国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

医療関係者の方へ


患者紹介・医療連携

アレルギーセンターでは医療連携を重視し、他の医療機関等からの患者さんの紹介を積極的に受け入れています。疾患の重症度が高く、通常の治療ではうまくいかない症例を始め、環境要因、社会心理学的要因、アドヒアランスなどが問題で、コントロール不良になってしまう症例など、お困りの患者がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

通常のご紹介

当院では初診も事前予約制です。患者さんに診療情報提供書(紹介状)を渡して、ご自身で電話予約をするようにお伝えください。初診日は疾患、年齢によって異なります。詳細につきましては予約センターにお尋ねください。(現状では疾患により初診の予約に数か月かかることもあります。)

早めに受診(入院)が必要な場合

医師の診断により早めに受診が必要な場合には、医療機関から医療連携室に直接ご連絡いただければ予約を早めにとることができます。緊急入院を要すると思われる重症な患者さんの場合にも、まずは医療連携室にご連絡ください。

ご紹介後の医療連携について

ご紹介いただいた患者さんについては当科での診断、治療を行うと同時に、必要に応じて紹介元の先生方にも診療をお願いしております。(症状悪化時の対応、処方薬不足時の追加処方など)紹介した患者さんの経過などご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

さらに患者さんの症状が改善して長期的な治療方針が決定し安定した状態になりましたら、紹介元や近隣の医療機関への転院をお願いしております。重症でお困りの小児患者さんを速やかに診察するという当センターの使命をご理解いただき、ご協力いただければ幸いです。なお経過中に症状の悪化や再燃がある場合には、患者さんが電話で当科の再診の予約を取ることができます。

アレルギー科在籍医師がいる医療機関一覧

これまで当院アレルギー科に在籍していた医師が現在勤務している医療機関一覧です。医療連携にお役立てください。


教育研修プログラム

小児科医師向け食物アレルギー研修プログラム

当科では、2013年から全国の小児科医師を対象に2週間の食物アレルギー研修を開催し、これまでに70名以上の先生方にご参加いただきました。

研修内容には、食物経口負荷試験、皮膚テストの実践、食物アレルギーに合併するアトピー性皮膚炎のスキンケア指導などの内容が含まれております。

例年、当年度の研修参加者の募集は4-5月ごろに行っております。募集要項、研修プログラムの内容の詳細につきましては、当ホームページ「お知らせ」にあります【食物アレルギーの診断治療に関する研修プログラムへの参加者募集】 のご案内をご覧ください。多数の先生方のご参加をお待ちしております。

お問い合わせ・ご連絡は事務局 allergy@ncchd.go.jp までお願いいたします。