国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

社会医学研究部

研究部紹介

社会医学研究部は、複数の疫学研究手法を用いて、胎児期から幼少期の環境が小児及び成人期の健康に与える影響を調べています。主に、小児期や子育て家庭における各種疾患や社会的困難の原因を追究し、研究から得られた成果から、安心して妊娠・子育てできる環境を社会に提案することを目標としています。

当研究部の構成員は疫学、統計学、社会学、遺伝学、精神保健、栄養学、小児科学、周産期医学、子どもの認知・行動および社会情緒発達等の幅広い専門知識を有しています。このため、全国の大規模な統計情報や医学情報データベース等を活用した研究から、地域レベルでのリクルート・試料採取を行うフィールドワークや記述的な研究まで、多岐にわたる研究手法を用いています。

疫学研究とは、様々なコラボレーションを通して、より質の高いそして代表性の高い研究を遂行していけるものだと、私たちは信じています。


当研究部で2017年6月現在行っている研究は下記の通りです。


研究内容

  • 小児血液腫瘍に関する研究

小児急性リンパ芽球性白血病(ALL)発症に関わる遺伝素因の探索

東京小児がん研究グループ(TCCSG)と協力して、小児ALL患者の疾患発症リスクや臨床経過に関連する遺伝子多型を同定するために、生殖細胞系列のDNAの全ゲノム領域のSNPをタイピングしゲノムワイド関連研究(GWAS)を行っています。 


子どもの血液がんの環境・遺伝的要因に関する疫学研究

母親の妊娠中に胎児がおかれる子宮内の環境、そして出生後の幼少期の環境が、将来、小児血液がんの発症にどのような影響を与えうるかについて、妊娠中や出産後の母親と子どもの生活環境と、母親と子どものが持つ遺伝素因の両方を調べることにより明らかにしています。父母児の生殖細胞系列のDNAを同時に解析することで、母体と子どもの環境要因と遺伝素因がどのように相互作用し小児血液がんの発症に関与しているのかを調べています。


ALL患児の治療反応性に関与する遺伝素因に関する研究

ALL患児の遺伝的な多型を調べ、治療経過や予後に関連するレジストリを構築することで、治療反応性や予後に関連する遺伝子変異を探索し、病態生理の理解や個別化医療の推進に役立てたいと考えています。


  • 小児の栄養状態に関する研究 

DOHaD仮説の検証を主たる目的としている成育母子コホートの研究チームの一員として、妊娠・出産期そして家族の食生活・食習慣及び食への意識が児の成長発達および内分泌代謝機能に与える影響を調べています。(東京大学との共同研究)


  • 社会環境が母子の健康に与える影響

子どもの貧困実態調査と自治体の施策の効果測定

自治体内の小中学生及びその家族を対象として、生活習慣、世帯環境、健康状態を把握し、社会経済的に不利な立場にある世帯や子どもへの効果的な政策や支援の評価と検討を行っています。(東京都足立区および東京医科歯科大学との共同研究)


動機づけ面接法を用いた介入研究

乳幼児の正常な発達の促進や虐待予防施策の評価及び検討、また、支援を受けることに消極的な方へ特に効果的な動機づけ面接法を用いた介入研究を自治体と共同で行っています。


肥満児に対する介入研究と小児データの解析

東京都世田谷区において、肥満児に対する社会的認知理論に基づく父親に重点を置いた家族介入プログラム(非対面版)の有効性評価:無作為化比較試験を実施しています。また、小児生活習慣病予防検診に関するデータ解析も行っています。



  • 母子保健領域の大規模縦断研究情報を用いた研究

厚生労働省の21世紀出生児及び成年者縦断調査等の全国データを用いて、日本の成育環境の問題点を検証し、産み育てやすい環境を整えるための研究を行っています。

厚生労働省による市町村における母子保健対策に関する調査データを活用して、どのような市区町村の事業が、子どものけがや親の子育て困難感や乳幼児の正常な発達・虐待予防に関連があるのかを検討しています。(山梨大学および東京大学との共同研究)

環境庁によって行われているエコチル調査データを活用して、妊娠中の生活習慣および栄養が、児の成長発達および内分泌代謝機能に与える影響を調べています。(九州大学との共同研究)

診療報酬(DPC)データベースを用いて、成育領域における各種疾患に対して、小児肥満が重症化や再入院のリスクや、医療経済に与える影響の検討、さらには入院患者のトレンド解析や異なる治療法による治療効果および入院費用を比較する研究を行っています。(東京大学との共同研究)


  • 成育医療領域における“ビッグデータの活用とデータ・リンケージ手法を用いた研究

日本産科婦人科学会、日本小児科学会、日本新生児成育医学会、等の学術団体による全国患者レジストリ、厚生労働省による各種母子保健関係調査等を、統計学的手法を用いて個票単位で連結し包括的なデータベースを作成し利活用することで、単独のデータベースでは得られない医学的及び医療政策的な知見を創出すること、また公的統計の妥当性の検証やデータベース同士の包括的利用の手法を確立することにより、今後の研究基盤構築への貢献を目的とした研究を行っています。このデータを活用した、周産期および小児期の健康指標に関係する因子を解明する研究を複数行っているのみならず、国際比較研究や他研究とのプール解析等の国際共同研究なども積極的に行っています。(各種学術団体との共同研究)

