国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

小児抗菌薬適正使用支援加算は、小児科外来における抗菌薬の使用率の減少に大きく貢献

国立成育医療研究センター社会医学研究部 臨床疫学・ヘルスサービス研究室 大久保祐輔室長、浜松医科大学小児科学講座 宮入烈教授らの研究チームは、レセプト(診療報酬明細書)情報・特定健診等情報データベースの約55万人の情報を用いて、2018年4月に新たに導入された小児抗菌薬適正使用支援(ASP)加算に関する調査を行いました。今回の調査では、この加算によって小児科外来での抗菌薬の使用率が約18%減少し、呼吸器系薬剤や抗ヒスタミン薬といった対症療法薬についても減少が認められました。一方で、入院率、時間外受診率については増加せず、医療コストは4%ほど上昇しました。ASP加算は比較的安全に抗菌薬適正使用を推進する政策となりうることが示唆されます。

【図1】抗菌薬の処方率への効果
220426_1の画像
【図2】処方薬・入院期間・医療コストへの効果
220426_2の画像

発表論文情報

題名(英語):The consequence of financial incentives for not prescribing antibiotics: a Japan's nationwide quasi-experiment
著者名(英語):Yusuke Okubo 1) 2) , Akihiro Nishi 2), Karin B Michels 2), Hiroki Nariai 2), Robert J Kim-Farley 2), Onyebuchi A Arah 2), Kazuhiro Uda 3), Noriko Kinoshita 4), Isao Miyairi 5)
1 国立成育医療研究センター社会医医学研究部 臨床疫学・ヘルスサービス研究室
2 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
3 岡山大学病院 小児科
4 国立国際医療研究センター 国際感染症センター
5 国立大学法人浜松医科大学小児科学講座
掲載誌:International Journal of Epidemiology   doi: 10.1093/ije/dyac057
URL: https://academic.oup.com/ije/advance-article-abstract/doi/10.1093/ije/dyac057/6555975?redirectedFrom=fulltext&login=tru

本件に関する取材連絡先

国立成育医療研究センター 企画戦略局 広報企画室

03-3416-0181(代表)

koho@ncchd.go.jp

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


※医療関係者・報道関係者以外のお問い合わせは、受け付けておりません。