国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

韓国ソウル Asan Medical Center 肝移植20周年記念講演会

臓器移植センター
笠原群生

2014年12月12日~14日まで韓国ソウルのAsan Medical Center(AMC)で講義をしてまいりました。AMCは年間肝切除1000例、肝移植症例350例実施している、世界最大の肝胆膵・移植外科施設です。一昨年の我が国の肝移植症例数が447例ですので、1施設で大変な症例数の肝移植を実施しています。12日にも小児脳死肝移植と生体肝移植が実施されていました。しかし小児肝移植症例数はまだ年間30例程度と少なく、移植適応・手術方法など改善すべき点も多い様子です。 今回はSG Lee病院長と国立成育医療研究センターに短期留学していた小児消化器肝臓内科医のSH Oh先生に招かれ、AMCでの肝移植20周年記念講演会で講義をしてきました。韓国では代謝性肝疾患に対する肝移植症例数が少ないため、日本の代謝性肝疾患に対する肝移植成績を発表しました。また国立成育医療研究センターで積極的に実施している新生児に対する肝移植方法について議論してまいりました。これからもお隣韓国の先生方と、緊密な連携をとり移植医療を発展させていこうと思います。

Asan Medical Centerの小児科・肝移植チームとの画像
Asan Medical Centerの小児科・肝移植チームと

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)