国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

研究者・企業の方へ Scholar & Enterprise

衛生検査センター

研究室紹介

国立成育医療研究センターの研究所では、小児の稀少な難病やがんに対して、発症原因の解明や治療法確立を目指した研究を行っています。その成果として、私たちが開発した新たな検査法は、迅速で正確な診断や治療反応性の予測に有用であると期待されています。しかし、法律上、診療に必要な検査を医療機関に提供することができるのは、「病院の検査部門」と各都道府県知事等に認可された「衛生検査所」に限られているため、「研究所」で行っている検査を直接医療機関に提供することはできません。また、最先端で需要の少ない検査を一般に普及させるには困難な面があり、相当の時間が必要です。

そこで当センターの研究所では、世田谷保健所に衛生検査所の申請を行い、2019年3月28日に登録、「成育衛生検査センター」を発足させました。これにより、小児の稀少な難病やがんの診療に必要な特殊検査を「研究所」で実施して、直接全国の医療機関に提供することが可能になりました。現在、「成育衛生検査センター」では、小児白血病関連の細胞マーカーや遺伝子異常の検体検査が受託できますが、今後は、稀少遺伝性疾患などに関連する検査についても受託可能となるように充実させていく計画です。

当センター・研究所の最新の研究成果を診療に役立つ検査法としてリアルタイムで提供していくことにより、わが国の成育医療の発展に貢献したいと考えています。


検査内容

細胞性免疫検査/マーカー解析(フローサイトメトリー法)

①白血病・リンパ腫解析検査

白血病やリンパ腫が疑われる患者さんの検体(骨髄液や末梢血等)について、50種類以上の分子の発現(タンパク質など)を調べ、含まれる細胞の性格を詳しく検査します。この結果、腫瘍細胞の有無や、腫瘍細胞が存在する場合にはその精密な病型がわかります。数時間のうちに結果が出るので、迅速な診断が可能です。

②白血病微少残存病変解析

白血病と診断された患者さんの、治療経過に伴って変化する骨髄残存白血病細胞数(割合)を、最大10種類の分子発現の特徴を目印に追跡します。最近の研究で、治療経過中の白血病細胞数の変化は、治療反応性を確認する上で最も有用な指標の1つと報告されており、治療を進める上で重要な検査です。

体細胞遺伝子検査/造血器腫瘍遺伝子検査(定量PCR法)

急性リンパ芽球性白血病キメラ遺伝子スクリーニング

急性リンパ芽球性白血病の約半数の患者さんには、染色体の異常(転座)によって2つの全く別々の遺伝子が1つに融合した‘キメラ遺伝子’が検出されます。キメラ遺伝子には様々な種類があり、それぞれ白血病の発症に関係し、タイプによって治療反応性に差があることが報告されています。「成育衛生検査センター」では、近年新たに発見されたキメラ遺伝子のうち、以下の染色体異常の検査を行っています。これらは、まだ、一般的には普及しておらず、当センターでしか行うことが難しい検査で、将来、治療の選択の上で重要になると予測されます。
ZNF384融合遺伝子(EP300-ZNF384, TCF3-ZNF384, TAF15-ZNF384, EWSR1-ZNF384, CREBBP-ZNF384
MEF2D融合遺伝子(MEF2D-BCL9, MEF2D-HNRNPUL1
Ph-like関連融合遺伝子(P2RY8-CRLF2, EBF1-PDGFRB

急性骨髄性白血病キメラ遺伝子スクリーニング

急性骨髄性白血病でも、様々なキメラ遺伝子が検出され、治療反応性と関連しています。当センターでは、近年新たに報告された以下の異常の検査を行っており、今後さらに検査項目を増やしていく予定です。
NUP98-NSD1
NUP98-KDM5A(JARID1A)
CBFA2T3-GLIS2

DNA aneuploidy 解析(フローサイトメトリー)

白血病の染色体の数の異常を検査します。急性リンパ芽球性白血病の約1/4の患者さんには染色体の数の異常(DNA aneuploidy)があり、大部分は高度高二倍体(染色体本数51本以上)で治療が効きやすいタイプですが、一部は逆に治療が効きにくいタイプの低二倍体(染色体本数44本以下)で、こちらは第一寛解期における造血幹細胞移植の適応が問題になる場合があります。

院内向け検査

上記の検査に加え、国立成育医療研究センター内に限定した細胞性免疫検査として、①末梢血リンパ球表面マーカー解析、②赤血球表面抗原解析、③CD34陽性細胞定量の3つの検査を行っています。


スタッフ

衛生検査センター

  • 清河 信敬(衛生検査センター長、管理者、遺伝子・染色体検査精度管理者、小児血液・腫瘍研究部長併任)
  • 松本 健治(精度管理責任者、免疫アレルギー・感染研究部長併任)
  • 出口 隆生(細胞性免疫検査担当医師、 小児がんセンター小児がん免疫診断科診療部長併任)
  • 大木 健太郎(遺伝子検査担当医師、小児血液・腫瘍研究部分子病理研究室長併任)
  • 在家 裕司(臨床検査技師、小児がんセンター小児がん免疫診断科)
  • 渡部 悟(臨床検査技師、小児血液・腫瘍研究部研究員併任)
  • 松山 朝子(検査補助員)
  • 今井 雅樹(企画経営部研究医療課研究所総務係長、衛生検査センター併任)
  • 大丸 武弘 (企画経営部研究医療課研究所総務係、衛生検査センター併任)
  • 草野晋平(小児血液•腫瘍研究部 共同研究員)
  • 林 三枝(事務補助員)

