国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

出生コホート研究 13歳時点で68.8%が鼻炎症状、81.8%はIgE抗体陽性

国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区大蔵2-10-1、理事長:五十嵐隆)のアレルギーセンター大矢幸弘センター長、山本貴和子医長、木口智之医師らは同施設で2003年から一般の小児を対象として行ってきた出生コホート研究(成育コホート)での出生時から13歳までのデータから、日本(東京)の青少年のアレルギー症状の実態と、湿疹の出現時期や持続経過により併存するアレルギー疾患のリスクが異なることを報告しました。この論文は、日本アレルギー学会公式英文国際雑誌Allergology Internationalに掲載されました。

0824の画像

【図:調査参加者、13歳時点での症状】

プレスリリースのポイント

  • 調査参加者の13歳時点で、過去1年間に鼻炎症状を認めたのは68.8%でした。喘息症状(喘鳴)があったのは5.8%のみでした。
  • 調査参加者は13歳時点で、81.8%が何らかのアレルゲンにIgE抗体陽性(感作) でした。
  • 13歳までの間に、35.7%が湿疹(アトピー性皮膚炎)の既往がありました。湿疹が乳児期から持続するタイプは6.8%、乳児期によくなるタイプは23.7%、乳児期以降に湿疹が出るタイプは5.1%でした。
  • 湿疹が乳児期から持続するタイプは、喘息症状や鼻炎症状や花粉症やアレルギー感作(IgE抗体陽性)との併存リスクがありました。一方、乳児期以降に発症するタイプは鼻炎症状のみ関連し、その他のアレルギー症状やアレルギー感作とは関連がありませんでした。
  • 湿疹が持続するタイプは、スギ感作(IgE抗体陽性)が90.6%で認められ、湿疹がこれまでにないタイプも63.5%がスギ感作を認めました。

発表論文情報

著者:木口智之、山本貴和子、齋藤麻耶子、福家辰樹、大矢幸弘
題名:Eczema phenotypes and IgE component sensitization in adolescents: A population-based birth cohort
所属名:国立成育医療研究センターアレルギーセンター
掲載誌:Allergol Int. 2022 Jun 30:S1323-8930(22)00070-3
URL: https://doi.org/10.1016/j.alit.2022.05.012


本件に関する取材連絡先

国立成育医療研究センター 企画戦略局 広報企画室

03-3416-0181(代表)

koho@ncchd.go.jp

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


※医療関係者・報道関係者以外のお問い合わせは、受け付けておりません。