国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

未熟児網膜症 | 子どもの病気

blue-69724_1280の画像

未熟児網膜症とは

未熟児で、まだ発達途上の眼球内で網膜血管が異常増殖ずる病気です。網膜血管は胎齢14週頃より発生を始め、枝分かれして成長して、30週で完成するのですが、未熟児で出生して、安定した母体から急激に環境が変化すると、網膜の血管は異常な方向に増殖します。これが進行すると、網膜を牽引して網膜剥離を起こし、重篤な視力障害、時には失明にいたります。

            未熟児網膜症の進行過程

血管増殖の発芽の画像
血管増殖の発芽
増殖進行と網膜剥離(青色)の始まりの画像
増殖進行と網膜剥離(青色)の始まり
高度な網膜剥離(青色)の画像
高度な網膜剥離(青色)
未熟児網膜症は、在胎週数・出生体重が少ないほど網膜血管が未熟なので発症率が高く、重症になりやすい傾向があります。近年は、周産期医療の進歩に伴う生存率の向上によって、体重が極端に少ない児が生存できるようになりました。その一方で、重症網膜症が多く見られるようになり、現在は小児の失明原因として第1位となり、全体の40%にも達しています。

未熟児網膜症の治療方針

未熟児網膜症では、どの施設でも、光凝固が標準治療の第一選択として行われます。網膜症は、血管がまだ成長していない無血管領域から血管新生因子が放出されて起こるので、無血管領域凝固して、血管新生因子の放出を減らすことが目的です。
光凝固で治るものも多いのですが、網膜症の活動性が強く、増殖が進み網膜剥離が起こり始めれば、これに対する治療を行わなければなりません。国立成育医療研究センターでは、世界に先駆けて重症網膜症に対する早期硝子体手術を開発しました。93%が治癒率し(全治癒81%、部分治癒12%)、全治癒の67%で0.1弱~0.5(平均0.2)の有用な視力が得られるという、非常に良い成績が得られています。
ただし、手術のタイミングが重要で、重症例では急速に網膜剥離に進行するので、これが起こらないうちに、時宜を逸さないよう早期に手術を行うことが重要です。

国立成育医療研究センターの診療体制

眼科と新生児科(新生児集中治療室)の医師たちがチームを組んで主治医となります。 両診療科の責任者は以下の2名です。

未熟児網膜症の診療実績

重症例(劇症型)に限れば、2004~2011年に57例103眼【女児31例、男児26 例;出生時在胎22~30週 (平均24週);出生体重268~1,676 g (平均706 g), 手術時修正在胎34~44週 (平均37週)】の重症例に対して、早期硝子体手術を行いました。網膜全復位81%、部分復位12%、合計93%の治癒率で、ことに前もって光凝固の前処置が十分に行われていれば、91%で網膜の全復位が、9%で部分復位が得られるという、きわめて良好な成績でした。
今回、網膜が全復位した症例のうち、35 例64 眼 (女児19例、男児16例)で、術後の視力を測定しました。67%で0.08~0.5(平均0.2)の視力が得られました。ことに網膜剥離が起こり始めた早期の的確な時期に手術を行った場合は、全例が良好な視力を得ることができました。
非重症例(緩徐進行型)は月2-3例の手術を行い、さらに良好な成績が得られています。

国立成育医療研究センターの診療のご案内

光凝固を行っても、なお網膜症が進行する場合は、元病院の新生児集中治療室から当センターの新生児集中治療室へ転院となります。移動や手術を行えるかは、患児の全身状態によって大きく異なりますので、両病院の眼科。新生児科で十分な相談を行わなければなりません。まずは、担当医からの当センターの眼科あるいは新生児科へお電話で御連絡ください。 
  • 外来は、すべて予約制ですので、当院で受診される方は『事前予約』が必要です
国立成育医療研究センターでは、事前予約制を導入しております。当院での受診を希望の方は他院からの診療情報提供書(紹介状)をお手元にご用意の上、予約センターで予約をお取りになってからご来院ください(予約取得時に、紹介状の確認をしております)。詳しくは、予約センターにお問い合わせください。

予約センター (直通)

03-5494-7300

月~金9時~17時 (祝祭日を除く)にお電話ください。

※他施設入院中の患者さんへ
  • 当院受診時に他施設入院中の患者さんの診察料は自費扱いとなります。
  • ご家族のみでご来院の場合も、同様の扱いとなります。
  • 他施設で診断され、当院への受診を希望される場合は、主治医の先生と相談し、当院へ紹介していただくようお願い致します。紹介状は、必ずご持参くださいますようお願いいたします。

他の医療機関からの問い合わせ先(患者転院の御依頼)

転院に際して、以下の準備をお願いします。
  • 診療録(必要な情報を含む箇所)のコピー
  • 紹介状(時間的余裕がない場合は結構です。)
  • 血液検査結果、X線検査などの画像検査のコピー