スタッフ

社会医学研究部

行動科学研究室

ライフコース疫学研究室


研究員

  • 三瓶 舞紀子
  • 田中 久子
  • 半谷 まゆみ
  • Aurelie piedvache

研究補助員

  • 中野 弘美
  • 鮎川 洋子
  • 小林 しのぶ
  • 小林 早苗

共同研究員

  • 小川 浩平
  • 鈴木 朋
  • 本多 由紀子
  • 谷 友香子
  • 雨宮 愛理
  • 小林 実夏
  • 可知 悠子
  • 大久保 祐輔
  • 安達 絵美
  • 安藤 恵美子
  • 原田 正平
  • 伊藤 淳
  • 藤原 武男
  • 大西 香世
  • 関口 倫子

業績

2017

  1. Kobayashi M, Jwa SC, Ogawa K, Morisaki N, Fujiwara T: Validity of food frequency questionnaires to estimate long-chain polyunsaturated fatty acid intake among Japanese women in early and late pregnancy. Journal of Epidemiology 2017 Jan; 27(1): 30-35
  2. Okubo Y, Nochioka K, Sakakibara H, Marcia T, Robert P Sundel: National survey of pediatric hospitalizations due to Kawasaki disease and coronary artery aneurysms in the USA. Clinical Rheumatology 2017 Feb;36(2):413-419.
  3. Chibueze C, Tirado V, Silva Lopes K, Yo T, Balogun OO, Swa T, Dagvadorj A, Nagata C, Morisaki N, Ota E, Mori R, Oladapo OT, Menedez C. Zika virus infection in pregnancy: a systematic review of disease course and complications. Reproductive Health 2017 Feb;14(1):28. doi: 10.1186/s12978-017-0285-6.
  4. Kato T, Yorifuji T, Yamakawa M, Inoue S, Doi H, Eboshida A, Kawachi I: (2017). Associations of Maternal Age with Child Health: A Japanese Longitudinal Study. PLoS One 2017 Feb 24;12(2):e0172544. D
  5. Hines D, Modi N, Lee SK, Isayama T, Sjörs G, Gagliardie L, Lehtonenf L, Ventog M, Kusuda S, Bassleri D, Mori R, Reichman B, Håkansson S, Darlow B, Adams M, Rusconi M, Feliciano LS, Lui K, Morisaki N, Musrap N, Shah PS: Scoping review shows wide variation in the definitions of bronchopulmonary dysplasia in preterm infants and calls for a consensus. Acta Paediatrica 2017 Mar;106(3):366-374. ※    Editorial あり: Jobe AH, Bancalari EH. Controversies about the definition of bronchopulmonary dysplasia at 50 years. Acta Pediatrica 2017 Mar;106(3):692-693
  6. Okubo Y, Nochioka K, Testa M: Nationwide Survey of Stevens-Johnson Syndrome and Toxic Epidermal Necrolysis in Children in the United States. Pediatric Dermatology 2017 Mar; 34: 206-208.
  7. Delnord M, Hindori-Mohangoo A, Smith L, Szamotulska K, Richards J, Deb-Rinker P, Rouleau J, Velebil P, Sile I, Sakkeus L, Gissler M, Morisaki N, Dolan S, Kramer MR, Kramer MS, Zeitlin J. Variations in very preterm births rates in 30 high-income countries: are valid international comparisons possible using routine data? BJOG: international journal of obstetrics and gynaecology 2017 Apr;124(5):785-794. Letter to the Editorあり: Filipovic-Grcic B, Rodin U. Croatian experience supporting inclusion of routine very preterm birth data for valid comparison. BJOG 2017 Apr;124(5) 先進国30カ国のデータを用いて、死産統計を含めない22-23週の早産統計の妥当性が低いことを示した。
  8. Sasaki H, Kakee N, Morisaki N, Mori R, Ravens-Sieberer U, Bullinger M. Assessing health related quality of life in young Japanese children with chronic conditions: Validation of the DISABKIDS Smiley measure. BMC Pediatrics 2017 Apr 5; 17(1):100  EUで開発された慢性疾患児のQOL指標であるDISABKIDSの和訳および妥当性評価を行った。
  9. Morisaki N, Kawachi I, Oken E, Fujiwara T. Social and anthropometric factors explaining racial/ethnical differences in birth weight in the United States. Scientific Reports. 2017 Apr 21;7:46657. doi: 10.1038/srep46657. 米国出生統計を用いて、14人種間の出生体重差の要因として、アジア人においては体格、日本人では体格と体重増加量が主に影響していることを報告した。
  10. Ogawa K, Kobayashi M, Jwa SC, Morisaki N, Fujiwara T. Validation of a food frequency questionnaire for Japanese pregnant women with and without nausea and vomiting in early pregnancy. J Epidemiology 2017 May;27(5):201-208.  国立ガンセンターが開発した食事質問票(FFQ)の妊婦版の食事記録との妥当性を報告した。
  11. Ogawa K, Morisaki N, Sato S, Saito S, Fujiwara T, Sago H. Association of shorter height with increased risk of Ischaemic Placental Disease. Paediatric and Perinatal Epidemiology 2017 (author 1 & 2 contributed equally) 2017 May;31(3):198-205.※    Editorialあり: Downes KL, Ananth CV. Short Maternal Stature and Increased Risk of Ischaemic Placental Disease: Is the Association Driven by Unmeasured Confounding? Paediatric and Perinatal Epidemiology 2017 May;31(3):206-208 身長が低い妊婦ほど妊娠高血圧腎症・常位胎盤早期剥離・SGAを起こしやすいことを示した。
