厚生労働省事業 妊娠と薬情報センター

お問い合わせ : 03-5494-7845

  • 妊娠と薬情報センターTOPページ
  • 妊娠と薬情報センター概要
  • 相談内容・方法
  • ママのためのお薬情報
  • 調査ご協力のお願い
  • 医療関係者向け情報

ママのためのお薬情報

  • 授乳と薬
  • インフルエンザのワクチン・薬情報
  • 妊娠中・授乳中のお薬Q&A

授乳とお薬

 母乳には多くの良い点があることが知られています。このため赤ちゃんを母乳で育てたいと望まれるお母さんはたくさんいらっしゃいます。それでも、お母さんがお薬を使用している場合は、赤ちゃんへの影響が気になるところです。

 世の中には本当に多くのお薬がありますが、お母さんがお薬を使用すると、ほとんどのお薬は母乳中に移行するといわれています。でも、ほとんどのお薬は、「母乳中に移行するけれども、その量は非常に少ない」ことが知られています。

 ですから、お薬を飲んでいるお母さんが必ずしも母乳をあげることをあきらめなくてはいけないわけではないですし、また母乳をあげるために必ずしもお薬をやめる必要はありません。個々のお薬についての十分な情報をもとに、主治医の先生と相談しながら決めていくことが大切です。 詳しくはこちらをご覧下さい


授乳とお薬についての情報として、2つの表(「安全に使用できると思われる薬」「授乳中の治療に適さないと判断される薬」を用意しましたので、下記の注意事項を十分に確認の上でご利用ください。


  • ・授乳中の影響について作成された表です。(妊娠中のお薬の影響とは異なります)
  • ・「安全に使用できると思われる薬」は、これまでの科学的な情報をもとに評価を行い、授乳期でも安全に使用できると考えられる薬です。
  • ・「授乳中の治療に適さないと判断される薬」は、病気とお薬を比べて考えると、明らかに授乳期の治療に適さないと判断される薬です
  • ・この表に記載されていないお薬は、すべて適さないお薬でもありませんし、すべて安全なお薬でもありません。
  • ・抗悪性腫瘍薬については情報が非常に限られていること、また適応疾患が悪性腫瘍であることから、短いコメントで評価をつけることは難しく、誤解を生むおそれがあるため、表にはしていません。同様に免疫抑制剤についても表にはしていません。
  • ・自己判断ではなく、必ず医師と相談して、お薬の使用や中止を決めることが大切です

  • 授乳中に使用しても問題ないとされる薬の代表例

医学は日々進歩しています。これからの研究によって、授乳とお薬に関する情報が変わることもあります。私たちは常に最新の情報をもとに、今後も改訂を行っていく予定です。

ご自分で使用されているお薬の成分名がわからない場合には、医薬品医療機器総合機構のホームページをご利用ください。

▲ ページ上部に戻る