国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

社会医学研究部

研究部紹介

社会医学研究部は、複数の疫学研究手法を用いて、胎児期から幼少期の環境が小児及び成人期の健康に与える影響を調べています。主に、小児期や子育て家庭における各種疾患や社会的困難の原因を追究し、研究から得られた成果から、安心して妊娠・子育てできる環境を社会に提案することを目標としています。

当研究部の構成員は疫学、統計学、社会学、遺伝学、精神保健、栄養学、小児科学、周産期医学、子どもの認知・行動および社会情緒発達等の幅広い専門知識を有しています。このため、全国の大規模な統計情報や医学情報データベース等を活用した研究から、地域レベルでのリクルート・試料採取を行うフィールドワークや記述的な研究まで、多岐にわたる研究手法を用いています。

疫学研究とは、様々なコラボレーションを通して、より質の高いそして代表性の高い研究を遂行していけるものだと、私たちは信じています。


当研究部で2017年6月現在行っている研究は下記の通りです。


研究内容

  • 小児血液腫瘍に関する研究

小児急性リンパ芽球性白血病(ALL)発症に関わる遺伝素因の探索

東京小児がん研究グループ(TCCSG)と協力して、小児ALL患者の疾患発症リスクや臨床経過に関連する遺伝子多型を同定するために、生殖細胞系列のDNAの全ゲノム領域のSNPをタイピングしゲノムワイド関連研究(GWAS)を行っています。 


子どもの血液がんの環境・遺伝的要因に関する疫学研究

母親の妊娠中に胎児がおかれる子宮内の環境、そして出生後の幼少期の環境が、将来、小児血液がんの発症にどのような影響を与えうるかについて、妊娠中や出産後の母親と子どもの生活環境と、母親と子どものが持つ遺伝素因の両方を調べることにより明らかにしています。父母児の生殖細胞系列のDNAを同時に解析することで、母体と子どもの環境要因と遺伝素因がどのように相互作用し小児血液がんの発症に関与しているのかを調べています。


ALL患児の治療反応性に関与する遺伝素因に関する研究

ALL患児の遺伝的な多型を調べ、治療経過や予後に関連するレジストリを構築することで、治療反応性や予後に関連する遺伝子変異を探索し、病態生理の理解や個別化医療の推進に役立てたいと考えています。


  • 小児の栄養状態に関する研究 

DOHaD仮説の検証を主たる目的としている成育母子コホートの研究チームの一員として、妊娠・出産期そして家族の食生活・食習慣及び食への意識が児の成長発達および内分泌代謝機能に与える影響を調べています。(東京大学との共同研究)


  • 社会環境が母子の健康に与える影響

子どもの貧困実態調査と自治体の施策の効果測定

自治体内の小中学生及びその家族を対象として、生活習慣、世帯環境、健康状態を把握し、社会経済的に不利な立場にある世帯や子どもへの効果的な政策や支援の評価と検討を行っています。(東京都足立区および東京医科歯科大学との共同研究)


動機づけ面接法を用いた介入研究

乳幼児の正常な発達の促進や虐待予防施策の評価及び検討、また、支援を受けることに消極的な方へ特に効果的な動機づけ面接法を用いた介入研究を自治体と共同で行っています。


肥満児に対する介入研究と小児データの解析

東京都世田谷区において、肥満児に対する社会的認知理論に基づく父親に重点を置いた家族介入プログラム(非対面版)の有効性評価:無作為化比較試験を実施しています。また、小児生活習慣病予防検診に関するデータ解析も行っています。



  • 母子保健領域の大規模縦断研究情報を用いた研究

厚生労働省の21世紀出生児及び成年者縦断調査等の全国データを用いて、日本の成育環境の問題点を検証し、産み育てやすい環境を整えるための研究を行っています。

厚生労働省による市町村における母子保健対策に関する調査データを活用して、どのような市区町村の事業が、子どものけがや親の子育て困難感や乳幼児の正常な発達・虐待予防に関連があるのかを検討しています。(山梨大学および東京大学との共同研究)

環境庁によって行われているエコチル調査データを活用して、妊娠中の生活習慣および栄養が、児の成長発達および内分泌代謝機能に与える影響を調べています。(九州大学との共同研究)

