関わる様々な団体へ提供し、役立ててもらえるように働きかけること、またこども自身の気持ちや意見を聴き、それを社会につなげるこどもアドボケイト事業としても活動しているコロナ×こども本部の事務局を担っております。またコロナ禍の影響を定量化するために全国小5・中2の児童とその保護者への縦断調査も実施しています 
  • 新型コロナウイルス流行下におけるナショナルセンター職員のメンタルヘルスに関するコホート研
新型コロナウイルス流行下における医療従事者の心身の健康状況や、新型コロナウイルス感染症の感染実態と関連する背景要因について、全国のナショナルセンターと協力して縦断調査を行っています 
  • 不妊に関するコホート研
高度不妊治療を受ける女性約500名を対象とした約1年間の追跡調査を実施しています(2021年夏頃完了)。うつ症状、不安、QOLを継続的に測定しており、それらの要因が妊娠成立や治療の中止とどのように関連しているのかを分析していきます 
  • こどもの食生活・食習慣の要因および影響に関するコホート研
DOHaD仮説の検証を主たる目的としている成育母子コホートの研究チームの一員として、こどもやその家族の食生活・食習慣及び食への意識がどのように形成され変遷していくか、また食生活がこどもの成長発達および内分泌代謝機能にどのような影響を与えるのかを調べています 
  • 小児血液腫瘍に関する研究
幼少期の環境および遺伝的素因と小児血液がんの発症の関連を調べる症例対照研究、小児白血病患者の遺伝的多型と疾患発症リスクや臨床経過・予後の関連に関する分析研究、および、小児がん患者・経験者および保護者の方々の心理社会的健康が向上するアプリツールの開発を実施しております。また当センターの小児がんセンターと小児がん患者を長期的に追跡するコホート研究を実施しています 
  • 二次解析研
厚生労働省による各種公的調査情報(人口動態統計、乳幼児身体発育調査、21世紀出生児調査、国民生活基礎調査、ナショナルデータベースなど)や学術団体による全国患者レジストリなどの大規模データの解析研究、さらに、他グループの所有する研究情報(国立がんセンターのJPHC-NEXT、環境省のエコチル調査、東京都世田谷区の小児生活習慣病予防検診情報、エムティアイ社のルナルナアプリの情報、一般社団法人診断群分類研究支援機構のDPC調査データ)を利活用する共同研究も、数多く実施させていただいております。これら成育医療領域における“ビッグデータ”を最大限利活用することで、単独のデータベースでは得られない医学的及び医療政策的な知見を創出すること、また公的統計の妥当性の検証やデータベース同士の包括的利用の手法を確立することにより、多くの健康指標に関係する要因を解明するだけではなく、今後の研究基盤構築に貢献しております。国際比較研究や国際共同研究なども積極的に行っています 
  • 電子化医療情報を活用した疾患横断的コホート研究情報基盤整備事業
成育医療疾患分野の各種コホート情報を集約化し、多施設のデータを集積できるツールを提供し、質の高いエビデンスを構築することで患者家族によりよい医療技術が提供することが目的の事業です。 成育母子コホートのデータマネジメント、国内出生コホートの連携事業の実施、6つのナショナルセンター合同での共同研究や健康寿命延伸のための指針や提言の作成を行っております 

スタッフ

社会医学研究部

行動科学研究室

ライフコース疫学研究室


研究員

  • 浦山ケビン(シニア・リサーチャー)
  • 田中 久子
  • Aurelie Piedvache
  • 小林 しのぶ
  • 石塚 一枝
  • 近藤 天之

研究補助員

  • 長谷川 文香
  • 明田 美和子
  • 小林 早苗

研究補助者

  • 三浦 智子
  • 保田 桂

共同研究員

  • 小川 浩平
  • 鈴木 朋
  • 本多 由紀子
  • 小林 実夏
  • 可知 悠子
  • 大久保 祐輔
  • 山本 恵美子
  • 原田 正平
  • 伊藤 淳
  • 藤原 武男
  • 大西 香世
  • 谷川 朋幸
  • 市瀬 雄一
  • 青木 康太朗
  • 阿部 惠理
  • 越智 真奈美
  • 友利 久哉
  • 宮山 千春
  • 澤田 なおみ
  • 三瓶 舞紀子
  • 髙畑 香織
  • 左 勝則
  • 岡坂 昌子
  • 半谷 まゆみ

