国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

第二回インド肝移植研究会に参加して

臓器移植センター
笠原群生

2015年1月28日~31日までインドのチェンナイ(旧マドラス)で開催されたMaster Class in Liver Disease: The practice of Living Donor Liver Transplantationにおいて、成育医療研究センターで実施している新生児に対する肝移植の適応と術式、移植臓器を小さくする工夫を発表してきました。参加者600名(22か国)と盛会で国際色豊かな学会でした。インドでは年間生体肝移植を1300例実施しており、脳死肝移植も数多く実施されています。学会は各国のエキスパートによる講義形式で、主に欧米の脳死肝移植と中東・アジアの生体肝移植の社会的背景の相違、移植適応・成績・管理の違いが議論されました。最終日は英国留学時代の上司Mohamed Rela教授執刀による小児生体肝移植(胆道閉鎖症)、成人生体肝移植(B型肝炎肝硬変)、自己肝温存生体肝移植(プロピオン酸血症)の3例のライブデモが行われました。肝移植は技術的な問題がほぼ克服され、安全な医療として確立していますが、様々な社会的背景の中でさらに症例・成績を向上する努力が必要と感じました。

 の画像

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)