国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

インドネシア大学での生体肝移植支援

臓器移植センター
笠原群生

4月11-12日インドネシア、ジャカルタにあるインドネシア大学病院で生体肝移植指導を行ってまいりました。インドネシアは人口約2億2千8百万人、世界最大の島嶼国家であり、主要な5島と中規模な群島を含めた約17,000以上の島々から成り立っています。ジャカルタは美しい自然に恵まれた緑の多い街です。 インドネシア大学病院は1940年代にオランダ資本で建築された非常に歴史ある建物です。国民の90%がイスラム教で宗教上の理由から脳死移植が困難なため、臓器移植は健常成人をドナーとした生体移植が主体です。2012年に生体肝移植を開始したそうですが、成績が思わしくないため成育医療研究センターに手術・周術期管理支援のお話をいただきました。 4月11日胆道閉鎖症 7か月の女児に父親ドナーに生体肝移植を実施しました。術中門脈吻合に難渋しましたが、術後経過も良好で12日に帰国しました。 現地の肝移植チームは非常に若いチームですが、移植医療に大変熱意を持っております。今後も微力ですが、インドネシアの小児移植医療を支援していきたいと思います。

肝移植術前カンファレンスの画像
肝移植術前カンファレンス

ジャカルタ大学での生体肝移植手術の画像
ジャカルタ大学での生体肝移植手術

肝移植後、ICU回診の画像
肝移植後、ICU回診

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)