国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

患者・ご家族の方へ Patient & Family

患者・ご家族の方へ Patient & Family

当院の母乳育児支援方針

母乳育児支援の方針

私たちは1989年にWHO/UNICEFが共同声明として発表した「母乳育児成功のための10か条」に基づいて母乳育児を推進しています。

「母乳育児成功のための10か条」

1989年 WHO/UNICEFによる母乳育児確立のための産科スタッフの行動指針
  1. 母乳育児について基本方針を文書にし、関係するすべての保健医療スタッフに周知徹底しましょう
  2. この方針を実践するのに必要な技能を、すべての関係する保健医療スタッフトレーニングしましょう
  3. 妊娠した女性すべてに母乳育児の利点とその方法に関する情報を提供しましょう
  4. 産後30分以内に母乳育児が開始できるよう、母親を援助しましょう
  5. 母親に母乳育児のやり方を教え、母親と赤ちゃんが離れることが避けられない場合でも母乳分泌を維持できるような方法を教えましょう
  6. 医学的に必要でないかぎり、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう 
  7. 母親と赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施しましょう
  8. 赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけの授乳を勧めましょう
  9. 母乳で育てられている赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう
  10. 母乳育児を支援するグループづくりを後援し、産科施設の退院時に母親に紹介しましょう
ただし母子の状態によっては不可能な場合もあります。その場合にも母子の健康を守れるよう支援を行います。