診療報酬(DPC)データベースを用いて、成育領域における各種疾患に対して、小児肥満が重症化や再入院のリスクや、医療経済に与える影響の検討、さらには入院患者のトレンド解析や異なる治療法による治療効果および入院費用を比較する研究を行っています。(東京大学との共同研究)


  • 成育医療領域における“ビッグデータの活用とデータ・リンケージ手法を用いた研究

日本産科婦人科学会、日本小児科学会、日本新生児成育医学会、等の学術団体による全国患者レジストリ、厚生労働省による各種母子保健関係調査等を、統計学的手法を用いて個票単位で連結し包括的なデータベースを作成し利活用することで、単独のデータベースでは得られない医学的及び医療政策的な知見を創出すること、また公的統計の妥当性の検証やデータベース同士の包括的利用の手法を確立することにより、今後の研究基盤構築への貢献を目的とした研究を行っています。このデータを活用した、周産期および小児期の健康指標に関係する因子を解明する研究を複数行っているのみならず、国際比較研究や他研究とのプール解析等の国際共同研究なども積極的に行っています。(各種学術団体との共同研究)

スタッフ

社会医学研究部

行動科学研究室

ライフコース疫学研究室


研究員

  • 三瓶 舞紀子
  • 田中 久子
  • 半谷 まゆみ
  • Aurelie Piedvache
  • 茂木 成美

研究補助員

  • 小林 しのぶ
  • 鮎川 洋子
  • 長谷川 文香
  • 明田 美和子
  • 中野 弘美
  • 小林 早苗
  • 三浦 智子

共同研究員

  • 小川 浩平
  • 鈴木 朋
  • 本多 由紀子
  • 谷 友香子
  • 小林 実夏
  • 可知 悠子
  • 大久保 祐輔
  • 安藤 恵美子
  • 原田 正平
  • 伊藤 淳
  • 藤原 武男
  • 大西 香世
  • 関口 倫子
  • 谷川 朋幸
  • 市瀬 雄一
  • 青木 康太朗
  • 山岡 祐衣
  • 阿部 惠理
  • 越智 真奈美


業績

論文

 