業績

論文

 

英文原著

  1. Ando E, Morisaki N, Asakura K, Ogawa K, Sasaki S, Horikawa R, Fujiwara T. Association between dietary intake and serum biomarkers of long-chain PUFA in Japanese preschool children. Public Health Nutr. 2020 Aug 4:1-11.
  2. Boonpiyathad T, Tantilipikorn P, Ruxrungtham K, Pradubpongsa P, Mitthamsiri W, Piedvache A, Thantiworasit P, Sirivichayakul S, Jacquet A, Suratannon N, Chatchatee P, Morisaki N, Saito H, Sangasapaviriya A, Matsumoto K, Morita H. IL-10-producing innate lymphoid cells increased in patients with house dust mite allergic rhinitis following immunotherapy. J Allergy Clin Immunol. 2020 Nov 1.
  3. Daida A, Yamanaka G, Tsujimoto SI, Yokoyama M, Hayashi K, Urayama KY, Ishida Y, Manabe A, Kusakawa I, Ogihara M, Kawashima H. Relationship between Sedative Antihistamines and the Duration of Febrile Seizures. Neuropediatrics. 2020 Apr;51(2):154-9.
  4. Funaki S, Ogawa K, Ozawa N, Okamoto A, Morisaki N, Sago H. Differences in pregnancy complications and outcomes by fetal gender among Japanese women: a multicenter cross-sectional study. Sci Rep. 2020 Nov 2;10(1):18810.
  5. Hayakawa I, Okubo Y, Nariai H, Michihata N, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Recent treatment patterns and variations for pediatric acute encephalopathy in Japan. Brain Dev. 2020 Jan;42(1):48-55.
  6. Helenius K, Morisaki N, Kusuda S, Shah PS, Norman M, Lehtonen L, Reichman B, Darlow BA, Noguchi A, Adams M, Bassler D, Hakansson S, Isayama T, Berti E, Lee SK, Vento M, Lui K, International Network for Evaluation of Outcomes of n. Survey shows marked variations in approaches to redirection of care for critically ill very preterm infants in 11 countries. Acta Paediatr. 2020 Jul;109(7):1338-45.
  7. Hikino K, Kobayashi S, Ota E, Mushiroda T, Urayama KY, Kobayashi T. A meta-analysis of the influence of ADRB2 genetic polymorphisms on albuterol (salbutamol) therapy in patients with asthma. Br J Clin Pharmacol. 2020 Sep 28.
  8. Imamura Y, Kubota K, Morisaki N, Suzuki S, Oyamada M, Osuga Y. Association of Women's Health Literacy and Work Productivity among Japanese Workers: A Web-based, Nationwide Survey. JMA J. 2020 Jul 15;3(3):232-9.
  9. James SL, Castle CD, Dingels ZV, Fox JT, Hamilton EB, Liu Z, et al. Global injury morbidity and mortality from 1990 to 2017: results from the Global Burden of Disease Study 2017. Inj Prev. 2020 Oct;26(Supp 1):i96-i114.
  10. Kachi Y, Kato T, Kawachi I. Socio-Economic Disparities in Early Childhood Education Enrollment: Japanese Population-Based Study. J Epidemiol. 2020 Mar 5;30(3):143-50.
  11. Komaru Y, Takeuchi T, Suzuki L, Asano T, Urayama KY. Recurrent cardiovascular events in patients with newly diagnosed acute coronary syndrome: Influence of diabetes and its management with medication. J Diabetes Complications. 2020 Mar;34(3):107511.
