代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

里帰り分娩を希望される方へ

当センターでは、里帰り分娩(妊娠30週前後までの妊婦健診を他病院で受けていただき、それ以降の妊婦健診と分娩管理を当センターで行う)の受け入れを行っています。転院に伴う診療情報の伝達をスムーズに行い、情報漏れによるトラブルを防止するために下記の注意事項がありますのでご留意下さいますようお願いいたします。

注意事項

1回目の受診について

  • 妊娠16週までに分娩予約のため当センターを一度受診していただきます。日時が近づいてまいりましたら下記の予約センターにご連絡のうえ、受診の予約をお願いいたします。

2回目の受診について

  • 当センター1回目の受診以後は近隣の病院で妊婦健診を受けていただけますが、2回目の受診日は妊娠34週6日以前とさせていただきます。
  • 【過去に帝王切開・子宮手術をされた方】2回目の受診日は妊娠32週6日までとさせていただきます。
  • 【胎盤の位置異常(前置胎盤、低置胎盤)を伴う方】2回目の受診日は妊娠30週6日までとさせていただきます。
  • 【その他の妊娠中の合併症が判明した方(子宮内胎児発育遅延や切迫早産など)】2回目の受診日は個別に判断いたしますので、かかりつけ医から当センターへご連絡いただくようお伝え下さい。なお、妊娠糖尿病については軽度であれば通常通りの再診日で問題ありません。

検査等について

  • 妊娠初期には通常、採血検査を行いますが、検査項目については病院ごとに異なります。2回目の受診(妊娠30週頃)の受診時に前医の診療情報提供書を確認の上、追加で検査した方がよいと判断した項目については追加で採血検査を行います。分娩予約のため1回目に受診していただいた際には採血はありません。
  • 当センターでは、通常妊娠20週と30週に胎児スクリーニング超音波検査(30分程度かけて、超音波で判断可能な胎児の先天性疾患を詳細にチェックする検査)を行っています。当センターでは、できるだけこの検査を一度は受けていただきたいと考えており、1回目の受診時に妊娠20週前後での検査予約をご提案しています。タイミングが難しければ妊娠20-30週の間のどこかで検査を行うことも可能です。一般に後期になると胎児超音波を用いて詳細な部位のチェックが困難になるため、2回目の受診前に一度スクリーニングのための受診をお勧めしています。
    ※2回目の受診日同日にスクリーニング検査を受けることは、当センターのシステム上お受けできません。
  • 2回目の受診日には助産師外来を同時にお受けいただきます(予約センターで予約可能です)。

その他

  • 無痛分娩も可能です。無痛分娩をご希望の方は2回目の受診後に麻酔科医師と面談していただきます。
  • 2回目の受診前に妊娠高血圧症候群や重度の切迫早産などが判明した場合には、NICU(新生児集中治療室)の受け入れに限りがあるため、他の周産期センターに管理を依頼する場合があります(2回目の受診前の救急搬送などにつきましても、他病院に依頼することがあります)。
  • 当センターでの出産についてHPを適時更新しておりますので、ご参考になさってください。

ご予約の際は「里帰り分娩希望」とお伝えください。

国立成育医療研究センター 産科予約センター

03-5494-8141

月~金曜日(祝祭日を除く) 9時〜17時



ページトップへ戻る