国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

概要

沿革

1965(昭和40)年「国立小児病院」(世田谷区太子堂)として、わが国初めての小児専門病院がスタート、1985(昭和60)年には研究部門として「小児医療研究センター」を併設し、さらに2002(平成14)年3月、国立大蔵病院と統合して母性を加え、「国立成育医療センター」としてわが国5番目の国立高度専門医療センターと発展しました。
太子堂に残っていた研究所は2004(平成16)年10月に大蔵の地に移転し、名実ともの臨床研究を推進する組織となりました。約8万m2の敷地の中に12階建ての病院と向かい合って、1本の橋で結ばれた地上9階建て、延べ床面積1万6千m2の鉄骨鉄筋コンクリート造り建物が研究所です。
2013年8月にはバイオバンク棟が増築完成しました。

人材

本研究所では、所長、副所長、研究部長、室長、研究員、連携大学院生、技師の他、大学、企業、外国からの共同研究員を含む150名以上が研究活動を展開しています。基礎生物学者、さまざまな診療科の医師研究者、社会医学研究者、データサイエンテイストなどがそれぞれの専門知識を生かして活躍し、大きな成果を挙げています。

研究部・室

業績

取り組み