  12. Morisaki N, Zhang X, Ganchimeg T, Vogel J, Zeitlen J, Souza JP, Cecatti JG, Torloni MR, Ota E, Mori R, Tough S, Dolan SM, Kramer MS. Provider-Initiated Delivery and Perinatal Outcomes: A Secondary Analysis of the WHO Multi-Country Survey on Maternal and Newborn Health. BMJ Global Health 2017 May 18. doi: 10.1136/bmjgh-2016-000204. 日本を含む29カ国の調査での分娩情報を用いて、帝王切開を行う施設ほど早産率は変わらないが死産率は低い、そして分娩誘発を行う施設ほど死産率は変わらないが早産率は高いことを示した。
  13. Chibueze CE, Parsons AJ, Silva Lopes K, Yo T, Swa T, Nagata C, Horita N, Morisaki N, Balogun OO, Dagvadorj A, Ota E, Mori R, Oladapo OT. Accuracy of ultrasound scanning relative to reference tests for prenatal diagnosis of microcephaly in the context of Zika virus infection: a systematic review of diagnostic test accuracy. Scientific Reports 2017 May 23;7:2310. doi: 10.1038/s41598-017-01991-y. 網羅的文献検索により、ジカ熱による胎児の頭囲拡大指標の妥当性を報告した。 
  14. Inoue S, Yorifuji T, Hiroo N, Kato T, Murakoshi T, Doi H, and Subramanian SV: Impact of maternal and paternal smoking on birth outcomes. Journal of Public Health 2016 May 24. pii: fdw050. [Epub ahead of print]
  15. Kato T, Fujiwara T, Kawachi I: Associations between mothers’ active engagement with infants at 6 months and children’s adjustment to school life at ages 5.5 and 11 years, Child.  Care, Health and Development. 2016 Dec 19. doi: 10.1111/cch.12432. [Epub ahead of print]
  16. Morisaki N, Ganchimeg T, Vogel J, Zeitlen J, Cecatti JG, Souza JP, Castro CP, Torloni MR, Ota E, Mori R, Dolan SM, Tough S, Mittal S, Bataglia V, Yadamsuren B, Kramer MS. Impact of stillbirths on international comparisons of preterm birth rates: A secondary analysis of the WHO multi-country survey of Maternal and Newborn Health. BJOG: international journal of obstetrics and gynaecology (author 1 and 2 contributed equally) BJOG. 2017 Feb 20. doi: 10.1111/1471-0528.14548. [Epub ahead of print]※    Editorial あり:Goldenberg RL, McClure EM. Importance of Including Stillbirth in Measures of Preterm Birth.
  17. Okubo Y, Nochioka K, Testa M. Nationwide survey of pediatric acute osteomyelitis in the USA. Journal of Pediatric Orthopedics B. 2017 Feb 22. doi: 10.1097/BPB.0000000000000441. [Epub ahead of print]
  18. Darlow BA, Lui K, Kusuda S, Reichman B, Gagliardi L, Håkansson S, Bassler D, Modi N, Lee S, Lehtonen L, Vento M, Isayama T, Sjörs G, Helenius KK, Adams M, Rusconi F, Morisaki N, Shah PS. International variations and trends in the treatment for retinopathy of prematurity. British J Ophthalmology 2017 Mar 7. doi: 10.1136/bjophthalmol-2016-310041. [Epub ahead of print]
  19. Zhao Y, Zhang J, Zamora J, Vogel J, Souza J, Ganchmeg T, Ortiz-Panozo E, Hernandez B, Oladapo O, Torloni M, Morisaki N, Mori R, Pileggi C, Tuncalp O, Shen X, Betran AP:Increases in caesarean section rates and perinatal outcomes in low- and middle-income countries: a hospital level analysis of two WHO surveys. Paediatric and Perinatal Epidemiology 2017 May 20. doi:10.1111/ppe.12363 [Epub ahead of print] 日本を含む29カ国の調査での分娩情報を用いて、ここ5-10年の施設レベルでの帝王切開率増加は、同じく施設レベルでの児のアウトカムの改善とは、相関していないことを示した。
  20. Nagata C, Moriichi A, Morisaki N, Mori R. Japan's 115-year trend of inter-prefectural disparities in under-five mortality. Pediatrics International 2017 May 23. doi: 10.1111/ped.13304. [Epub ahead of print] 人口動態統計を用いて、5歳未満死亡率の県間格差はここ10年で拡大し戦後に近いレベルになっていることを示した。
  21. Morisaki N, Nagata C, Jwa SC, Sago H, Saito S, Oken E, Fujiwara T. Pre-pregnancy BMI-specific optimal gestational weight gain for women in Japan. J Epidemiology 2017, doi: 10.1016/j.je.2016.09.013  [Epub ahead of print]
  22. Morisaki N, Ogawa K, Urayama KY, Sago H, Sato S, Saito S. Preeclampsia mediates the association between shorter height and increased risk of preterm delivery. International Journal of Epidemiology 2017, doi: 10.1093/ije/dyx107 [Epub ahead of print]
