国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

社会医学研究部

研究部紹介

健康な人生を送るために、胎児期から幼少期の環境が非常に重要であることがわかっています。社会医学研究部は、この時期における広い意味での環境要因がどのように小児の健康や発達に影響をしているのかを明らかにし、子どもの健康を守る養育環境のあり方を提案していきます。
オープンでフラットな研究部として、一人ひとりが独立しながらもチームとしての相互扶助により研究を進めることを基本としています。
また、国を代表する研究機関として、世界の中での日本を意識し、日本人に多い病気、日本特有の文化的・遺伝的な特徴に注目した研究、そして日本と諸外国の類似点や差異を明確化するための国際共同研究・国際比較研究も、積極的に行なっています。
そして、国内外の臨床および他大学・研究所との共同研究を積極的に進めることにより、疫学研究における幅広い人材交流・人材育成の場になりたいと考えています。

研究内容

  • 成育母子コホートを用いた小児の栄養状態に関する研究
    成育母子コホートに参加する親子を対象に、妊娠・出産期そして子どもの食生活・食習慣及び食への意識が健康に与える影響を調べています。
  • 成育分野のデータベースのリンケージを用いた研究
    学術団体や官庁が構築した成育医療分野のデータベースを統計学的手法を用いて個票単位で連結し、単独のデータベースでは得られない医学的及び医療政策的な知見を創出すること、また公的統計の妥当性の検証やデータベース同士の包括的利用の手法を確立することにより、今後の研究基盤構築への貢献を目的とした研究を行っています。
  • 政府統計を用いた日本の成育環境の分析
    厚生労働省の21世紀出生児及び成年者縦断調査等の全国データを用いて、日本の成育環境の問題点を検証し、産み育てやすい環境を整えるための研究を行っています。
  • 子どもの貧困実態調査と自治体の施策の効果測定
    自治体内の小中学生及びその家族を対象として、生活習慣、世帯環境、健康状態を把握し、社会経済的に不利な立場にある世帯や子どもへの効果的な政策や支援の評価と検討を行っています。
  • 動機づけ面接法を用いた介入研究
    乳幼児の正常な発達の促進や虐待予防施策の評価と検討、また、支援を受けることに消極的な方へ特に効果的な動機づけ面接法を用いた介入研究を自治体と共同で行っています。

スタッフ

社会医学研究部

行動科学研究室

ライフコース疫学研究室

部室員

  • 越智 真奈美(研究員)
  • 三瓶 舞紀子(研究員)
  • 大久保 祐輔(研究員)
  • 相田 潤(共同研究員)
  • 安達 絵美(共同研究員)
  • 雨宮 愛理(共同研究員)
  • 伊角 彩(共同研究員)
  • 大澤 万伊子(共同研究員)
  • 小川 浩平(共同研究員)
  • 奥園 桜子(共同研究員)
  • 可知 悠子(共同研究員)
  • 小林 実夏(共同研究員)
  • 駒崎 裕子(共同研究員)
  • 佐田 みずき(共同研究員)
  • 鈴木 朋(共同研究員)
  • 谷 友香子(共同研究員)
  • 左 勝則(共同研究員)
  • 土井 理美(共同研究員)
  • 中野 弘美(共同研究員)
  • 馬場 幸子(共同研究員)
  • 本多 由紀子(共同研究員)
  • 三浦 彩乃(共同研究員)
  • 三木 崇弘(共同研究員)
  • 三村 国雄(共同研究員)
  • 森田 彩子(共同研究員)
  • 山岡 祐衣(共同研究員)
  • 山中 龍宏(共同研究員)
  • 関口 倫子(研究補助者)
  • 平本 有里(研究補助者)