  12. Maeda Y, Ogawa K, Morisaki N, Tachibana Y, Horikawa R, Sago H. Association between perinatal anemia and postpartum depression: A prospective cohort study of Japanese women. Int J Gynaecol Obstet. 2020 Jan;148(1):48-52.
  13. Motegi N, Morisaki N, Suto M, Tamai H, Mori R, Nakayama T. Secular trends in longevity among people with Down syndrome in Japan, 1995-2016. Pediatr Int. 2020 Jun 21.
  14. Narumi S, Ohnuma T, Takehara K, Morisaki N, Urayama KY, Hattori T. Evaluating the seasonality of growth in infants using a mobile phone application. NPJ Digit Med. 2020;3:138.
  15. Ochi M, Isumi A, Kato T, Doi S, Fujiwara T. Adachi Child Health Impact of Living Difficulty (A-CHILD) study: research protocol and profiles of participants. J Epidemiol. 2020 Mar 21.
  16. Okubo Y, Fallah A, Hayakawa I, Handa A, Nariai H. Trends in hospitalization and readmission for pediatric epilepsy and underutilization of epilepsy surgery in the United States. Seizure. 2020 Aug;80:263-9.
  17. Okubo Y, Horimukai K, Michihata N, Morita K, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Recent Practice Patterns and Variations in Children Hospitalized for Asthma Exacerbation in Japan. Int Arch Allergy Immunol. 2020;181(12):926-33.
  18. Okubo Y, Horimukai K, Michihata N, Morita K, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Association between early antibiotic treatment and clinical outcomes in children hospitalized for asthma exacerbation. J Allergy Clin Immunol. 2020 Jun 3.
  19. Okubo Y, Michihata N, Uda K, Kinoshita N, Horikoshi Y, Miyairi I. Impacts of Primary Care Physician System on Healthcare Utilization and Antibiotic Prescription: Difference-in-Differences and Causal Mediation Analyses. Pediatr Infect Dis J. 2020 Oct;39(10):937-42.
  20. Okubo Y, Miura M, Kobayashi T, Morisaki N, Michihata N, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. The Impact of Changes in Clinical Guideline on Practice Patterns and Healthcare Utilizations for Kawasaki Disease in Japan. Front Pediatr. 2020;8:114.
  21. Okubo Y, Uda K, Kinoshita N, Horikoshi Y, Miyairi I, Michihata N, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. National trends in appropriate antibiotics use among pediatric inpatients with uncomplicated lower respiratory tract infections in Japan. J Infect Chemother. 2020 Nov;26(11):1122-8.
  22. Ozawa Y, Takahashi S, Miyahara H, Hosoi K, Miura M, Morisaki N, Ito Y, Isayama T. Utilizing Video versus Direct Laryngoscopy to Intubate Simulated Newborns while Contained within the Incubator: A Randomized Crossover Study. Am J Perinatol. 2020 Apr;37(5):519-24.
  23. Sakai K, Nakayama E, Rogus-Pulia N, Takehisa T, Takehisa Y, Urayama KY, Takahashi O. Submental Muscle Activity and Its Role in Diagnosing Sarcopenic Dysphagia. Clin Interv Aging. 2020;15:1991-9.
