国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

アラブ肝臓がんカンファレンス参加報告

臓器移植センター
笠原群生


2016年3月4-5日カタールの首都ドーハでアラブ肝臓がんカンファレンスに参加してまいりました。ドーハはペルシャ湾に面した美しい街で人口200万人の産油国で、カタール人は人口の13%に過ぎず、87%にあたる150万人が外国人労働者です。国際的に石油価格は下がっていますが、オイルマネーのため国民の医療費は無料です。大変豊かな国で最新のビルが数多く立ち並んでいました。

アラブ諸国では肝細胞がんの頻度が高く、カタール肝臓学会主催で、今回の学会では参加者500名(22か国)と大変盛会で「C型肝炎の新薬治療」、「肝細胞がんの血管内治療」、「肝細胞がんに対する腹腔鏡下肝切除手術」「肝細胞がんに対する肝移植」が議論されました。小児肝移植経験はまだ少ない様子で、「小児肝悪性腫瘍に対する肝移植」を講義してまいりました。最終日は同国最大のHamad医療センター(医療特区)を見学して参りました。カタール人医師はほとんどおりませんが、労働環境・条件がいいためアラブ・アジア各国から医療者が参画していました。英国留学時代からの友人にも数多く再会でき、大変有意義な学会でした。

写真1.ドーハでの国際学会
2016_0310-1.jpgの画像

写真2.沢山のビルが建設中のドーハ街並み
2016_0310-2.jpgの画像

本件に関する取材連絡先

国立成育医療研究センター 企画戦略局 広報企画室

03-3416-0181(代表)

koho@ncchd.go.jp

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


※医療関係者・報道関係者以外のお問い合わせは、受け付けておりません。