国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

【2月18日開催】第27回免疫アレルギーTerakoya勉強会のお知らせ

この勉強会は、日頃診療している免疫アレルギー疾患の「基礎研究からどこまで分かっているのか」を体験する勉強会です。免疫アレルギー疾患の病態・治療に興味のある医療関係者、研究者に向けた勉強会ですので、皆さんのご参加をお待ちしています。

実施要項

 
開催日時 2022年2月18日(金)19:00~(約1時間程度)
開催方法 Microsoft Teamsによるオンライン開催事前登録が必要です
対象 免疫アレルギー疾患の病態に興味のある医療関係者、研究者、初学者
事前登録方法 参加希望の方は下記アドレス宛てにご氏名、所属をご連絡ください。
開催1時間前に、招待メールを送付いたします。
事前登録メールアドレス Allergy-terakoya@ncchd.go.jp
申し込み締め切り 開催当日 2022年2月18日(金)17:30まで
テクニカルセミナー テーマ:「炎症の自然収束システムとその応用」
講師:国立成育医療研究センター 免疫アレルギー・感染研究部
炎症制御研究室室長 松田明生

講師からのコメント

国立成育医療研究センター 免疫アレルギー・感染研究部 炎症制御研究室室長 松田明生

生体の恒常性維持に必要な生理機構には、その役割を終えると自然に収束するしくみが備わっています。炎症も例外ではありません。炎症収束は炎症性メディエーターの経時的な産生低下により「受動的に」進行するというより、代謝系などを駆使して「能動的」かつ「適切」なプロセスを経て進行することが分かってきました。本講演では、最近明らかになってきた炎症の自然収束システムについて紹介し、その応用法について考えていきたいと思います。

次回(第28回)は3月11日(金)に開催予定です。