国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

高度先進医療研究室

研究室紹介

胎児・小児期ウイルス感染症の克服を目指して先端的研究を行うとともに、その成果を診断と治療に応用しています。様々な血液疾患の原因となるEBウイルスを主な研究対象とし、疾患モデルの作成を通じて新しい治療法の開発に貢献しています。また、成育医療に関連する多くのウイルスの迅速診断(HSV-1, HSV-2, VZV, CMV, HHV-6, HHV-7, BK virus, JC virus, Parvo virus B19, AdV, HHV-7, HBV, HCV, HTLV-1 etc.)をおこなうとともに高度先進医療の実施と技術開発を目指しています。
EBウイルス関連難治性疾患である慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)やEBV関連血球貪食リンパ組織球症(EBV-HLH)などの病態発現研究を進めるとともに、成育医療関連のウイルス感染症診断法の開発研究を進めています。

○研究室問い合わせ窓口

今留 謙一 imadome-k@ncchd.go.jp

研究内容

  1. EBウイルス関連疾患モデルマウスの作製と応用
    EBウイルスは成育医療の分野において移植後リンパ腫や慢性活動性EBウイルス感染症など多くの難治性疾患の原因になります。EBウイルスにはマウスのような小動物の感染モデルがないため、新しい治療法の評価が困難でした。そこでマウスの細胞の一部をヒト細胞で置き換えたヒト化マウスを応用して、新しいEBウイルス感染モデルマウスを作成し移植後リンパ腫などの病態を再現することに成功しました。このマウスを使って新しい治療薬の有効性や作用機序を解明する研究を行っています。
  2. 小児ウイルス感染症の診断支援
    一部の感染症の診断には専門的な技術と経験が必要とされます。当研究部ではセンター内外から送られてくるサンプルから様々なウイルスを検出し診断支援を行っています。また、検出されたウイルスの量と性状に基づき治療方針決定に関する支援を行っています。特に慢性活動性EBウイルス感染症については、国内の診断センター的役割を果たしています。
  3. 高度先進医療技術の開発
    ウイルス感染症に対する新規治療薬の開発、新規診断法の開発、新規治療法の開発を進めています。

スタッフ

高度先進医療研究室

室員

  • 松田 剛(研究員)
  • 川野 布由子(非常勤研究員)
  • 石川 百合子(非常勤研究員)
  • 高橋 絵都子(実験補助員)
  • 和田 尚美(実験補助員)
  • 森田 繭子(事務補助員)
  • 阿部 淳(共同研究員)
  • 古田 頌子(共同研究員)
  • 西谷 友里(共同研究員)
  • 竹内 結花(共同研究員)
  • 大澤 真央(共同研究員)
  • 田邑 仁美(共同研究員)
  • 清水 咲耶(共同研究員)
  • 岩切 大(共同研究員)
  • 伊藤 玲子(共同研究員)
  • 鈴木 孝典(共同研究員)

業績

2014

  1. The use of serial assessment of disease severity and liver biopsy for indication of liver transplantation in pediatric Epstein-Barr virus-induced fulminant hepatic failure. Nakazawa A., Nakano N., Fukuda A., Sakamoto S., Imadome K., Kudo T., Matsuoka K., Kasahara M. Liver Transpl. 2014 Nov 28.
  2. Evaluation of the immune function assay in pediatric living donor liver transplantation. Fukuda A., Imadome K., Sakamoto S., Shigeta T., Uchida H., Matsunami M., Sasaki K., Kanazawa H. Kawano F., Nakazawa A., Fujiwara S., Kasahara M. Pediatr Transplant. 2014 Nov 23. 
  3. CD137 expression is induced by Epstein-Barr Virus infection through LMP1 in T cells and NK cells and Mediates survival promoting signals. Yoshimori M., Imadome K., Komatsu H., Wang L., Yamaoka S., Fukuda T., Kurata M., Koyama T., Shimizu N., Fujiwara S., Miura O., Arai A. PLoS One. 2014 Nov 19;9(11): e112564. 
  4. Resolution of chronic active EBV infection and coexisting pulmonary arterial hypertension after cord blood transplantation. Onishi Y., Sugimura K., Ohba R., Imadome K., Shimokawa H., Harigae H. Bone Marrow Transplantation  2014 Jun 23. 
  5. Anti-tumor effects of suberoylanilide hydroxamic acid on Epstein-Barr virus-associated T- and natural killaer-cell lymphoma. Siddiquey MN, Nakagawa H, Iwata S, Kanazawa T, Suzuki M, Imadome K, Fujiwara S, Murata T, Kimura H. Cancer Sci. 2014 Apr 8. 
  6. Infectious mononucleosis accompanied by clonal prokiferation of EBV-infected cells and infection of CD8-positive cells. Arai A, Yamaguchi T, Komatsu H, Imadome K, Kurata M, Nagata K, Miura O. Int J Hematol. 2014 May 99: 671-675.
  7. Novel functional small RNAs are selectively loaded onto mammalian Ago1Yamakawa N, Okuyama K, Ogata J, Kanai A, Helwak A, Takamatsu M, Imadome K, Takakura K, Chanda B,Kurosaki N, Yamamoto H, Ando K, Matsui H, Inaba T, Kotani A. Nucleic Acids Res. 2014 Mar 13.
  8. Current studies on chronic active Epstein-Barr virus infection in Japan. Fujiwara S., Kimura H., Imadome K., Arai A., Kodama., E, Morio T., Shimizu N., Wakiguchi H. Pediatr Int. 2014 Feb 16.