業績

2019

  1. Ohki K, Kiyokawa N, Saito Y, Hirabayashi S, Nakabayashi K, Ichikawa H, Momozawa Y, Okamura K, Yoshimi A, Ogata-Kawata H, Sakamoto H, Kato M, Fukushima K, Hasegawa D, Fukushima H, Imai M, Kajiwara R, Koike T, Komori I, Matsui A, Mori M, Moriwaki K, Noguchi Y, Park MJ, Ueda T, Yamamoto S, Matsuda K, Yoshida T, Matsumoto K, Hata K, Kubo M, Matsubara Y, Takahashi H, Fukushima T, Hayashi Y, Koh K, Manabe A, Ohara A; Tokyo Children’s Cancer Study Group (TCCSG). Clinical and molecular characteristics of MEF2D fusion-positive B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia in childhood, including a novel translocation resulting in MEF2D-HNRNPH1 gene fusion. Haematologica. 2019 Jan;104(1):128-137.
  2. Nishimura A, Hasegawa D, Hirabayashi S, Kanabuchi S, Yamamoto K, Aiga S, Nishitani M, Hosoya Y, Noguchi Y, Ohki K, Kiyokawa N, Mori S, Manabe A. Very late relapse cases of TCF3-ZNF384-positive acute lymphoblastic leukemia. Pediatr Blood Cancer. [in press]

2018

  1. Ueno-Yokohata H, Okita H, Nakasato K, Hishiki T, Shirai R, Tsujimoto S, Osumi T, Yoshimura S, Yamada Y, Shioda Y, Kiyotani C, Terashima K, Miyazaki O, Matsumoto K, Kiyokawa N, Yoshioka T, Kato M. Preoperative diagnosis of clear cell sarcoma of the kidney by detection of BCOR internal tandem duplication in circulating tumor DNA. Genes Chromosomes Cancer. 2018 Oct;57(10):525-529.
  2. Osumi T, Tsujimoto SI, Tamura M, Uchiyama M, Nakabayashi K, Okamura K, Yoshida M, Tomizawa D, Watanabe A, Takahashi H, Hori T, Yamamoto S, Hamamoto K, Migita M, Ogata-Kawata H, Uchiyama T, Kizawa H, Ueno-Yokohata H, Shirai R, Seki M, Ohki K, Takita J, Inukai T, Ogawa S, Kitamura T, Matsumoto K, Hata K, Kiyokawa N, Goyama S, Kato M. Recurrent RARB Translocations in Acute Promyelocytic Leukemia Lacking RARA Translocation. Cancer Res. 2018 Aug 15;78(16):4452-4458.
  3. Takahashi H, Kajiwara R, Kato M, Hasegawa D, Tomizawa D, Noguchi Y, Koike K, Toyama D, Yabe H, Kajiwara M, Fujimura J, Sotomatsu M, Ota S, Maeda M, Goto H, Kato Y, Mori T, Inukai T, Shimada H, Fukushima K, Ogawa C, Makimoto A, Fukushima T, Ohki K, Koh K, Kiyokawa N, Manabe A, Ohara A. Treatment outcome of children with acute lymphoblastic leukemia: the Tokyo Children's Cancer Study Group (TCCSG) Study L04-16. Int J Hematol. 2018 Jul;108(1):98-108.

2017

  1. Hirabayashi S, Ohki K, Nakabayashi K, Ichikawa H, Momozawa Y, Okamura K, Yaguchi A, Terada K, Saito Y, Yoshimi A, Ogata-Kawata H, Sakamoto H, Kato M, Fujimura J, Hino M, Kinoshita A, Kakuda H, Kurosawa H, Kato K, Kajiwara R, Moriwaki K, Morimoto T, Nakamura K, Noguchi Y, Osumi T, Sakashita K, Takita J, Yuza Y, Matsuda K, Yoshida T, Matsumoto K, Hata K, Kubo M, Matsubara Y, Fukushima T, Koh K, Manabe A, Ohara A, Kiyokawa N; Tokyo Children’s Cancer Study Group (TCCSG). ZNF384-related fusion genes define a subgroup of childhood B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia with a characteristic immunotype. Haematologica. 2017 Jan;102(1):118-129.

2015

  1. Ueno-Yokohata H, Okita H, Nakasato K, Akimoto S, Hata J, Koshinaga T, Fukuzawa M, Kiyokawa N. Consistent in-frame internal tandem duplications of BCOR characterize clear cell sarcoma of the kidney. Nat Genet. 2015 Aug;47(8):861-3.
  2. Gocho Y, Kiyokawa N, Ichikawa H, Nakabayashi K, Osumi T, Ishibashi T, Ueno H, Terada K, Oboki K, Sakamoto H, Shioda Y, Imai M, Noguchi Y, Arakawa Y, Kojima Y, Toyama D, Hata K, Yoshida T, Matsumoto K, Kato M, Fukushima T, Koh K, Manabe A, Ohara A; Tokyo Children’s Cancer Study Group. A novel recurrent EP300-ZNF384 gene fusion in B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia. Leukemia. 2015 Dec;29(12):2445-8.

2014

  1. Kiyokawa N, Iijima K, Tomita O, Miharu M, Hasegawa D, Kobayashi K, Okita H, Kajiwara M, Shimada H, Inukai T, Makimoto A, Fukushima T, Nanmoku T, Koh K, Manabe A, Kikuchi A, Sugita K, Fujimoto J, Hayashi Y, Ohara A. Significance of CD66c expression in childhood acute lymphoblastic leukemia. Leuk Res. 2014 Jan;38(1):42-8.