国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > プレスリリース
  • > 2020
  • > 離乳食で鶏卵摂取を遅らせた方がよいと誤って答えた親は約43%!~妊娠期から正しいアレルギー知識を身に付けることが必要~

離乳食で鶏卵摂取を遅らせた方がよいと誤って答えた親は約43%!~妊娠期から正しいアレルギー知識を身に付けることが必要~

国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区大蔵、理事長:五十嵐隆)のアレルギーセンター山本貴和子、大矢幸弘らのグループは、保護者が妊娠期間中にアレルギーに関する知識・認識をどの程度を持ち、アレルギー予防に対してどのような対策をとっていたのかをアンケート調査しました。その結果、「離乳食で鶏卵を食べさせることを遅らせた方がよい」と、誤った認識をもった保護者が約43%もいることが分かりました。これは、科学的根拠に基づくアレルギーの情報が、保護者に認知・浸透していない事をあらわします。当センターは今回のアンケート結果が周知され、マタニティクラスなどでアレルギーが取り上げられることで、アレルギーの予防や早期発見、重傷化予防に役立つことを期待しています。 
この論文は、アメリカのアレルギー・喘息・免疫学会誌である“Annals of Allergy, Asthma and Immunology”に掲載されています。


20200303.jpgの画像


プレスリリースのポイント

  • 離乳食で鶏卵を食べさせることを遅らせた方がいいと、誤った認識を持った保護者が43.2%もいることが判明しました。
  • その一方で、ほぼ全ての人(83.9%)が新生児期から保湿剤を塗ることがアトピー性皮膚炎の発症リスクを下げると正しく認識していました。
  • 各自治体などで行われているマタニティクラスでは、栄養や母乳などの基本的な内容が多く、アレルギーに関する内容はあまり一般的ではありません。そのため、アレルギーのある保護者からは、マタニティクラスでアレルギーについて学べる機会があった方がよいという意見が9割を超えました。

発表論文情報

著者:

山本貴和子1,  高山ジョン一郎2, 齋藤麻耶子1, 二村昌樹3, 大矢幸弘1

所属: 1 国立成育医療研究センター;2 UCSF Benioff Children’s Hospital;3 国立病院機構名古屋医療センター
題名: Prenatal visits for allergy prevention
掲載: Annals of Allergy, Asthma and Immunology  2020 Feb;124(2):198-200
https://www.annallergy.org/article/S1081-1206(19)31450-4/abstract

本件に関する取材連絡先

国立成育医療研究センター 企画戦略局 広報企画室

03-3416-0181(代表)

koho@ncchd.go.jp

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


※医療関係者・報道関係者以外のお問い合わせは、受け付けておりません。