国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > プレスリリース
  • > 2020
  • > 全国約10万人、初めての全国レベルでの大規模追跡調査で 乳幼児のアレルギー症状・疾患の実態や推移が明らかに

全国約10万人、初めての全国レベルでの大規模追跡調査で 乳幼児のアレルギー症状・疾患の実態や推移が明らかに

 子どもの健康と環境に関する全国調査(以下、エコチル調査)のメディカルサポートセンターである、国立成育医療研究センター(住所:世田谷区大蔵2-10-1 理事長:五十嵐隆)の大矢幸弘、山本貴和子らの研究チームは、全国約10万人のデータを用いて妊娠中から3歳児までを追跡調査し、アレルギー疾患・症状の実態や推移、アレルギーマーチ(アレルギー疾患・症状の併存)を明らかにしました。


研究結果

即時型食物アレルギー

  • 即時型食物アレルギー(原因となる食物を食べてすぐに症状が現れる)は、保護者の回答では、1歳時7.6%、2歳時6.7%、3歳時4.9%でした。
  •  最も多いのが鶏卵アレルギー、次いで、牛乳、小麦アレルギーでした。
  •  生後6か月までに鶏卵早期摂取開始したのは6.2%のみでした。(論文TableS2)

近年増加の消化管アレルギーについて

  • 1歳半までに消化管アレルギーは1.4%の子どもで認められました。(論文Table2)
  • 原因食物は鶏卵、牛乳、大豆の順番で多くなっていました。(論文Table2)

湿疹、アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎などの経時的変化

  • 16.8%の保護者は1歳時に湿疹ありと回答しましたが、4.0%のみが医師にアトピー性皮膚炎と診断されました。本当はアトピー性皮膚炎があるはずが、過小診断されている可能性があります。
  • 喘息症状の喘鳴により週に1回以上の睡眠障害がある方は年齢により1.7~2.9%に認められました。
  • 2歳以上になると約1/4以上の子どもに感冒(風邪)ではない鼻炎症状がありました。

発表論文情報

著者:山本貴和子1) 2)、朴慶純3)、齋藤麻耶子1) 2)、佐藤未織1) 2)、羊利敏1) 2)、苛原誠1)2目澤秀俊1)、佐々木八十子1)、西里美奈保1)、石塚一枝1)、大矢幸弘1) 2)

所属:1)国立成育医療研究センター エコチル調査メディカルサポートセンター 2)国立成育医療研究センター アレルギーセンター 3)国立成育医療研究センター 臨床研究センター

題名:Allergy and Immunology in young children of Japan: The JECS cohort

掲載誌:World Allergy Organization Journal
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1939455120303823

本件に関する取材連絡先

国立成育医療研究センター 企画戦略局 広報企画室

03-3416-0181(代表)

koho@ncchd.go.jp

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


※医療関係者・報道関係者以外のお問い合わせは、受け付けておりません。