英文原著

  1. Doi S, Fujiwara T, Ochi  M, Isumi A, Kato T. Association of sleep habits with behavior problems and resilience of 6- to 7-year-old children: Results from the A-CHILD study, Sleep Medicine. 2018; 45:62-68
  2. Inoue S, Kato T, Yorifuji T. Self-rated school adjustment and absenteeism: An epidemiological study. Health Behavior & Policy Review. 2018; 5(3): 59-66
  3. Urayama KY, Takagi M, Kawaguchi T, Matsuo K, Tanaka Y, Ayukara Y, Arakawa Y, Hasegawa D, Yuza Y, Kaneko T, Noguchi T, Taneyama Y, Ota S, Inukai T, Yanagimachi M, Keino D, Koike K, Toyama D, Nakazawa Y, Kurosawa H, Nakamura K, Moriwaki K, Goto H, Sekinaka Y, Morita D, Kato M, Takita J, Tanaka T, Inazawa H, Koh K, Ishida Y, Ohara A, Mizutani S, Matsuda F, Manabe A. Regional evaluation of childhood acute lymphoblastic leukemia genetic susceptibility loci among Japanese. Scientific Reports. 2018; 8:789. doi:10.1038/s41598-017-19127-7
  4. Morimoto N, Kasuga C, Tanaka A, Kamachi K, Ai M, Urayama KY, Tanaka A. Association between dietary fibre: carbohydrate intake ratio and insulin resistance in Japanese adults without type 2 diabetes. British Journal of Nutrition. 2018; 119(6):620-628
  5. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Hangai M, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Recent trends in practice patterns and comparisons between immunoglobulin and corticosteroid in pediatric immune thrombocytopenia. International Journal of Hematology. 2018;107(1):75-82
  6. Okubo Y*, Michihata N, Uda K, Morisaki N, Miyairi I, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Dose-response relationship between weight status and clinical outcomes in children hospitalized with influenza-related respiratory infections. Pediatric Pulmonology. 2018;53(2):218-223
  7. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Uda K, Miyairi I, Ogawa Y, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Recent trends in practice patterns and impact of corticosteroid use on pediatric Mycoplasma pneumoniae-related respiratory infections. Respiratory Investigation. 2018;56(2):158-165
  8. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Kinoshita N, Miyairi I, Urayama K, Yasunaga H. Recent patterns in antibiotic use for children with group A streptococcal infections in Japan. Journal of Global Antimicrobial Resistance. 2018;13:55-59
  9. Kato T, Kumamaru H, Fukuda S. Associations of mens participation in housework and childcare with parity progression: A Japanese population-based study. Asian Population Studies. 2018; 14(3) 290-309
  10. Kato T, Yorifuji T, Yamakawa M, Inoue S. National data showed that delayed sleep in six-year-old children was associated with excessive use of electronic devices at 12 years. Acta Paediatrica. 2018; 107(8), 1439-1448
  11. Kato T. Associations of gender role attitudes with fertility intentions: a Japanese population-based study on single men and women of reproductive ages. SexualReproductive Healthcare. 2018; 16: 15-22
  12. Horiuchi Y, Tanimoto S, Latif AHMM, Urayama KY, Aoki J, Yahagi K, Okuno T, Sato Y, Nakajima H, Hara K, Tanabe K. Identifying Novel Phenotypes of Acute Heart Failure Using Cluster Analysis of Clinical Variables. International Journal of Cardiology. 2018,1;262:57-63
  13. Delnord M*, Mortensen L, Hindori-Mohangoo A, Blondel B, Gissler M, Kramer MR, Richards JL, Deb-Rinker P, Morisaki N, Nassar N, Nybo Andersen AM, Kramer MS, Zeitlin J. Can we apply a population approach to preterm birth prevention? An ecological study of preterm and early term births in 34 high-income countries. European Journal of Public Health. 2018;28(2):303-309
  14. Okubo Y*, Morisaki N, Michihata N, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Dose-response relationship between weight status and clinical outcomes in infants hospitalized with respiratory syncytial virus infections. Pediatric Pulmonology. 2018;53(4):461-466
  15. Beltempo M, Isayama T, Vento M, Lui K, Kusuda S, Lehtonen L, Sjors G, Hakansson S, Adams M, Noguchi A, Reichman B, Darlow B, Morisaki N, Bassler D, Pratesi S, Lee S, Lodha A, Modi N, Helenius K, Shah PS*. Respiratory management of extremely preterm infants: an international survey. Neonatology. 2018;13;114(1):28-36
