国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

国際小児消化器・肝臓・移植・栄養学会参加報告

臓器移植センター
笠原群生


2016年2月11日~13日までインド北部ジャイプールで行われた国際小児消化器・肝臓・移植・栄養学会に移植外科重田先生と参加してまいりました。ジャイプールはデリーから南西約260kmに位置し、ラージャスターン州の州都で、建物がピンク色に彩られているためピンクシティーという別名があります。私立Nims大学の講堂で学会が開催され、参加20か国と大変国際色の強い学会でした。国立成育医療研究センターからは笠原が「日本の乳児肝移植手術術式について」、重田先生が成育医療研究センターにおける「家族性肝内胆汁うっ滞症に対する生体肝移植」を発表しました。学会にはラージャスターン州知事・厚生労働大臣など多くの政治家も参加しておりました。また新生児へのワクチン接種・抗生物質の不正使用報告などTomar会長の幅広い啓発活動に感銘を受けました。現在、生体肝移植プログラムを準備中だとのこと、移植センターでもプログラム立ち上げに協力してまいりたいと思います。

写真1.レセプションでのラクダ大行進
2015_0215-1.jpgの画像

写真2.学会賞をいただいた重田先生発表
2015_0215-2.jpgの画像

写真3.インド移植功労賞もいただきました
2015_0215-3.jpgの画像

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)