業績

2016

  1. Morisaki N, Kawachi I, Oken E, Fujiwara T: Parental characteristics can explain why Japanese women give birth to the smallest infants in the United States. Paediatric and Perinatal Epidemiology Sep;30(5):473-8
  2. Martin LJ, Sjörs G, Reichman, Darlow BA, Morisaki N, Modi N, Bassler D, Mirea L, Adams M, Kusuda S, Lui K, Feliciano LS, Håkansson S, Isayama T, Mori R, Vento M, Lee SK, Shah PS*, Country-Specific vs: Common Birthweight-for-Gestational Age References to Identify Small for Gestational Age Infants Born at 24–28 weeks: An International Study. Paediatric and Perinatal Epidemiology Sep;30(5):450-61
  3. Delnord M, Hindori-Mohangoo A, Smith L, Szamotulska K, Richards J, Deb-Rinker P, Rouleau J, Velebil P, Sile I, Sakkeus L, Gissler M, Morisaki N, Dolan S, Kramer MR, Kramer MS, Zeitlin J: Variations in very preterm births rates in 30 high-income countries: are valid international comparisons possible using routine data. Brit J Obst Gyn (online first Sep10, 2016)
  4. Richards JL, Kramer MS, Deb-Rinker P, Rouleau J, Mortensen L, Gissler M, Morken NH, Skjærven R, Cnattingius S, Johansson S, Delnord M, Dolan SM, Morisaki N, Tough S, Zeitlin J, Kramer MR: Temporal Trends in Late Preterm and Early Term Birth Rates in 6 High-Income Countries in North America and Europe and Association With Clinician-Initiated Obstetric Interventions. JAMA 2016 July 26;316(4):410-9
  5. Jwa SC, Ogawa K, Kobayashi M, Morisaki N, Sago H, Fujiwara T: Validation of a food-frequency questionnaire for assessing vitamin intake of Japanese women in early and late pregnancy with and without nausea and vomiting. J Nutr Sci 2016 Jul 7;5:e27. doi: 10.1017/jns.2016.14. eCollection 2016.
  6. Inoue S, Yorifuji T, Kato T, Sanada S, Doi H, and Kawachi I: Children’s Media Use and Self-Regulation Behavior. Maternal and Child Health Journal 2016
  7. Inoue S, Yorifuji T, Hiroo N, Kato T, Murakoshi T, Doi H, and Subramanian SV: Impact of maternal and paternal smoking on birth outcomes. Journal of Public Health 2016
  8. Aoki S, Hashimoto K, Ikeda N, Takekoh M, Fujiwara T, Morisaki N, Mezawa H, Tachibana Y, Ohya Y: Comparison of the Kyoto Scale of Psychological Development 2001 with the parent-rated Kinder Infant Development Scale (KIDS). Brain Dev 2016 May;38(5):481-90.
  9. Morisaki N, Fujiwara T, Horikawa R: The impact of parental personality on birth outcomes: a prospective cohort study. PLoS ONE 2016 Jun 22;11(6):e0157080.
  10. Isumi A Fujiwara T: Association of Adverse Childhood Experiences with Shaking and Smothering Behaviors among Japanese Caregivers. Child Abuse Negl 2016 July;57:12-20
  11. Amemiya A, Fujiwara T: Association between maternal intimate partner violence victimization during pregnancy and maternal abusive behavior towards infants at 4 months of age in Japan. Child abuse & neglect 2016; 55: 32-39
  12. Fujiwara T, Shimazu A, Tokita M, Shimada K, Takahashi M, Watai I, Iwata N, Kawakami N: Association of parental workaholism and body mass index of offspring: A prospective study among Japanese dual workers. Front Public Health
  13. Nagaoka K, Fujiwara T: Impact of subsidies and socioeconomic status on varicella vaccination in Greater Tokyo, Japan. Front Pediatr (in press)
  14. Nosaka N, Fujiwara T, Knaup E, Okada A, Tsukahara H: Validity of mothers’ reports of children’s weight in Japan. Acta Med Okayama
  15. Kobayashi M, Jwa SC, Ogawa K, Morisaki N, Fujiwara T: Validity of food frequency questionnaires to estimate long-chain polyunsaturated fatty acid intake among Japanese women in early and late pregnancy. J Epidemioly
  16. Fujiwara T, Yamaoka Y, Kawachi I: Neighborhood social capital and infant physical abuse: a population-based study in Japan. Int J Ment Health Syst 2016 Feb 27;10:13.
  17. Inoue Y, Stickley A, Yazawa A, Fujiwara T, Kondo K, Kondo N: Month of birth is associated with mortality among older people in Japan: Findings from the JAGES cohort. Chronobiology International
  18. Tabuchi T, Fujiwara T, Shinozaki T: Tobacco price increase and smoking behavior changes in various subgroups: A nationwide longitudinal 7-year follow-up study among a middle-aged Japanese population. Tobacco Control
  19. Hishikawa K, Fujinaga H, Fujiwara T, Goishi K, Kaneshige M, Sago H, Ito Y: Respiratory stabilization after delivery in term infants after the update of the Japan Resuscitation Council Guidelines in 2010. Neonatology 2016;110(1):1-7
  20. Ganchimeg T, Nagata C, Vogel JP, Morisaki N, Pileggi-Castro C, Ortiz-Panozo E,Jayaratne K, Mittal S, Ota E, Souza JP, Mori R: WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health Research Network. Optimal Timing of Delivery among Low-Risk Women with Prior Caesarean Section: A Secondary Analysis of the WHO Multicountry Survey on Maternal and Newborn Health. PLoS One 2016 Feb11;11(2):e014909
  21. Fujiwara T, Yamaoka Y, Morisaki N. Self-Reported Prevalence and Risk Factors for Shaking and Smothering Among Mothers of 4-Month-Old Infants in Japan. J Epidemiol 2016 Jan 5;26(1):4-13.