  24. Shinohara T, Urayama KY, Watanabe A, Akahane K, Goi K, Huang M, Kagami K, Abe M, Sugita K, Okada Y, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Inukai T. Inherited genetic variants associated with glucocorticoid sensitivity in leukaemia cells. J Cell Mol Med. 2020 Oct 1.
  25. Sugitate R, Okubo Y, Nariai H, Matsui A. The effects of antihistamine on the duration of the febrile seizure: A single center study with a systematic review and meta-analysis. Brain Dev. 2020 Feb;42(2):103-12.
  26. Takehara K, Suto M, Kato T. Parental psychological distress in the postnatal period in Japan: a population-based analysis of a national cross-sectional survey. Sci Rep. 2020 Aug 13;10(1):13770.
  27. Tanaka H, Morisaki N, Piedvache A, Harada S, Urayama KY. Trends in obesity and blood lipid abnormalities in school-age children in Japan. Pediatr Int. 2020 Nov 14.
  28. Tatsumi T, Sampei M, Saito K, Honda Y, Okazaki Y, Arata N, Narumi K, Morisaki N, Ishikawa T, Narumi S. Age-Dependent and Seasonal Changes in Menstrual Cycle Length and Body Temperature Based on Big Data. Obstet Gynecol. 2020 Oct;136(4):666-74.
  29. Watanabe A, Miyake K, Nordlund J, Syvanen AC, van der Weyden L, Honda H, Yamasaki N, Nagamachi A, Inaba T, Ikawa T, Urayama KY, Kiyokawa N, Ohara A, Kimura S, Kubota Y, Takita J, Goto H, Sakaguchi K, Minegishi M, Iwamoto S, Shinohara T, Kagami K, Abe M, Akahane K, Goi K, Sugita K, Inukai T. Association of aberrant ASNS imprinting with asparaginase sensitivity and chromosomal abnormality in childhood BCP-ALL. Blood. 2020 Nov 12;136(20):2319-33.
  30. Yoshida T, Saito K, Kawamura T, Ishikawa T, Kato T, Matsubara K, Miyasaka N, Miyado M, Fukami M. Circulating steroids and mood disorders in patients with polycystic ovary syndrome. Steroids. 2020 Oct 22;165:108748.
  31. Ishida H, Miyajima Y, Hyakuna N, Hamada S, Sarashina T, Matsumura R, Umeda K, Mitsui T, Fujita N, Tomizawa D, Urayama KY, Ishida Y, Taga T, Takagi M, Adachi S, Manabe A, Imamura T, Koh K, and Shimada A; Leukaemia/Lymphoma Committee of the Japanese Society of Paediatric Haematology Oncology (JSPHO). Clinical features of children with polycythaemia vera, essential thrombocythemia, and primary myelofibrosis in Japan: A retrospective nationwide survey. eJHaem. 2020, In press.
  32. Ogawa K, Morisaki N, Piedvache A, Nagata C, Sago H, Urayama KY, Arima K, Nishimura K, Sakata K, Tanno K, Yamagishi K, Iso H, Yasuda N, Kato T, Saito I, Goto A, Shimazu T, Yamaji T, Iwasaki M, Inoue M, Sawada N, Tsugane S. Association between birth weight and risk of pregnancy induced hypertension and gestational diabetes in Japanese women: JPHC-NEXT study. Journal of Epidemiology. 2020, In press.
  33. Suto M, Isayama T, Morisaki N*. Population-based analysis of secular trends in age at death in trisomy 18 syndrome in Japan from 1975 to 2016. Neonatology. 2020, In press.

