国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

社会医学研究部

研究部紹介

社会医学研究部は、複数の疫学研究手法を用いて、胎児期から幼少期の環境が小児及び成人期の健康に与える影響を調べています。主に、小児期や子育て家庭における各種疾患や社会的困難の原因を追究し、研究から得られた成果から、安心して妊娠・子育てできる環境を社会に提案することを目標としています。

当研究部の構成員は疫学、統計学、社会学、遺伝学、精神保健、栄養学、小児科学、周産期医学、子どもの認知・行動および社会情緒発達等の幅広い専門知識を有しています。このため、全国の大規模な統計情報や医学情報データベース等を活用した研究から、地域レベルでのリクルート・試料採取を行うフィールドワークや記述的な研究まで、多岐にわたる研究手法を用いています。

疫学研究とは、様々なコラボレーションを通して、より質の高いそして代表性の高い研究を遂行していけるものだと、私たちは信じています。


当研究部で2017年6月現在行っている研究は下記の通りです。


研究内容

  • 小児血液腫瘍に関する研究

小児急性リンパ芽球性白血病(ALL)発症に関わる遺伝素因の探索

東京小児がん研究グループ(TCCSG)と協力して、小児ALL患者の疾患発症リスクや臨床経過に関連する遺伝子多型を同定するために、生殖細胞系列のDNAの全ゲノム領域のSNPをタイピングしゲノムワイド関連研究(GWAS)を行っています。 


子どもの血液がんの環境・遺伝的要因に関する疫学研究

母親の妊娠中に胎児がおかれる子宮内の環境、そして出生後の幼少期の環境が、将来、小児血液がんの発症にどのような影響を与えうるかについて、妊娠中や出産後の母親と子どもの生活環境と、母親と子どものが持つ遺伝素因の両方を調べることにより明らかにしています。父母児の生殖細胞系列のDNAを同時に解析することで、母体と子どもの環境要因と遺伝素因がどのように相互作用し小児血液がんの発症に関与しているのかを調べています。


ALL患児の治療反応性に関与する遺伝素因に関する研究

ALL患児の遺伝的な多型を調べ、治療経過や予後に関連するレジストリを構築することで、治療反応性や予後に関連する遺伝子変異を探索し、病態生理の理解や個別化医療の推進に役立てたいと考えています。


  • 小児の栄養状態に関する研究 

DOHaD仮説の検証を主たる目的としている成育母子コホートの研究チームの一員として、妊娠・出産期そして家族の食生活・食習慣及び食への意識が児の成長発達および内分泌代謝機能に与える影響を調べています。(東京大学との共同研究)


  • 社会環境が母子の健康に与える影響

子どもの貧困実態調査と自治体の施策の効果測定

自治体内の小中学生及びその家族を対象として、生活習慣、世帯環境、健康状態を把握し、社会経済的に不利な立場にある世帯や子どもへの効果的な政策や支援の評価と検討を行っています。(東京都足立区および東京医科歯科大学との共同研究)


動機づけ面接法を用いた介入研究

乳幼児の正常な発達の促進や虐待予防施策の評価及び検討、また、支援を受けることに消極的な方へ特に効果的な動機づけ面接法を用いた介入研究を自治体と共同で行っています。


肥満児に対する介入研究と小児データの解析

東京都世田谷区において、肥満児に対する社会的認知理論に基づく父親に重点を置いた家族介入プログラム(非対面版)の有効性評価:無作為化比較試験を実施しています。また、小児生活習慣病予防検診に関するデータ解析も行っています。



  • 母子保健領域の大規模縦断研究情報を用いた研究

厚生労働省の21世紀出生児及び成年者縦断調査等の全国データを用いて、日本の成育環境の問題点を検証し、産み育てやすい環境を整えるための研究を行っています。

厚生労働省による市町村における母子保健対策に関する調査データを活用して、どのような市区町村の事業が、子どものけがや親の子育て困難感や乳幼児の正常な発達・虐待予防に関連があるのかを検討しています。(山梨大学および東京大学との共同研究)

環境庁によって行われているエコチル調査データを活用して、妊娠中の生活習慣および栄養が、児の成長発達および内分泌代謝機能に与える影響を調べています。(九州大学との共同研究)

診療報酬(DPC)データベースを用いて、成育領域における各種疾患に対して、小児肥満が重症化や再入院のリスクや、医療経済に与える影響の検討、さらには入院患者のトレンド解析や異なる治療法による治療効果および入院費用を比較する研究を行っています。(東京大学との共同研究)


  • 成育医療領域における“ビッグデータの活用とデータ・リンケージ手法を用いた研究

日本産科婦人科学会、日本小児科学会、日本新生児成育医学会、等の学術団体による全国患者レジストリ、厚生労働省による各種母子保健関係調査等を、統計学的手法を用いて個票単位で連結し包括的なデータベースを作成し利活用することで、単独のデータベースでは得られない医学的及び医療政策的な知見を創出すること、また公的統計の妥当性の検証やデータベース同士の包括的利用の手法を確立することにより、今後の研究基盤構築への貢献を目的とした研究を行っています。このデータを活用した、周産期および小児期の健康指標に関係する因子を解明する研究を複数行っているのみならず、国際比較研究や他研究とのプール解析等の国際共同研究なども積極的に行っています。(各種学術団体との共同研究)

