国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎ってなに?

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アトピー性皮膚炎では、皮膚の“バリア機能”(外界のさまざまな刺激、乾燥などから体の内部を保護する機能)が低下していることが分かっています。そのため、外から抗原や刺激が入りやすくなっており、これらが免疫細胞と結びつき、アレルギー性の炎症を引き起こします。また、かゆみを感じる神経が皮膚の表面まで伸びてきて、かゆみを感じやすい状態となっており、掻くことによりさらにバリア機能が低下するという悪循環に陥ってしまいます。

アトピー性皮膚炎の診断

アトピー性皮膚炎の診断には、国内外の様々な診断基準が用いられています。当科では、英国のガイドラインや世界的な疫学研究で使用されている下記のUKWP(The U.K. Working Party)の診断基準を用いています。

UKWPの診断基準

大基準(1)と3項目以上の小基準(2)を満たすものをアトピー性皮膚炎と診断する。

  1. (1) お子さんは皮膚がかゆい状態である。または、両親から子どもが皮膚を引っかいたり、こすったりしているという報告がある。
  2. (2)
    1. ① お子さんはこれまでに肘の内側、膝の裏、足首の前、首のまわり(9歳以下は頬を含む)のどこかに皮膚のかゆい状態がでたことがある。
    2. ② お子さんは喘息や花粉症の既往がある。または、一等親以内に喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の既往がある。
    3. ③ 過去12か月の間に全身の皮膚乾燥の既往がある。
    4. ④ 関節の内側の湿疹(3歳以下は頬・おでこ・四肢外側を含む)が確認できる。
    5. ⑤ 1歳以下で発症している(3歳以下のお子さんにはこの基準を使わない)。

アトピー性皮膚炎の検査

アトピー性皮膚炎の状態を把握する手がかりとして、血液検査を行います。アトピー性皮膚炎に特有の血液検査として、TARCという皮膚の細胞から作られる物質の量を検査するものがあります。これは、湿疹が悪化すると高くなり、良くなると低くなるという特徴があり、アトピー性皮膚炎の状態を表す指標として用いられます。また、特異的IgE抗体検査を行うことにより、ダニやカビ、ペットなど、以下の悪化要因がどのように関わっているかを検討します。

アトピー性皮膚炎の悪化要因

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因は、1つの要因だけでなく、以下のような様々な要因が重なり合って起こることが多いため、これらの悪化要因の対策を行うことも治療を行う上で大切なことになります。

悪化要因の例

・黄色ブドウ球菌 ・ダニ ・カビ ・汗 ・ペット ・ストレス  など

アトピー性皮膚炎と食物アレルギー

かつては、食物アレルギーがある子がアトピー性皮膚炎を発症すると考えられていました。しかし近年は、湿疹がありバリア機能が低下している皮膚から食物が入り込むことによって、食物アレルギーが発症するという仕組みが分かってきました。

当院で行われ、2016年に発表された研究結果からは、アトピー性皮膚炎のある乳児に対しその湿疹をしっかり治療しながら加熱鶏卵を少量ずつ経口摂取させることで、卵アレルギーの発症を減少させることができることがわかりましたが、アトピー性皮膚炎の治療が十分でなかった場合には効果が低いことがわかりました。このことからも、早い時期から正しい治療を行い、皮膚を良い状態に保つことが大切だといえます。


アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎治療の重要性

アトピー性皮膚炎の症状である「痒み」によって夜十分に眠れないと、身長の伸びが悪くなったり、学校生活で本来の力を発揮できなくなってしまったりすることがあります。顔に症状がある場合には、白内障や網膜剥離といった眼の合併症のため視力に影響が出ることがあります。ご家族の負担や心労も大変大きいものです。適切な治療を早期に行うことによってこのような影響を防ぐことができます。また、重症アトピー性皮膚炎の赤ちゃんでは、全身状態の悪化や、成長・発達への影響から、治療に緊急性を要することもあります。

アトピー性皮膚炎治療の3本柱

アトピー性皮膚炎の治療は、①スキンケア ②薬物療法 ③悪化要因の対策の3つが治療の基本となり、どれも欠かすことができません。正しい治療を行うことで症状をコントロールして、湿疹などの症状が出ない状態にすることができます。

治療の実際

標準的治療の①スキンケア(皮膚の清潔を保ち、うるおいのある状態を保つこと)②薬物治療(皮膚の炎症を抑える治療)③環境整備(環境中の悪化因子をみつけ、可能な限り取り除くこと)の三本柱を中心にした治療により、「寛解導入(症状を改善させ湿疹のないすべすべのお肌にすること)」を行います。