 

和文総説

  1. 森崎菜穂. こどもの発育・発達と食生活.(青木三恵子) 子どもの食と栄養,講談社, 2020年3月25日;66‐109
  2. 森崎菜穂. 特別な配慮を要する子どもの食と栄養.(青木三恵子) 子どもの食と栄養,講談社,2020年3月25日;162‐206
  3. 大久保祐輔・榊原裕史. そのエビデンス妥当ですか?システマティック・レビューとメタ解析から読み解く小児のかぜ薬のエビデンス, 金芳堂, 2020年(全213ページ)
  4. 大久保祐輔・宇田和宏・宮入烈. Dr. KIDの小児診療 x 抗菌薬のエビデンス, 医学書院, 2020年(全 256ページ)
  5. 大久保祐輔. My Favorite Papers, 週刊医学界新聞, 医学書院, 第3368号(2020年4月20日)
  6. 三瓶舞紀子: 家族関係のひずみから発生する虐待―子どもの生涯を守るために, 精神科看護, 精神看護出版, 2020年8月号 vol.47(通巻335号)pp4-10

 

 

研究費

 

公的研究費

  1. 日本医療研究開発機構 成育疾患克服等総合研究事業 研究開発分担者 森崎菜穂「出生コホート連携に基づく胎児期から乳幼児期の環境と母児の予後との関連に関する研究」
  2. 日本医療研究開発機構 成育疾患克服等総合研究事業 研究開発分担者 森崎菜穂 プレコンセプションの女性に着目した疾患予防に関する総合的ケア方法の確立「妊孕能低下予防・妊合併症リスクの低減を目指したプレコンセプション女性に対する包括的支援プログラムの開発。Development of a comprehensive support program for pre-concept women aiming to maintain fertility and to ensure healthy pregnancy」
  3. 厚生労働行政推進調査事業費補助金 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業(健やか次世代育成総合研究事業)、研究分担者 森崎菜穂「乳幼児の身体発育及び健康度に関する調査実施手法及び評価に関する研究」
  4. 厚生労働行政推進調査事業費補助金 厚生労働科学特別研究事業 主任研究者 森崎菜穂「新型コロナウイルス感染症流行前後における親子の栄養・食生活の変化及びその要因の解明のための研究」
  5. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(B) 主任研究者 浦山ケビン「小児白血病の発症要因および生存者の医学的・社会的予後に関する包括的な疫学研究」
  6. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(B) 分担研究者 浦山ケビン「小児急性リンパ性白血病発症にかかわる遺伝学的背景の検討」
  7. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(C) 分担研究者 浦山ケビン「小児固形がん患者に対して包括的な認知機能評価と支援を行い、QOL向上を目指す研究」
  8. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(C) 分担研究者 森崎菜穂「産科分娩施設へのアクセスと妊娠帰結に関する全国疫学研究」
  9. 文部科学省科学研究費補助金、挑戦的萌芽研究 研究代表者 森崎菜穂「日本の医学的・社会的背景に沿う、母体保護法のあり方についての包括的研究」
  10. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(B) 分担研究者 森崎菜穂「低出生体重児出生予防のための妊娠期パーソナライズドアプリケーションの開発と検証」
  11. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(C) 分担研究者 森崎菜穂「新生児低酸素性虚血性脳症の発達予後予測マーカーの確立」
  12. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(B) 分担研究者 森崎菜穂「質的価等を小児医療提供体制に還元するモデル基盤の確立に関する研究」
  13. 文部科学省科学研究費補助金、若手研究(B) 主任研究者 加藤承彦「保育園を通した親への子育て支援教室実施が子どもの発達に与える効果の検証」
  14. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(C) 主任研究者 三瓶舞紀子「児童虐待のリスクが高い妊婦に動機づけ面接法で保健師が家庭訪問をしたら虐待は減るか」
  15. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(C) 分担研究者 三瓶舞紀子「動機づけ面接の内容と構造は禁煙継続の有無に影響するか」
  16. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(C) 主任研究者 小林しのぶ(研究班全体;4,290千円)「臨床・遺伝的情報を用いた川崎病患者における高精度治療反応性予測モデルの開発」
  17. 国立研究開発法人科学技術振興機構 J-RAPID 主任研究者 森崎菜穂「新型コロナ流行期におけるこどもの健康・生活に関する全国調査」

 

的研究費

  1. 公益財団法人神澤医学研究振興財団 研究代表者 森崎菜穂「日米データから算出する日本人の適切な妊娠中の食生活と体重増加量」
  2. 公益財団法人MSD生命科学財団 研究代表者 浦山ケビン「ゲノムワイド関連解析のメタ解析と細胞株実験による分子生物学的検証を用いた、小児急性リンパ性白血病の治療薬剤耐性および急性期・晩期合併症発症機序の解明」
  3. 公益信託日本白血病研究基金 (ザ・レジェンド特別賞助成金)、研究代表者 浦山ケビン「小児白血病発症の遺伝学的背景に関する研究」
  4. 公益財団法人武田科学財団 分担研究者 浦山ケビン「集学的アプローチによる人の性の多様性の解明」
  5. 公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団 研究代表者 加藤承彦「不妊治療中の女性のメンタルヘルスと生活の質の変化」
  6. 公益社団法人日本経済研究センター研究奨励金 主任研究者 加藤承彦「不妊治療(体外受精)にのぞむ女性のメンタルヘルスとQuality of lifeに関する追跡調査」
  7. 公益財団法人がんの子どもを守る会 主任研究者 半谷まゆみ「思春期・青年世代を迎えた小児がん経験者の心理社会的課題の抽出と評価」
  8. 三菱財団社会福祉事業 主任研究者 浦山ケビン「小児がん患者・経験者の心理社会的困難共有ツールの開発-仲間を感じる・自分を想うプロジェクト-」