国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

消化管アレルギー


消化管アレルギーとは

消化管アレルギーってなに?

消化管アレルギーは、1990年代の終わりころから、急増している食物アレルギーの1つです。年齢としては生まれたばかりの新生児期・乳児期での発症が多いですが、その他の年齢層でもみられます。原因となる食物(粉ミルクなど)を摂取してから、しばらくして(短くて1-2時間後、長いと数日後)嘔吐や血便、ひどい下痢などが起こります。他の症状がみられず体重が増えないだけの場合もあります。

通常のアレルギー検査(血液検査や皮膚プリック検査)では診断できないことが多いため、診断が難しいです。さらに、炎症性消化管疾患である好酸球性胃腸炎も小児から成人にかけて患者数が増えています。当センターではこれまでの診療経験を活かして、院内の他の診療科や全国の専門施設とともに新たな診断・治療法の開発に中心的な役割を担っています。

消化管アレルギーの検査・診断

消化管アレルギーの確定診断のためには①原因食物の負荷試験による症状の有無を確認②消化管組織検査により他疾患の除外や消化管炎症の主体となる好酸球増加、のいずれか1つを満たすことが必要になります

消化器症状や体重増加不良からこの疾患を疑う場合、はじめに他の疾患が考えられないか鑑別をしっかり行うことが大変重要になります。そのためには血液検査、便粘液細胞診(好酸球の有無)、便検査や画像診断、状況によっては消化器内視鏡検査を行っていくことになります。

しかし全身状態が不安定である、又は他に治療が優先される病気があり、すぐに確定診断をつけることが困難な場合は、先に治療(疑われる食物除去、代替栄養剤使用)を開始し症状が改善するかどうかを観察することが大切です。このような場合、症状改善後や体重増加がしっかり確認できた段階で負荷試験(2週間程度、原因として考えられる食物の連日摂取)の実施を考えていくことになります。


国立成育医療研究センターアレルギーセンター 消化管アレルギーの診療方針

原因と思われる食物を除去し、症状が改善し体重増加がえられるか確認することになります。新生児・乳児においては牛乳アレルギーを疑う場合は、高度加水分解乳やアミノ酸乳といった栄養剤を代わりに使用します。不足しがちな栄養素は適宜おぎなっていくことになります。症状が重症な場合は哺乳や食事を中止し、輸液による栄養管理・治療を行います。

好酸球性胃腸炎は多種類の食物を除去することで胃腸の炎症を鎮静化し、その後原因食物の探索を入院で行っています。