  23. 森崎菜穂*, 永田知映, 左合治彦, 齋藤滋: 日本人にとっての適切な妊娠中体重増加量の算出. 産婦人科の実際 2017年 4月号;66 (6): 522-526  日本産婦人科学会の周産期登録データベースから妊娠前BMI別の最適妊娠中体重増加量を産出し、現推奨はやせ妊婦には低すぎる可能性が高いことを示した。
  24. Okuzono S, Fujiwara T, Kato T, Kawachi I: Spanking and subsequent behavioral problems in toddlers: A propensity score-matched, prospective study in Japan.  Child Abuse & Neglect 24; 69: 62-71
    本研究では、体罰の頻度と子どもの発達に関して、Propensity Score Matchingの手法を用いた分析を行った。その結果、全く体罰を用いない親と比較して、時々および頻繁に体罰を用いる親の子どもは、問題行動のリスク が高かった。
  25. Aida J, Matsuyama Y, Tabuchi T, Komazaki Y, Tsuboya T, Kato T, Osaka K, Fujiwara T :Trajectory of social inequalities in the treatment of dental caries among preschool children in Japan. Journal of Community Dentistry & Oral Epidemiology.
    海外における先行研究では、子どものむし歯と貧困との関連が明らかになっている。よって、社会格差が幼児期の子どものむし歯の割合の経年変化に与 える影響 について分析を行った。その結果、社会階層が低い家庭の子どもたちは、年齢とともに虫歯の治療を受ける割合が増え、かつ社会階層が高い家庭の子ど もとの差 が拡大する傾向が明らかになった。
  26. Okubo Y, Habda A:The impact of obesity on pediatric inpatients with urinary tract infections in the United States.J Peiatr Urol 2017;pii: S1477-5131(17)30227-9尿路感染症による入院患者において、小児肥満は高血圧・急性腎障害・医療コスト上昇・入院日数の延長に関連していた。
  27. Okubo Y, Handa A: National trend survey of hospitalized patients with febrile seizure in the United States. Seizure: European Journal of Epilepsy  Accepted at 20 Jun, 2017  全米において7歳未満で熱性痙攣で入院した患者の人種差、地域差、社会経済的状況による差をトレンド解析した。
  28. Okubo Y, Nochioka K, Matcia A Testa: Nationwide survey of pediatric septic arthritis in the United States. Journal of Orthopeedics  Accepted at 21 June, 2017  全米において化膿性関節炎で入院した小児患者の人種差、地域差、社会経済的状況による差をトレンド解析し、敗血症・骨髄炎の合併例のリスク因子を検討した。
  29. Amemiya A, Fujiwara T, Murayama H, Tani Y, Kondo K:Adverse Childhood Experiences and Higher-Level Functional Limitations Among Older Japanese People: Results From the JAGES Study.The Journals of Gerontology  Series A 02 June 2017  虐待や親との離別などの幼少期の逆境体験と、高齢期の手段的日常生活動作能力(IADL)の低下の関連について報告した。
  30. Maeda K, Hasegawa D, Urayama KY, Tsujimoto S, Azami Y, Ozawa M, Manabe A: Risk factors for psychological and psychosomatic symptoms among children with malignancies. Journal of Paediatrics and Child Health  2017  In press.
    小児癌患者において、年齢が高い、幹細胞移植経験者、オピオイド使用者は精神疾患発症リスクが高かった。
  31. Hoshino E, Hayashi K, Suzuki M, Obatake M, Urayama KY, Nakano S, Taura Y, Nio M, Takahashi O: An iPhone application using a novel stool color detection algorithm for biliary atresia screening. Pediatric Surgery International  2017  doi: 10.1007/s00383-017-4146-8.
    写真の画像解析により便色を測定することで新生児胆道閉鎖症のスクリーニングを行うiPhoneアプリを開発した。
  32. Huang M, Inukai T, Kagami K, Abe M, Shinohara T, Watanabe A, Somazu S, Oshiro H, Goi K, Goto H, Minegishi M, Iwamoto S, Urayama KY, Sugita K: Splicing variant profiles and single nucleotide polymorphisms of the glucocorticoid receptor gene in relation to glucocorticoid-sensitivity of B-cell precursor acute lymphoblastic leukaemia. Hematological Oncology  2017  doi: 10.1002/hon.2471.
    GR遺伝子のsplice variants を解析し、GR alpha とGR gamma のisoformを有する小児ALL 患者はステロイド感受性が高いことを発見した。
  33. Sudo T, Okada Y, Ozaki K, Urayama K, Kanai M, Kobayashi H, Gokyu M, Izumi Y, Tanaka T: Mutations in NOD2 cause aggressive periodontitis. Journal of Dental Research  In Press 2017
    NOD2 mutationは侵襲性歯周炎のハイリスクvariantであるということを家系図と次世代シークエンサーを用いて発見した。
  34. Richards JL*, Kramer MS, Deb-Rinker P, Rouleau J, Mortensen L, Gissler M, Morken NH, Skjærven R, Cnattingius S, Johansson S, Delnord M, Dolan SM, Morisaki N, Tough S, Zeitlin J, Kramer MR: Temporal Trends in Late Preterm and Early Term Birth Rates in 6 High-Income Countries in North America and Europe and Association With Clinician-Initiated Obstetric Interventions. Obstetric Anesthesia Digest 2017 J  Jun; 37(2):68-69
    アメリカのみでlate preterm, early term birth rateは上昇したのち減少しており、その経時的変化は産科介入率の変化と相関していた
  35. Zhao Y, Zhang J*, Zamora J, Vogel J, Souza J, Ganchmeg T, Ortiz-Panozo E, Hernandez B, Oladapo O, Torloni M, Morisaki N, Mori R, Pileggi C, Tuncalp O, Shen X, Betran AP:Increases in Caesarean Delivery Rates and Change of Perinatal Outcomes in Low- and Middle-Income Countries: A Hospital-Level Analysis of Two WHO Surveys. Paediatric and Perinatal Epidemiology 2017 Jul;31(4):251-262
