国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

第7回プレコンセプションケア・オープンセミナーのご案内 vol.2

コンセプション(Conception)は受胎、つまりおなかの中に新しい命をさずかることをいいます。プレコンセプションケア(Preconception care)とは、将来の妊娠を考えながら女性やカップルが自分たちの生活や健康に向き合うことで、健康状態や母子健康アウトカムを改善することをなどを目的としています。
プレコンセプションケアの推進は、2006年に国家政策として米国で初めて勧告され、2012年にはWHO(世界保健機関)が政策提言を行っています。不妊症やハイリスク妊娠である合併症妊娠の増加など、現代社会においてプレコンセプションケアの欠如が引き起こす問題は、世界中で問題となっています。
そこで、当センターでは3回シリーズで「第7回プレコンセプションケア・オープンセミナー」をオンライン開催いたします。本セミナーでは、世界のプレコンセプションケアの好事例を知り、活用方法を検討することで、日本のプレコンセプションケア力の底上げを図っていきます。
第2回は世界的にもプレコンセプションケアの先進国といわれるオランダで、どのようにプレコンセプションケアが必要とされ広まっていったのか、またオランダで開発されたプレコンセプションアプリとその効果について、エラスムス大学よりRégine PM Steegers-Theunissen教授をお招きし、お話を伺います。また、米国での事例として「Show Your Love Today」キャンペーンや、日本で既に始まっている取り組みをご紹介し、その後、先進的な事例から日本として学ぶべきことを探るためのディスカッションを行います。
参加ご希望の方は、Peatixサイトより事前にお申し込み下さい。参加費用は無料です。
第7回プレコンセプションケア・オープンセミナー

概要

開催日時 2022年2月17日(木)18:00-19:30
開催方法 WEB開催(Zoom ウェビナーでのライブ配信)
プログラム ①「シリーズ第1回総括」
国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター母性内科 荒田 尚子

②「オランダにおけるプレコンセプションケア推進の軌跡とmHealthの役割」
エラスムス大学ペリコンセプション疫学・産科婦人科 教授 Régine PM Steegers-Theunissen

③「プレコンセプションケア推進における米国のとりくみ」
スタンフォード大学医学部Primary Care and Population Health、国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター母性内科 プレコンセプションケアセンター 三戸 麻子

④「日本の現状や取り組みについて」
聖路加国際大学大学院 教授 大田 えりか

⑤「茨城県笠間市のとりくみ」
筑波大学 医学医療系地域総合診療医学講座助教、笠間市立病院 副院長 稲葉 崇

⑥ディスカッション
参加費用 無料
申し込み 事前のお申し込みが必須となっております。

問い合わせ先

プレコンセプションケア・オープンセミナー運営事務局 担当:中山・渡部
TEL:03-6908-8237 FAX:03-6908-8049 
Email: tokyo-office02@tobutoptours.co.jp
受付時間 祝祭日を除く月~金 9:30-17:30