  16. Daru J*, Zamora J, Felix BF, Vogel J, Oladapo O, Morisaki N, Tuncalp O, Torloni MR, Mittal S, Jayaratne K, Lumbiganon P, Togoobaatar G, Khan KS. Severe anemia and maternal mortality: Multilevel and propensity score regression analyses of the World Health Organization Multi-country Survey. Lancet Global Health. 2018;6(5):e548-e554
  17. Morisaki N*, Isayama T, Samura O, Wada K, Kusuda S. Socioeconomic inequity in survival for deliveries at 22-24 weeks of gestation. Archives of Diseases in Childhood. Fetal and Neonatal Edition. 2018;103(3):F202-F207 
  18. Sasaki H*, Kakee N, Morisaki N, Mori R, Ravens-Sieberer U, Bullinger M. Assessing health-related quality of life in Japanese children with chronic conditions: Validation of the DISABKIDS Chronic Generic Module. Health Quality Life Outcomes. 2018;2;16(1):85
  19. Ogawa K*, Morisaki N, Kobayashi M, Jwa SC, Tani Y, Sago H, Horikawa R, Fujiwara T.   Maternal vegetable intake in early pregnancy and wheeze in offspring at the age of 2 years. European Journal of Clinical Nutrition. 2018;72(5):761-771
  20. Yamaoka Y, Morisaki N*, Noguchi H, Takahashi H, Tamiya N. Comprehensive assessment of risk factors of cause-specific infant deaths in Japan. Journal of Epidemiology. 2018;5;28(6):307-314
  21. Uda K, Okubo Y*, Shoji K, Miyairi I, Morisaki N, Michihata N, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Trends of neuraminidase inhibitors use in children with influenza related respiratory infections. Pediatric Pulmonology. 2018;53(6):802-808
  22. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Yoshida K, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H. Effects of glucocorticoids on hospitalized children with anaphylaxis. Pediatric Emergency Care. 2018.  doi: 10.1097/PEC.0000000000001544 [Epub ahead of print]
  23. Matsuyama Y, Fujiwara T, Ochi M, Isumi A, Kato T. Self-control and dental caries among elementary school children in Japan. Journal of Community Dentistry & Oral Epidemiology. 2018;46(5):465-471. doi: 10.1111/cdoe.12387. Epub 2018 Jun 4
  24. Doi S, Fujiwara T, Ochi M, Isumi A, Kato T. Relationship between leaving children home alone and child mental health in Japan: Results from the A-CHILD study. Frontiers in Psychiatry.  2018; 9:192. doi: 10.3389/fpsyt.2018.00192
  25. Tani Y, Fujiwara T, Ochi M, Isumi A, Kato T. Does eating vegetable first prevent child overweight in Japan? A-CHILD study. Frontiers in Pediatrics. 2018;6:134. doi: 10.3389/fped.2018.00134
  26. Kachi Y, Fujiwara T, Yamaoka Y, Kato T. Parental socioeconomic status and weight faltering in infants in Japan. Frontiers in Pediatrics. 2018;6:127. doi: 10.3389/fped.2018.00127
  27. Okubo Y, Handa A. Nationwide trend analysis of pediatric inpatients with immune thrombocytopenia in the United States. Journal of Pediatric Hematology/Oncology. 2018;40:e140-144
  28. Lee M, Ohde S, Urayama KY, Takahashi O, Fukui T. Weather and Health Symptoms. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2018;15(8):1670
  29. Smith L, Morisaki N*, Morken NH, Gissler M, Deb-Rinker P, Rouleau J, Hakansson S, Kramer MR, Kramer MS. An International Comparison of Death Classification at 22 to 25 Weeks' Gestational Age. Pediatrics. 2018;142(1). pii: e20173324
  30. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Sundel R, Yasunaga H. Association between dose of glucocorticoids and coronary artery lesions in Kawasaki disease. Arthritis Care & Research. 2018;70(7):1052-1057
  31. Ogawa K, Morisaki N*, Sago H, Fujiwara T, Horikawa R. Association between women's perceived ideal gestational weight gain during pregnancy and pregnancy outcomes. Scientific Reports. 2018;8(1):11574
  32. Darlow BA, Vento M, Beltempo M, Lehtonen L, Håkansson S, Reichman B, Helenius K, Sjörs G, Sigali E, Lee S, Noguchi A, Morisaki N, Kusuda S, Bassler D, San Feliciano L, Adams M, Isayama T, Shah PS, Lui K: on behalf of the International Network for Evaluating Outcomes (iNeo) of Neonates. Variations in Oxygen Saturation Targeting, and Retinopathy of Prematurity Screening and Treatment Criteria in Neonatal Intensive Care Units: An International Survey. Neonatology. 2018;114(4):323-331
  33. Shibasaki J, Aida N, Morisaki N, Tomiyasu M*, Nishi Y, Toyoshima K. Changes in Brain Metabolite Concentrations after Neonatal Hypoxic-ischemic Encephalopathy. Radiology. 2018 June 12. doi: 10.1148/radiol.2018172083. [Epub ahead of print] 2018; 288(3):840-848
