国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

「コロナ×こどもアンケート」第4回調査報告

国立成育医療研究センターの社会医学研究部・こころの診療部を中心としたグループ「コロナ×こども本部」は2020年11月~12月に実施した「コロナ×こどもアンケート」第4回調査の全体報告をまとめました。第4回調査では、こどもたちの心の健康・悩みに着目して調査を行い、全国のこどもや保護者あわせて4,629名にご協力いただきました。
今回の調査では、小学4年生以上の15%~30%のこどもに中等度以上のうつ症状がありました。
なお、第4回調査の報告書全文は、国立成育医療研究センター「コロナ×こども本部」のページで公開しています。
コロナこども第4回の画像

プレスリリースのポイント

  • コロナ×こどもアンケート第4回調査には、全国のこども924名、保護者3,705名、計4,629名の方々にご協力いただきました。
  • 回答した小学4~6年生の15%、中学生の24%、高校生の30%に、中等度以上のうつ症状がありました(PHQ-A注1日本語版を使用して調査)。
  • 小学4年生以上のこどもの6%が「ほとんど毎日」自殺や自傷行為について考えた(「死んだ方がいい、または自分を何らかの方法で傷つけようと思った」)と回答しました。
  • 回答した保護者の29%に中等度以上のうつ症状がありました(PHQ-9注2日本語版を使用して調査)。

本件に関する取材連絡先

国立成育医療研究センター 企画戦略局 広報企画室

03-3416-0181(代表)

koho@ncchd.go.jp

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


※医療関係者・報道関係者以外のお問い合わせは、受け付けておりません。