    ※Editorial: Althabe F, Belizán JM. Rising Trend in Non-Indicated Caesarean Deliveries: Can the Trend be Reversed? Paediatric and Perinatal Epidemiology 2017 Jul;31(4):263-266.
    約5-10年で世界的な周産期死亡率は減少し帝王切開率は上昇しているが、これらには相関はなく帝王切開増加により周産期死亡率が改善した可能性は低い。
  36. Nagata C*, Moriichi A, Morisaki N, Mori R. J Inter-prefecture disparity in under-5 mortality: 115 year trend in Japan. Pediatrics International 2017 Jul;59(7):816-820.
    5歳未満の児の県間の格差は縮まっていたが、最近10年ほどでまた広がり戦前に近いレベルにまで広がっている。
  37. Morisaki N*, Ganchimeg T, Vogel J, Zeitlen J, Cecatti JG, Souza JP, Castro CP, Torloni MR, Ota E, Mori R, Dolan SM, Tough S, Mittal S, Bataglia V, Yadamsuren B, Kramer MS: Impact of stillbirths on international comparisons of preterm birth rates: A secondary analysis of the WHO multi-country survey of Maternal and Newborn Health. BJOG: international journal of obstetrics and gynaecology (author 1 and 2 contributed equally) 2017 Aug;124(9):1346-1354
    ※ Editorial: Goldenberg RL, McClure EM. Importance of including stillbirth in measures of preterm birth. 2017 Aug;124(9):1355
    死産統計を含めずに早産率を計算すると過小評価となり、その過小評価の度合いは貧しい発展途上国のほうが強かった。
  38. Morisaki N*, Urayama KY, Yoshii K, Subramanian SV, Yokoya S: Ecological analysis of secular trends in low birth weight births and adult height in Japan. J Epidemiology and Community Health  2017 Aug 19. doi: 10.1136/jech-2017-209266. [Epub ahead of print]
    1969-2014年の出生特性と成人身長を比較したところ、1980年以後に生まれた成人の平均身長はすでに低下し始めており、この要因には低出生体重児増加が影響していると考えられた。
  39. Morisaki N*, Isayama T, Samura O, Wada K, Kusuda S: Socioeconomic inequity in survival for deliveries at 22-24 weeks of gestation. Archives Neonatal Fetal 2017 Aug 28. doi: 10.1136/archdischild-2017-312635. [Epub ahead of print]
    ※ Editorial あり:Field D, Smith L. (in press)
    在胎22-24週で生まれた児が生後1時間以内になくなる確率は、母の社会的背景(年齢、年収、婚姻状況、子どもの数)に影響を受けている。
  40. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Hangai M, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Recent trends in practice patterns and comparisons between immunoglobulin and corticosteroid in pediatric immune thrombocytopenia. International Journal of Hematology 2017 Aug 28  doi: 10.1007/s12185-017-2322-1. [Epub ahead of print]
    2010-2014年にかけて、小児ITPの治療にIVIGを用いた症例は増え、ステロイドのみでの治療は減少した。
  41. Yamaoka Y, Morisaki N*, Noguchi H, Takahashi H, Tamiya N: Comprehensive assessment of risk factors of cause-specific infant deaths in Japan. Journal of Epidemiology (2017.7.4 in press)
    乳児の事故死、虐待が疑われる死、内因死のいずれにおいても、母の社会因子(年齢、婚姻状況、世帯職業)も児の医学的因子(出生体重、出生週数、双胎かどうか)の双方がリスクとなっている。
  42. Helenius K*, Sjors G, Shah PS, Modi N, Reichman B, Morisaki N, Kusuda S, Lui K, Darlow B, Bassler D, Hakansson S, Adams M, Vento M, Rusconi F, Isayama T, Lehtonen L: Survival in very preterm infants: an international comparison of 10 national neonatal networks. Pediatrics (2017.8.16 in press)
    在胎26-29週での出生児の生存率が高い国のほうが、より低い週数(在胎24-25週)でも生存率が高かった。
  43. Delnord M*, Mortensen L, Hindori-Mohangoo A, Blondel B, Gissler M, Kramer MR, Richards JL, Deb-Rinker P, Morisaki N, Nassar N, Nybo Andersen AM, Kramer MS, Zeitlin J. Can we apply a population approach to preterm birth prevention? An ecological study of preterm and early term births in 34 high-income countries. European Journal of Public Health (2017.8.24 in press)
    1990-2010年の出生週数の年次推移を検討したところ、34-36週(後期早産)が多い国は概ね37-38週(early term)での出生も多く、平均在胎週数も短かった。(日本は早産率が低いわりに、37-38週での出生が多い)
  44. Okubo Y*, Michihata N, Yoshida K, Morisaki N, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Effect of pediatric obesity on acute asthma exacerbation in Japan. Pediatric Allergy and Immunology. (2017.09.06 in press)
    児のBMIと喘息入院の重症化リスクの関係は、J字カーブを描き、やせも肥満もリスクであった。
  45. Inoue S, Kato T, Yorifuji T: Self-rated school adjustment and absenteeism: An epidemiological study. Health Behavior & Policy Review  2017
