国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

第28回日本小腸移植学会開催

臓器移植センター
笠原群生


平成28年3月12日、第28回日本小腸移植学会を国立成育医療研究センター主催で開催させていただきました。参加者112名と臓器移植系の学会では大変多くの参加をいただきました。小腸移植は短腸症候群や小腸機能不全により、長期経静脈栄養を要する患者さんに適応されます。わが国では平成8年に京都大学で第1例目が実施され、当時京都大学移植外科研修医として診療に関与させていただきました。その後10余例の小腸移植症例を経験しましたが、小腸の移植成績は大変厳しく、日々の小腸移植後患者さんの管理・その生存率から、非常に難しい医療であると実感いたしました。一方で、腸機能不全患者管理の進歩は著しく、小腸移植も免疫抑制剤使用方法の改良・保存方法の改善等により著しい移植成績の改善も報告されております。国立成育医療研究センターでも臨床小腸移植実施にむけて鋭意努力している次第です。

今回の小腸移植研究会ではわが国の腸管再生医療を担っている東京医科歯科大学消化器内科 渡辺守教授に「難病克服に向けた新しい消化管再生医療」、国立成育医療研究センター生殖医療研究部の阿久津英憲先生に「小腸と再生医療」をご講演いただきました。

写真:主催の成育移植チーム
2016_0314-1.jpgの画像

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)