  34. Ando E, Morisaki N*, Asakura K, Sasaki S, Fujiwara T, Horikawa R. Association between Vitamin D intake and serum 25(OH)D levels in Japanese children. British Journal of Nutrition. 2018; 120(9):1034-1044
  35. Isumi A, Fujiwara T, Ochi M, Kato T. Mediating effects of parental psychological distress and individual-level social capital on the association between child poverty and maltreatment in Japan.  Child Abuse & Neglect. 2018;83:142-150
  36. Kizuki M, Ochi M, Isumi A, Kato T, Fujiwara T. Parental time of returning home from work and child mental health among first-year primary school students in Japan: Result from A-CHILD Study. Frontiers in Pediatrics. 2018;6:179. doi: 10.3389/fped.2018.00179
  37. Okubo Y, Handa A, Nariai H. National survey of factors associated with repeated admissions due to febrile seizure. Seizure. 2018;61:149-152
  38. Okubo Y, Nochioka K, Testa MA. Nationwide survey of hospitalization due to pediatric food-induced anaphylaxis in the US. Pediatric Emergency Care. 2018 Aug 14. [Epub ahead of print]
  39. Nomura O, Okubo Y. The correct use of noninferiority trials. The Journal of Pediatrics. 2018;200:295
  40. Takahashi T, Okubo Y, Pereda MA, Handa A, Miller S. Factors associated with mechanical ventilation use in children with sickle cell disease and acute chest syndrome. Pediatric Critical Care Medicine. 2018;19:801-809
  41. Shibasaki J, Aida N, Morisaki N, Tomiyasu M*, Nishi Y, Toyoshima K. Changes in Brain Metabolite Concentrations after Neonatal Hypoxic-ischemic Encephalopathy. Radiology. 2018 Sep; 288(3):840-848
  42. Ando E, Morisaki N*, Asakura K, Sasaki S, Fujiwara T, Horikawa R. Serum 25-hydroxyvitamin D levels showed strong seasonality but lacked association with vitamin D intake in 3-year-old Japanese children. British Journal of Nutrition. 2018 Nov;120(9):1034-1044
  43. Morisaki N, Nagata C, Yasuo S*, Kato K, Sanefuji M, Shibata E, Tsuji M, Senju A, Kawamoto T, Ohga S, Kusuhara K, Morokuma S. Optimal protein intake during pregnancy for reducing the risk of fetal growth restriction: the Japan Environment and Childrens Study. British Journal of Nutrition. 2018;120(12):1432-1440 
  44. Uda K, Kinoshita N, Morisaki N, Okubo Y, Kasai M, Horikoshi Y, Miyairi I*. Targets for optimizing oral antibiotic prescriptions for pediatric outpatients in Japan. Journal of Infection and Chemotherapy. 2018 Dec 25. doi: 10.7883/yoken.JJID.2018.374. [Epub ahead of print]
  45. Inoue S, Kato T, Yorifuji T. Interpersonal Relationships, and Learning Influence Withdrawal from School: A Study among Junior High School Students in Japan. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2018; 15(10)
  46. GBD 2017 SDG Collaborators. Measuring progress from 1990 to 2017 and projecting attainment to 2030 of the health-related Sustainable Development Goals for 195 countries and territories: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2017. Lancet. 2018;392(10159):2091-2138
  47. Ogawa K*, Morisaki N, Kobayashi M, Jwa SC, Tani Y, Sago H, Horikawa R, Fujiwara T. Reply to Shakira et al.: Validation of a food frequency questionnaire for Japanese pregnant women in mid to late pregnancy. European Journal of Clinical Nutrition. 2018 doi: 10.1038/s41430-018-0263-2. [Epub ahead of print]
  48. Huang M, Inukai T, Kagami K, Abe M, Shinohara T, Watanabe A, Somazu S, Oshiro H, Goi K, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Urayama KY, Sugita K. Splicing variant profiles and single nucleotide polymorphisms of the glucocorticoid receptor gene in relation to glucocorticoid-sensitivity of B-cell precursor acute lymphoblastic leukaemia. Hematological Oncology. 2018 Feb;36(1):245-251 
  49. Takahashi T, Okubo Y, Handa A. Acute chest syndrome among children hospitalized with vaso-occlusive crisis: A nationwide study in the United States. Pediatric Blood & Cancer. 2018;65(3).
  50. Okubo Y, Nochioka T, Testa MA. The impact of pediatric obesity on hospitalized children with lower respiratory tract infections in the United States. Clinical Respiratory Journal. 2018;12(4):1479-1484. doi: 10.1111/crj.12694. Epub 2017 Sep 7
  51. Maeda K, Hasegawa D, Urayama KY, Tsujimoto S, Azami Y, Ozawa M, Manabe A. Risk factors for psychological and psychosomatic symptoms among children with malignancies. Journal of Paediatrics and Child Health. 2018;54(4):411-415