    岡山県岡山市のデータを用いて、小学校児童の学校適応感尺度のスコアと長期欠席との関連を示した。
  46. Okubo Y, Nochioka T, Testa MA: The impact of pediatric obesity on hospitalized children with lower respiratory tract infections in the United States. Clinical Respiratory Journal 2017 [Epub ahead of print]
    全米の気道感染入院の小児を解析し、肥満群は挿管率が高く、敗血症のリスクが高く、さらに医療費および入院日数の負担が大きいことが判明した。
  47. Morimoto N, Kasuga C, Tanaka A, Kamachi K, Ai M, Urayama KY, Tanaka A: Association between dietary fiber to carbohydrate intake ratio and insulin resistance in Japanese adults without diabetes. British Journal of Nutrition 2017; In press
    食事と運動の介入に関する前向きコホート研究において、食物繊維を多く摂取することがインスリン抵抗性にもたらす効果を評価した。
  48. Okubo Y, Michihata N, Morisaki N, Kinoshita N, Miyairi I, Urayama KY, Yasunaga H: Recent patterns in antibiotic use for children with group A streptococcal infections. Journal of Global Antimicrobial Resistance 2017; In press
    レセプトデータを用いて、小児溶連菌感染症での抗生剤の選択法について報告した。
  49. Ogawa K, Urayama KY, Tanigaki S, Sago H, Sato S, Saito S, Morisaki N: Association between very advanced maternal age and adverse pregnancy outcomes: a multicenter retrospective cohort study. BMC Pregnancy and Childbirth 2017;In press
    40-45歳および45歳以上の超高齢出産の際の母児のリスクを示した。
  50. Doi S, Fujiwara T, Ochi  M, Isumi A, Kato T ; Relationship between sleep habits and the mental health of 6 to 7-year-old children: Results from the A-CHILD study, Sleep Medicine. 2017; in press
    小学校低学年の児童においては、平日の不規則な就寝時間が、問題行動とレジリエンスの低さのリスク要因となる可能性が示唆された。
  51. Morisaki N*, Nagata C, Jwa SC, Sago H, Saito S, Oken E, Fujiwara T. Pre-pregnancy BMI-specific optimal gestational weight gain for women in Japan. Journal of Epidemiology  2017 ;Oct 27(10):492-498.
    日本産婦人科学会の周産期登録データベースから妊娠前BMI別の最適妊娠中体重増加量を産出し、現推奨はやせ妊婦には低すぎる可能性が高いことを示した。
  52. Darlow BA*, Lui K, Kusuda S, Reichman B, Gagliardi L, Håkansson S, Bassler D, Modi N, Lee S, Lehtonen L, Vento M, Isayama T, Sjörs G, Helenius KK, Adams M, Rusconi F, Morisaki N, Shah PS: International variations and trends in the treatment for retinopathy of prematurity. British Journal of Ophthalmology 2017; Oct101(10):1399-1404
    先進国10カ国で未熟児網膜症の発症率について報告した。
  53. Morisaki N*, Urayama KY, Yoshii K, Subramanian SV, Yokoya S: Ecological analysis of secular trends in low birth weight births and adult height in Japan. J Epidemiology and Community Health 2017; Oct 71(10):1014-1018.
    1969-2014年の出生特性と成人身長を比較したところ、1980年以後に生まれた成人の平均身長はすでに低下し始めており、この要因には低出生体重児増加が影響していると考えられた。
  54. Morisaki N*, Ogawa K, Urayama KY, Sago H, Sato S, Saito S: Preeclampsia mediates the association between shorter height and increased risk of preterm delivery. International Journal of Epidemiology 2017; Oct 1 46(5):1690-1698.
    身長が低い妊婦が早産が多い原因は、PIHの増加によるものであることを示した。
  55. Kobayashi M, Ogawa K, Morisaki N, Tani Y, Fujiwara T*: Dietary n-3 polyunsaturated fatty acids in late pregnancy and postpartum depression symptoms among Japanese women. Frontiers in Psychiatry  Public Mental Health 2017; Nov 23;8:241
    成育母子コホートデータから妊娠中のオメガ3脂肪酸摂取量と産後うつには関係がないことを示した。
  56. Helenius K*, Sjors G, Shah PS, Modi N, Reichman B, Morisaki N, Kusuda S, Lui K, Darlow B, Bassler D, Hakansson S, Adams M, Vento M, Rusconi F, Isayama T, Lehtonen L: Survival in very preterm infants: an international comparison of 10 national neonatal networks. Pediatrics 2017; Dec140(6) pii: e20171264
    先進国10カ国の早産レジストリを解析し、在胎26-29週での出生児の生存率が高い国のほうが、より低い週数(在胎24-25週)でも生存率が高いことを報告した。
  57. Delnord M*, Mortensen L, Hindori-Mohangoo A, Blondel B, Gissler M, Kramer MR, Richards JL, Deb-Rinker P, Morisaki N, Nassar N, Nybo Andersen AM, Kramer MS, Zeitlin J: Can we apply a population approach to preterm birth prevention? An ecological study of preterm and early term births in 34 high-income countries. European Journal of Public Health  2017; Sep 8 doi: 10.1093/eurpub/ckx131[Epub ahead of print]
    先進国34カ国で出生週数の年次推移を検討したところ、34-36週(後期早産)が多い国は概ね37-38週(early term)での出生も多く、平均在胎週数も短いことを報告した。(日本は早産率が低いわりに、37-38週での出生が多い)