スタッフ

社会医学研究部

行動科学研究室

ライフコース疫学研究室


研究員

  • 三瓶 舞紀子
  • 大久保 祐輔
  • 田中 久子

研究補助員

  • 関口 倫子
  • 中野 弘美
  • 鮎川 洋子

共同研究員

  • 小川 浩平
  • 鈴木 朋
  • 半谷 まゆみ
  • 安藤 恵美子
  • 伊藤 淳
  • 山本 依志子
  • 雨宮 愛理
  • 安達 絵美
  • 馬場 幸子
  • 小林 実夏
  • 佐田 みずき
  • 谷 友香子
  • 原田 正平
  • 相田 潤
  • 山中 龍宏
  • 本多 由紀子
  • 可知 悠子
  • 森田 彩子
  • 村上 洋子
  • 大澤 万伊子
  • 平本 有里

業績

2017

1.      Kobayashi M, Jwa SC, Ogawa K, Morisaki NFujiwara T: Validity of food frequency questionnaires to estimate long-chain polyunsaturated fatty acid intake among Japanese women in early and late pregnancy. Journal of Epidemiology 2017 Jan; 27(1): 30-35

2.      Okubo Y, Nochioka K, Sakakibara H, Marcia T, Robert P Sundel: National survey of pediatric hospitalizations due to Kawasaki disease and coronary artery aneurysms in the USA. Clinical Rheumatology 2017 Feb;36(2):413-419.

3.      Chibueze C, Tirado V, Silva Lopes K, Yo T, Balogun OO, Swa T, Dagvadorj A, Nagata C, Morisaki N, Ota E, Mori R, Oladapo OT, Menedez C. Zika virus infection in pregnancy: a systematic review of disease course and complications. Reproductive Health 2017 Feb;14(1):28. doi: 10.1186/s12978-017-0285-6.

4.      Kato T, Yorifuji T, Yamakawa M, Inoue S, Doi H, Eboshida A, Kawachi I (2017). Associations of Maternal Age with Child Health: A Japanese Longitudinal Study. PLoS One 2017 Feb 24;12(2):e0172544. D

5.      Hines D, Modi N, Lee SK, Isayama T, Sjörs G, Gagliardie L, Lehtonenf L, Ventog M, Kusuda S, Bassleri D, Mori R, Reichman B, Håkansson S, Darlow B, Adams M, Rusconi M, Feliciano LS, Lui K, Morisaki N, Musrap N, Shah PS: Scoping review shows wide variation in the definitions of bronchopulmonary dysplasia in preterm infants and calls for a consensus. Acta Paediatrica 2017 Mar;106(3):366-374.

Editorial あり: Jobe AH, Bancalari EH. Controversies about the definition of bronchopulmonary dysplasia at 50 years. Acta Pediatrica 2017 Mar;106(3):692-693

6.      Okubo Y, Nochioka K, Testa M: Nationwide Survey of Stevens-Johnson Syndrome and Toxic Epidermal Necrolysis in Children in the United States. Pediatric Dermatology 2017 Mar; 34: 206-208.

7.      Delnord M, Hindori-Mohangoo A, Smith L, Szamotulska K, Richards J, Deb-Rinker P, Rouleau J, Velebil P, Sile I, Sakkeus L, Gissler M, Morisaki N, Dolan S, Kramer MR, Kramer MS, Zeitlin J. Variations in very preterm births rates in 30 high-income countries: are valid international comparisons possible using routine data? BJOG: international journal of obstetrics and gynaecology 2017 Apr;124(5):785-794.

Letter to the Editorあり: Filipovic-Grcic B, Rodin U. Croatian experience supporting inclusion of routine very preterm birth data for valid comparison. BJOG 2017 Apr;124(5)

8.      Sasaki H, Kakee N, Morisaki N, Mori R, Ravens-Sieberer U, Bullinger M. Assessing health related quality of life in young Japanese children with chronic conditions: Validation of the DISABKIDS Smiley measure. BMC Pediatrics 2017 Apr 5; 17(1):100

9.      Morisaki N, Kawachi I, Oken E, Fujiwara T. Social and anthropometric factors explaining racial/ethnical differences in birth weight in the United States. Scientific Reports. 2017 Apr 21;7:46657. doi: 10.1038/srep46657.

10.    Ogawa K, Kobayashi M, Jwa SC, Morisaki N, Fujiwara T. Validation of a food frequency questionnaire for Japanese pregnant women with and without nausea and vomiting in early pregnancy. J Epidemiology 2017 May;27(5):201-208.

