国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

コソボへの医療技術協力

器官病態系内科部
賀藤均 小野博(文責)

2013年12月8日から13日まで、コソボ共和国に医療視察目的で出張して参りました。コソボ共和国は旧ユーゴスラビアで、セルビアからの独立紛争のイメージが強いと思いますが、現在は治安も安定していました。首都プリシュティナへはイスタンブール経由で約10時間の道のりでした。今回の出張は、川崎病後多発巨大冠動脈瘤の患者様について、コソボ国のShala大使からの当院への相談がきっかけでした。当地では、コソボ唯一の大学病院や、第2の都市であるプリズレンの公立病院等を視察しました。コソボ国の医療資源は明らかに不足しており、プライベートホスピタルはある程度の設備は維持されていましたが、公立病院(我々が視察した大学病院)の医療機器は旧式のものばかりでした。今後は当センターに人的交流および医療機器の支援を要請したいとのことでした。

コソボ共和国の位置の画像
コソボ共和国の位置
国旗の画像
国旗
 の画像
 の画像
University Clinical Center of Kosova(コソボ国唯一の医学部)のTelemedical Centerで当センターの紹介と川崎病のレクチャーを行った。大学の関連施設に配信された。
コソボの国営放送に出演(生放送)。 番組名はMirëmëngjes. Kosova (日本名:おはようコソボ)の画像
コソボの国営放送に出演(生放送)。 番組名はMirëmëngjes. Kosova (日本名:おはようコソボ)
放送局の機材はほとんど日本製とのこと。の画像
放送局の機材はほとんど日本製とのこと。
コソボ国保健省の画像
コソボ国保健省
コソボ国保健省で副大臣と会談。の画像
コソボ国保健省で副大臣と会談。
小児病棟、外来の全景の画像
小児病棟、外来の全景
小児病棟唯一の心電図の器械(日本光電製)。かなり旧式であり、エコー診断装置も小児科に旧式のものが1台あるだけであった。の画像
小児病棟唯一の心電図の器械(日本光電製)。かなり旧式であり、エコー診断装置も小児科に旧式のものが1台あるだけであった。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)