  58. Okubo Y*, Michihata N, Yoshida K, Morisaki N, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Impact of pediatric obesity on acute asthma exacerbation in Japan. Pediatric Allergy and Immunology  2017; Oct18  doi: 10.1111/pai.12801 [Epub ahead of print]
    DPCデータから、児のBMIと喘息入院の重症化リスクの関係は、J字カーブを描き、やせも肥満もリスクであることを報告した。
  59. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Sundel R, Yasunaga H: Association between dose of glucocorticoids and coronary artery lesions in Kawasaki disease. Arthritis Care & Research 2017; Oct 26 doi: 10.1002/acr.23456 [Epub ahead of print]
    DPCデータを用いて、ステロイド治療法と川崎病での動脈瘤合併の関係を報告した 。
  60. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Uda K, Miyairi I, Ogawa Y, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Recent trends in practice patterns and impact of corticosteroid use on pediatric Mycoplasma pneumoniae -related respiratory infections RespiratoryInvestigation. 2017;Dec13.doi10.1016/j.resinv.2017.11.005. [Epub ahead of print]
    DPCデータを用いて、小児マイコプラズマ感染症での抗生剤の選択法について報告した。
  61. Okubo Y*, Michihata N, Uda K, Morisaki N, Miyairi I, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Dose-response relationship between weight status and clinical outcomes in children hospitalized with influenza-related respiratory infections. Pediatric Pulmonology (2017.11.27 in press)
    DPCデータから、児のBMIとインフルエンザ重症化リスクの関係は、J字カーブを描き、やせも肥満もリスクであることを報告した。
  62. Ogawa K*, Morisaki N, Kobayashi M, Jwa SC, Tani Y, Sago H, Horikawa R, Fujiwara T: Maternal vegetable intake during early pregnancy has protective effect on subsequent childhood wheezing. European Journal of Clinical Nutrition (2017.11.30 in press)
    成育母子コホートデータから妊娠中の野菜摂取が多いと出生後の2歳での喘鳴が少ないことを示した。
  63. Takahashi T, Okubo Y, Handa A: Acute chest syndrome among children hospitalized with vaso-occlusive crises in the US. Pediatr Blood Cancer Accepted 2017; Nov 14.
    喘息とOSAはACSの発症に有意に相関していたが、肥満は相関していなかった。
  64. Horiuchi Y, Tanimoto S, Latif AHMM, Urayama KY, Aoki J, Yahagi K, Okuno T, Sato Y, Nakajima H, Hara K, Tanabe K: Identifying Novel Phenotypes of Acute Heart Failure Using Cluster Analysis of Clinical Variables. 2018; In press
    急性心不全を経験した患者に関する多数の変数を用いてクラスター分析を行い、共通する病態生理を持つ患者を特定した。
  65. Urayama KY, Takagi M, Kawaguchi T, Matsuo K, Tanaka Y, Ayukara Y, Arakawa Y, Hasegawa D, Yuza Y, Kaneko T, Noguchi T, Taneyama Y, Ota S, Inukai T, Yanagimachi M, Keino D, Koike K, Toyama D, Nakazawa Y, Kurosawa H, Nakamura K, Moriwaki K, Goto H, Sekinaka Y, Morita D, Kato M, Takita J, Tanaka T, Inazawa H, Koh K, Ishida Y, Ohara A, Mizutani S, Matsuda F, Manabe A: Regional evaluation of childhood acute lymphoblastic leukemia genetic susceptibility loci among Japanese. Scientific Reports 2018; 8:789. doi:10.1038/s41598-017-19127-7.
    日本人における遺伝子多型と小児がんのリスクの関連を分析したところ、白人を対象にしたゲノムワイド関連解析で特定された10の遺伝子のうち3つが日本人の対象群では確認された。
  66. Morimoto N, Kasuga C, Tanaka A, Kamachi K, Ai M, Urayama KY, Tanaka A: Association between dietary fiber to carbohydrate intake ratio and insulin resistance in Japanese adults without diabetes. British Journal of Nutrition 2017; In press
    食事と運動の介入に関する前向きコホート研究において、食物繊維を多く摂取することがインスリン抵抗性にもたらす効果を評価した。
  67. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Hangai M, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Recent trends in practice patterns and comparisons between immunoglobulin and corticosteroid in pediatric immune thrombocytopenia. International Journal of Hematology 2018 Jan;107(1):75-82
    DPCデータを分析し、ITPに対してIVIG利用率は上昇し、ステロイド使用や無治療観察が減っていたことを報告した。ステロイド使用群のほうがIVIG治療群より3.5日入院が長かったが、治療費も約20万円高く、再発率は変わらなかった。
  68. Okubo Y*, Michihata N, Uda K, Morisaki N, Miyairi I, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Dose-response relationship between weight status and clinical outcomes in children hospitalized with influenza-related respiratory infections. Pediatric Pulmonology 2018 Feb;53(2):218-223
