国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

国立成育医療研究センターについて About National Center for Child Health and Development

国立成育医療研究センターについて About National Center for Child Health and Development

事業内容

目的

未来のこども達に抗菌薬を残すための取り組み

プロジェクト① ナショナルデーターベースを利用しての疫学研究(国内大規模調査)

こどもに対しての抗菌薬の使用量、使用実態調査をおこないます。

プロジェクト② モデル地区事業

抗菌薬の適正使用を先進的に取り組んでいる小児感染症科を有する3つの施設とその周囲の地域と連携し、モデル地区を設置し、地域で安全に抗菌薬適正使用を行っていくための研究事業をおこないます。

プロジェクト③後方視的検討

抗菌薬適正使用が安全に正しく行われるように、抗菌薬が本当に必要なこどもへの見極めができるような指標づくりもあわせて行っていきます。

救急外来における内服抗菌薬処方の動向

日本では抗菌薬の処方量全体のうち、外来における内服抗菌薬が9割を占めるとされています。小児科の外来では、本来抗菌薬がほとんど不要な風邪や胃腸炎などの感染症に対して多くの抗菌薬が処方されていることもわかっています。当院では救急外来において気道感染症や消化器感染症が疑われる患者さんに抗菌薬が処方されている割合をモニタリングしています。

救急外来における内服抗菌薬処方の動向の画像

スタッフ

研究代表者

共同研究者

  • 東京都立小児総合医療センター 感染症科 堀越 裕歩
  • 兵庫県立こども病院    感染症内科 笠井 正志

研究協力者

  • 国立成育医療研究センター 感染症科 木下 典子
  • 国立成育医療研究センター 感染症科 宇田 和宏
  • 兵庫県立こども病院   感染症内科 伊藤雄介
  • 兵庫県立こども病院               宍戸亜由美                       

小児地域AMR対策ネットワーク事業


厚生労働科学研究費新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業(H29-新興行政-一般-002 )All rights reserved.