国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > プレスリリース
  • > 2017
  • > 遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を介した “次世代産後ケア”の臨床研究を産学官で開始

遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を介した “次世代産後ケア”の臨床研究を産学官で開始

栄区母子小児医療相談研究:SIMPLE Study(シンプル・スタディ)
お母さんの不安解消とお子さんのより健やかな成長のために、産後早期からスマートフォン等で小児科医との相談を行う臨床研究

国立成育医療研究センター政策科学研究部では、お母さんの不安解消とお子さんのより健やかな成長のために、産後早期からスマートフォン等で小児科医との相談を行う臨床研究「自治体における母の産後不安と児の皮膚状態に対する小児遠隔医療相談の有用性に関するランダム化比較試験(栄区母子小児医療相談研究):Sakae Infants and Mothers with Pediatric teLEconsultation study, SIMPLE Study(シンプル・スタディ)」を平成29 年11 月1 日より開始します。

プレスリリースのポイント

  • 産後早期からスマートフォン等で小児科医と相談できることで、お母さんの不安が解消されるかどうか、お子さんがより健やかに成長できるかどうかを明らかにします。
  • 国立成育医療研究センター政策科学研究部が計画し、株式会社Kids Public が小児遠隔医療相談サービスとして「小児科オンライン」を提供し、横浜市栄区で実施する、産学官による取り組みです。
  • ランダム化比較試験の手法でスマートフォン等による小児科医との相談の効果を検証する試みは国内初であり、次世代的な産後ケアの新たな可能性を広げる研究です。

栄区母子小児医療相談研究(SIMPLE Study)の流れ
SIMPLE Study流れの画像

背景・目的

本研究では、出産直後よりお母さんが自宅など都合のいい場所で、スマートフォンなど使い慣れた機器を用いてインターネットを介し、直接小児科医にお子さんの健康や育児について無料で気軽に相談できるようにします。
産後うつや虐待のリスク回避に重要とされる産後早期から、お母さん・お子さんと小児科医のつながりができることで、お母さんの産後の不安を解消することが期待されるため、この研究ではその効果を検証します。
また、産後早期のお子さんのスキンケアはとても重要で、近年適切なスキンケアでアトピー性皮膚炎が予防できるという報告もあり、この研究でも相談によりお子さんの皮膚状態が改善するかどうかを含め、お子さんの健康状態についても検証します。

研究にご協力いただきたいお母さん

平成29 年11月1日から平成30 年3 月31 日までに横浜市栄区に出生連絡票を提出されるお母さんとお子さんで、当該臨床研究にご参加いただける方を募集します。皆様のご協力をお待ちしております。(一部の方は登録できない場合がございます。詳しくは研究事務局までお問い合わせください。)

臨床研究の方法

出産後のお母さんとお子さんに小児遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」(株式会社Kids Public 提供)を「前半:研究参加時~生後4 か月0 日まで」か「後半:生後5 か月0 日~生後8 か月0 日まで」のいずれかの期間に無料でご利用いただきます。どちらの期間になるかは、コンピューターのプログラムで決定します。4 か月健診時の診察・アンケートおよび研究終了時のアンケートで、お母さんとお子さんの状態を確認します。

費用

小児科オンラインのサービスは、株式会社Kids Public より無償提供されるため、無料でご利用いただけます。ただし、ご利用の際に発生する通信・通話料金は各自のご負担となります。
研究へ参加される方には本研究への協力に対して参加協力費として、研究終了時にAmazon ギフト券500 円分を提供致します。

研究に関するお問い合わせ

国立成育医療研究センター政策科学研究部 SIMPLE Study 研究事務局(研究責任者 安藤友久)
(お申し込みは横浜市栄区こども家庭支援課の窓口のみでのご案内となります。)

研究協力機関

  • 横浜市栄区:妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援活動や、セーフコミュニティの取組を通じた児童虐待予防活動にも力を入れています。
  • 株式会社Kids Public:「子育てにおいて誰も孤立しない社会の実現」を理念とし、インターネットを通じて子どもの健康や子育てに寄り添うため、小児医療相談サービス「小児科オンライン」や小児医療メディア「小児科オンラインジャーナル」を提供しています。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)