国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

第7回天津胆道閉鎖症学会参加報告

副院長 笠原群生


2018年10月13日中国天津市で行われた第7回天津胆道閉鎖症学会に参加して参りました。中国では胆道閉鎖症に対する治療第一選択である葛西式手術の実施率が低く、それに続く肝移植の成績もまだ十分とは言えません。今回は香港・英国からも胆道閉鎖症のエキスパートが参加しており、その原因・治療(葛西手術の方法・肝移植の方法)・長期経過について議論されました。日本で開発された葛西手術は、胆道閉鎖症のお子さんの治療成績を劇的に改善したわが国が誇る外科治療方法の一つです。同様に生体肝移植も日本が世界をリードしてきた領域です。この分野で日本が世界に貢献できることはまだまだ沢山ございます。今後も世界中の胆道閉鎖症の子供達がお元気に過ごせるよう、協力して参りたいと思います。


20181015-1の画像

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)