国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

第1回成育ママ・ホームカミングデイ開催のご報告

「お母さんの心と体の健康づくり」をサポートすることを目的とした、”第1回成育ママ・ホームカミングデイ”を1月22日(土)に開催いたしました。たくさんの方々にご参加いただき、「久々に自分に必要な情報のインプットができた」「産後、成育との関りがなくなってさみしい思いをしていたが、今回のような卒業した私たちを対象としたイベントは嬉しかった」などの声をお寄せいただきました。
ホームカミングデイでは、当センター所属の3人の医師にさまざまな観点から講演を行ってもらいました。

成育医療研究センターでは、これからも産後や子育て中のお母さんとそのご家族の健康づくりをサポートする試みを続けてまいります。次回ホームカミングデイの詳細は当センターHPまたはSNSにてご案内いたします。ぜひ、ご期待ください!

セミナー内容

①お母さんのための女性のからだ講座(講師:永田知映 先生)

セルフケアの大切さ:"ママ(care giver)”は大変 

  • 無尽蔵に働けると思われがちですが、”ママ”である前に、”ヒト”です。
    睡眠、食事、トイレ、セルフケアの時間がもちろん必要です。
  • 本当に具合が悪くなるまで気づいてもらえないこと、しばしばあると思います。
    常にケアを与えることを求められますが、自分もケアを必要としている存在です。
  • 子どものためにが最優先で、自分のために時間を使うことに罪悪感を感じるかもしれません。
    でも、自分が健やかであることは、子どもにとってもよいことではないでしょうか。
  • 女性特有の困りごとや症状は後回しになりがちですが、解決のための様々な方法があります。
    適切なタイミングでの治療、より快適な生活のために、相談や受診をためらわないでください。
永田先生

②お母さんのための心の健康講座 講師:立花良之 先生

親御さん自身が疲れてしまわないために

  • どんな親御さんでも育児に悩むこともあるし、精神的に追い詰められることもあります
  • 一人で抱え込まないでください
  • セルフケアが大切です
  • 効果的なセルフケアは人それぞれ
    ・ゆっくり寝る、パートナーに話す、友達に話す
    ・運動する、呼吸法
  • 親自身が自分を肯定できることが、子どもを肯定し幸せにすることにつながります
立花先生

③お母さんのための将来のメタボ疾患予防講座 講師:荒田尚子 先生

30代から40代の女性の健康対策

  • 女性のからだを知ること、男性(パートナー)との差を知ること
    ・定期的にがん検診を受けましょう:まずは、子宮がん検診、乳がん検診
    ・20歳から子宮がん検診、乳房セルフチェックを
    ・40歳から乳がん検診を
    ・40歳から大腸、肺がん、胃がん健診(50歳~)を
    ・40歳から男性と一緒にメタボ健診を受けましょう
    ・規則正しい生活習慣、適切な栄養、ストレス対策でボディとこころを整えましょう
    ・婦人科のかかりつけ医もつくりましょう
  • 妊娠中にわかったことで将来の健康リスクを知り、対策ができます
    ・妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、小さめの赤ちゃん、早産など
  • 次の妊娠への健康チェックと対策も忘れずに!
荒田先生