治療前に症状を繰り返しやすかった方は、「寛解導入」後も引き続きプロアクティブ療法(症状が良くなったあとも計画的に抗炎症薬を塗って悪化を防ぐ治療法)により「寛解維持(湿疹のないすべすべのお肌を維持すること)」を行います。薬の使用間隔を患者さんの状態に応じて調整しながら減らすことで、薬の副作用を避けながらこの状態を維持できるようにしていきます。

治療を開始すると、多くの方はすぐに見た目がきれいになります。しかし、目に見えない皮膚の下の炎症は続いていて、この時点で治療をやめてしまうと、すぐに湿疹が再発してしまいます。治療のポイントは、ステロイド外用剤でしっかりと皮膚の炎症を抑えたあと、すぐに治療をやめずに、徐々にステロイド外用剤を塗らない日を増やしていくことで、炎症を抑えた状態を維持することです。

薬物療法の副作用について

ステロイド外用薬の副作用については、「免疫抑制」、「成長障害」、「糖尿病」などを聞いたことがあるかもしれませんが、これらは、外用(塗る)ではなく全身投与(内服や注射)で使用した場合のものです。

また、ステロイド外用薬の使用で皮膚に色素沈着(黒ずんだ色調になること)が起こるのではないかと心配される方も多いのですが、これは薬剤の副作用ではなく皮膚の炎症が長く続いたことによるもので、湿疹の治療により改善します。

ステロイド外用薬を長期に使用すると皮膚が薄くなったり、にきびなどの局所的な副作用が出現したりすることがありますが、当科では薬の使用間隔を患者さんの状態に応じて調整しながら減らすことで、このような副作用を回避します。このためにはスキンケアや環境整備により、アレルゲンや汗などへの対策を十分に行って悪化要因を減らしていく努力も欠かせないのですが、着実に薬剤を減らしながら湿疹のないお肌を維持できるようにします。


国立成育医療研究センターアレルギーセンター アトピー性皮膚炎の診療方針

アトピー性皮膚炎治療の考え方

ガイドラインに基づいた標準的治療を基本とし、信頼性の高い最新の医学的エビデンスを取り入れ患者さん毎に決定します。患者さんとご家族が病気を克服し、QOL(生活の質)を高められることを目標とします。

どんな重症の患者さんも、ステロイド外用薬の副作用を回避しつつ湿疹のないお肌で過ごすことを目指した治療を行います。

患者さんとご家族が正しく効果的なスキンケアの手技を身につけることができるよう、医師と看護師、PAE(小児アレルギーエデュケーター)などのスタッフが分担・協力して支援します。

特に力を入れている診療

アトピー性皮膚炎の患者さんの中には、いろいろな医療機関で診療を受けたにも関わらず、治らないという経験がある方が多くいらっしゃいます。しかし、実際には、外用薬の塗り方が間違っていたり、適切な指導を受けられていなかったりすることも多々あります。当科では、アトピー性皮膚炎に対する正しい知識を伝えるとともに、スキンケアの手技を身につけることができるようにスタッフが協力して支援しています。

また、当科では、重症のアトピー性皮膚炎で、成長障害や電解質異常をきたしてしまった患者さんの診療経験も豊富です。そのような方々も、しっかりと時間をかけて治療を行うことで、皮膚を良い状態にコントロールすることが出来ます。

短期教育入院

アトピー性皮膚炎の患者さん(原則として未成年)を対象としており、2018年1月現在、土~日曜日にかけての1泊2日のスケジュールでスキンケアの指導、生活リズムや環境整備などについての面談を行っています。外来受診された際にお問い合わせください。

治療の継続のために

アトピー性皮膚炎の治療は毎日続ける必要があるため、お子さんがいやがる場合や、掻く行動が繰り返される場合(習慣的掻破行動)には困難なこともあります。このようなとき、周囲の環境やご家族など大人の対応を変えることで解決策を見いだせることがあります。当科では応用行動分析(行動療法)に基づいた解決策を一緒に考えていきます。

お急ぎの場合

全身に皮膚炎が広がる、かゆみのために眠れない・学校に行けないなど重症で緊急性が高い場合には早めに予約をいたします。予約センターへ直接ご連絡いただくか、かかりつけの医療機関までご相談ください。