11.    Ogawa K, Morisaki N, Sato S, Saito S, Fujiwara T, Sago H. Association of shorter height with increased risk of Ischaemic Placental Disease. Paediatric and Perinatal Epidemiology 2017 (author 1 & 2 contributed equally) 2017 May;31(3):198-205.

Editorialあり: Downes KL, Ananth CV. Short Maternal Stature and Increased Risk of Ischaemic Placental Disease: Is the Association Driven by Unmeasured Confounding? Paediatric and Perinatal Epidemiology 2017 May;31(3):206-208

12.  Morisaki N, Zhang X, Ganchimeg T, Vogel J, Zeitlen J, Souza JP, Cecatti JG, Torloni MR, Ota E, Mori R, Tough S, Dolan SM, Kramer MS. Provider-Initiated Delivery and Perinatal Outcomes: A Secondary Analysis of the WHO Multi-Country Survey on Maternal and Newborn Health. BMJ Global Health 2017 May 18. doi: 10.1136/bmjgh-2016-000204.

13.  Chibueze CE, Parsons AJ, Silva Lopes K, Yo T, Swa T, Nagata C, Horita N, Morisaki N, Balogun OO, Dagvadorj A, Ota E, Mori R, Oladapo OT. Accuracy of ultrasound scanning relative to reference tests for prenatal diagnosis of microcephaly in the context of Zika virus infection: a systematic review of diagnostic test accuracy. Scientific Reports 2017 May 23;7:2310. doi: 10.1038/s41598-017-01991-y.

14.   Inoue S, Yorifuji T, Hiroo N, Kato T, Murakoshi T, Doi H, and Subramanian SV: Impact of maternal and paternal smoking on birth outcomes. Journal of Public Health 2016 May 24. pii: fdw050. [Epub ahead of print] 

15.   Kato T, Fujiwara T, Kawachi I: Associations between mothers’ active engagement with infants at 6 months and children’s adjustment to school life at ages 5.5 and 11 years, Child.  Care, Health and Development. 2016 Dec 19. doi: 10.1111/cch.12432. [Epub ahead of print] 

16.  Morisaki N, Ganchimeg T, Vogel J, Zeitlen J, Cecatti JG, Souza JP, Castro CP, Torloni MR, Ota E, Mori R, Dolan SM, Tough S, Mittal S, Bataglia V, Yadamsuren B, Kramer MS. Impact of stillbirths on international comparisons of preterm birth rates: A secondary analysis of the WHO multi-country survey of Maternal and Newborn Health. BJOG: international journal of obstetrics and gynaecology (author 1 and 2 contributed equally) BJOG. 2017 Feb 20. doi: 10.1111/1471-0528.14548. [Epub ahead of print]

Editorial あり:Goldenberg RL, McClure EM. Importance of Including Stillbirth in Measures of Preterm Birth.

17.   Okubo Y, Nochioka K, Testa M. Nationwide survey of pediatric acute osteomyelitis in the USA. Journal of Pediatric Orthopedics B. 2017 Feb 22. doi: 10.1097/BPB.0000000000000441. [Epub ahead of print]

18.   Darlow BA, Lui K, Kusuda S, Reichman B, Gagliardi L, Håkansson S, Bassler D, Modi N, Lee S, Lehtonen L, Vento M, Isayama T, Sjörs G, Helenius KK, Adams M, Rusconi F, Morisaki N, Shah PS. International variations and trends in the treatment for retinopathy of prematurity. British J Ophthalmology 2017 Mar 7. doi: 10.1136/bjophthalmol-2016-310041. [Epub ahead of print]

19.    Zhao Y, Zhang J, Zamora J, Vogel J, Souza J, Ganchmeg T, Ortiz-Panozo E, Hernandez B, Oladapo O, Torloni M, Morisaki N, Mori R, Pileggi C, Tuncalp O, Shen X, Betran APIncreases in caesarean section rates and perinatal outcomes in low- and middle-income countries: a hospital level analysis of two WHO surveys. Paediatric and Perinatal Epidemiology 2017 May 20. doi:10.1111/ppe.12363 [Epub ahead of print]

20.   Nagata C, Moriichi A, Morisaki N, Mori R. Japan's 115-year trend of inter-prefectural disparities in under-five mortality. Pediatrics International 2017 May 23. doi: 10.1111/ped.13304. [Epub ahead of print]

21.   Morisaki N, Nagata C, Jwa SC, Sago H, Saito S, Oken E, Fujiwara T. Pre-pregnancy BMI-specific optimal gestational weight gain for women in Japan. J Epidemiology 2017, doi: 10.1016/j.je.2016.09.013  [Epub ahead of print]

22.   Morisaki N, Ogawa K, Urayama KY, Sago H, Sato S, Saito S. Preeclampsia mediates the association between shorter height and increased risk of preterm delivery. International Journal of Epidemiology 2017, doi: 10.1093/ije/dyx107 [Epub ahead of print]