 

和文総説

1.    森崎菜穂. 新生児医療最新トピックNext! ライフコース疫学研究について. ネオネイタルケア、2018.313P67

 

日本語論文

1.    加藤承彦,福田節也. 男性の育児参加が次子の出生に与える影響:三世代同居との交互作用の検討. 厚生の指標、厚生労働統計協会、2018

2.     三瓶舞紀子. ハイリスク妊産婦支援が楽になる動機付け面接活用の可能性. 保健師ジャーナル、201874 (8)704-711

 

 

 

研究費

 

公的研究費

  1. 日本医療研究開発機構 クリニカル・イノベーション・ネットワーク推進支援事業 補助事業分担者 森崎菜穂「CIN構想の加速・推進を目指したレジストリ情報統合拠点の構築」
  2. 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業 臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業)、研究分担者 森崎菜穂「周産期関連の医療データベースのリンケージの研究」H28-ICT-一般-001
  3. 厚生労働行政推進調査事業費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業(健やか次世代育成総合研究事業)) 研究分担者 森崎菜穂「乳幼児の身体発育及び健康度に関する調査実施手法及び評価に関する研究」H30-健やか-指定-008
  4. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(B) 研究代表者 浦山ケビン「小児白血病の発症要因および生存者の医学的・社会的予後に関する包括的な疫学研究」
  5. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(C) 研究分担者 浦山ケビン「小児の急性リンパ性白血病治療における有害事象に関する遺伝子多型の解明」
  6. 文部科学省科学研究費補助金、新学術領域研究 研究領域提案型 研究分担者 浦山ケビン「遺伝統計学とビッグデータの邂逅がもたらす新たながんゲノム創薬」
  7. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(B) 研究分担者 森崎菜穂「低出生体重児出生予防のための妊娠期パーソナライズドアプリケーションの開発と検証」
  8. 文部科学省科学研究費補助金、挑戦的萌芽研究 研究代表者 森崎菜穂「日本の医学的・社会的背景に沿う、母体保護法のあり方についての包括的研究」
  9. 文部科学省科学研究費補助金、若手研究(B) 研究代表者 加藤承彦「保育園を通した親への子育て支援教室実施が子どもの発達に与える効果の検証」
  10. 成育医療研究開発費、研究代表者 浦山ケビン「小児血液悪性腫瘍克服患者における晩期合併症の予後予測バイオマーカーを探索するためのオミクス解析研究」
  11. 成育医療研究開発費、研究代表者 加藤承彦「不妊治療を受ける女性の精神的健康度とQuality of Lifeの変化に関する疫学研究」
  12. 文部科学省科学研究費補助金、基盤研究(C) 研究代表者 三瓶真紀子「児童虐待のリスクが高い妊婦に動機づけ面接法で保健師が家庭訪問をしたら虐待は減るか」
  13. 文部科学省科学研究費補助金、若手(B) 研究代表者 雨宮愛理「子ども期の逆境体験の長期的健康影響に関する日英比較」
  14. 文部科学省科学研究費補助金、若手(B) 研究代表者 大久保祐輔「科学的根拠に基づく小児肥満の指標のカットオフ値の探索」

 

的研究費

  1. 公益信託日本白血病研究基金 (ザ・レジェンド特別賞助成金)、研究代表者 浦山ケビン「小児白血病発症の遺伝学的背景に関する研究」

  2. 公益財団法人 MSD生命科学財団(研究助成 -がん領域-)、研究代表者 浦山ケビン「ゲノムワイド関連解析のメタ解析と細胞株実験による分子生物学的検証を用いた、小児急性リンパ性白血病の治療薬剤耐性および急性期・晩期合併症発生機序の解明」

  3. 上原記念生命科学財団(国際シンポジウム開催助成金)、研究代表者 浦山ケビン「国際小児悪性腫瘍疫学シンポジウム」

  4. 公益財団法人 井上科学振興財団(国際研究集会開催経費援助)、研究代表者 浦山ケビン「国際小児悪性腫瘍疫学シンポジウム」

  5. ファイザーヘルスリサーチ振興財団、研究助成金 研究代表者 加藤承彦「不妊治療中の女性のメンタルヘルスと生活の質の変化」

  6. ダイオーズ記念財団、研究助成金 研究代表者 加藤承彦「首都圏在住の乳幼児を持つワーキングマザーを対象とした子育て支援プログラムの構築に向けた調査研究」