    DPCデータから、児のBMIとインフルエンザ入院の重症化リスクの関係は、J字カーブを描き、やせはリスクであることを報告した。
  69. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Uda K, Miyairi I, Ogawa Y, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Recent trends in practice patterns and impact of corticosteroid use on pediatric Mycoplasma pneumoniae-related respiratory infections. Respiratory Investigation 2018 Mar;56(2):158-165.
    DPCデータから、マイコプラズマ肺炎入院におけるステロイド使用の現状と効果を報告した。
  70. Delnord M*, Mortensen L, Hindori-Mohangoo A, Blondel B, Gissler M, Kramer MR, Richards JL, Deb-Rinker P, Morisaki N, Nassar N, Nybo Andersen AM, Kramer MS, Zeitlin J. Can we apply a population approach to preterm birth prevention? An ecological study of preterm and early term births in 34 high-income countries. European Journal of Public Health. 2018 Apr 1;28(2):303-309.
    先進国34カ国で出生週数の年次推移を検討したところ、34-36週(後期早産)が多い国は概ね37-38週(early term)での出生も多く、平均在胎週数も短いことを報告した。(日本は早産率が低いわりに、37-38週での出生が多い)
  71. Okubo Y*, Morisaki N, Michihata N, Matsui H, Fushimi K, Yasunaga H: Dose-response relationship between weight status and clinical outcomes in infants hospitalized with respiratory syncytial virus infections. Pediatric Pulmonology 2018 Apr;53(4):461-466
    DPCデータから、乳児のBMIとRSV入院の重症化リスクの関係は、J字カーブを描き、やせはリスクであることを報告した。
  72. Okubo Y*, Michihata N, Morisaki N, Kinoshita N, Miyairi I, Urayama K, Yasunaga H. Recent patterns in antibiotic use for children with group A streptococcal infections. J Glob Antimicrob Resist. 2018 June;13:55-59
    レセプトデータを用いて、小児溶連菌感染症での抗生剤の選択法について報告した。
  73. Yamaoka Y, Morisaki N*, Noguchi H, Takahashi H, Tamiya N: Comprehensive assessment of risk factors of cause-specific infant deaths in Japan. Journal of Epidemiology Feb 10, 2018 doi; 10.2188/jea.JE20160188 [Epub ahead of print]
    乳児の事故死、虐待死、病死のいずれにおいても、母の社会因子(年齢、婚姻状況、世帯職業)も児の医学的因子(出生体重、出生週数、双胎かどうか)の双方がリスクとなっている。
  74. Ogawa K*, Morisaki N, Kobayashi M, Jwa SC, Tani Y, Sago H, Horikawa R, Fujiwara T: Maternal vegetable intake in early pregnancy and wheeze in offspring at the age of 2 years. European Journal of Clinical Nutrition 2018; Feb 12 doi: 10.1038/s41430-018-0102-5 [Epub ahead of print]
    母の野菜摂取が多い群では、児の2歳時点での喘息率が少なかった。
  75. Daru J*, Zamora J, Felix BF, Vogel J, Oladapo O, Morisaki N, Tuncalp O, Torloni MR, Mittal S, Jayaratne K, Lumbiganon P, Togoobaatar G, Khan KS: Severe anemia and maternal mortality: Multilevel and propensity score regression analyses of the World Health Organization Multi-country Survey. Lancet Global Health 2018 Mar 20. pii: doi: 10.1016/S2214-109X(18)30078-0. [Epub ahead of print]
    母の貧血があると母体死亡リスクは2倍になる。
  76. Beltempo M, Isayama T, Vento M, Lui K, Kusuda S, Lehtonen L, Sjors G, Hakansson S, Adams M, Noguchi A, Reichman B, Darlow B, Morisaki N, Bassler D, Pratesi S,  Lee S, Lodha A, Modi N, Helenius K, Shah PS*: Respiratory management of extremely preterm infants: an international survey. Neonatology (2017.02.28 accept)
    11カ国のNICUに呼吸管理法に関する調査を行い、国による特徴をとらえた。
  77. Shibasaki J, Aida N, Morisaki N, Tomiyasu M*, Nishi Y, Toyoshima K. Predictive Value of Absolute Concentrations of Brain Metabolites in Neonatal Encephalopathy. Radiology (2017.03.28 accept)
    重症脳性仮死におけるMRI画像の変化を報告した。
  78. Kato T, Kumamaru H, Fukuda S: Associations of men’s participation in housework and childcare with parity progression: A Japanese population-based study. Asian Population Studies (in press)
    日本全国の家族を対象にした縦断調査で、男性の積極的な育児参加と第二子・第三子出生との間に関連が見られた。
  79. Kato T, Yorifuji T, Yamakawa M, Inoue S: National data showed that delayed sleep in six-year-old children was associated with excessive use of electronic devices at 12 years. Acta Paediatrica  2018;
    6歳時点での就寝時間と12歳時点でのメディア機器(携帯メール・テレビ・ゲーム機器)の使用時間との間に関連が見られた。
  80. Kato T: Associations of gender role attitudes with fertility intentions: a Japanese population-based study on single men and women of reproductive ages.Sexual&Reproductive Healthcare  2018;
    日本全国の未婚の男性および女性において、収入・家事・育児に関する性別役割分担意識と出生意欲との間に関連が見られた。