国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

新病院長のご挨拶

2022年4月1日より、笠原群生(前・特命副院長、臓器移植センター長)が国立成育医療研究センター病院長に就任いたしました。就任にあたり、ご挨拶申し上げます。

病院長

はじめまして。令和4年4月1日から病院長に就任しました笠原群生と申します。私は平成8年から27年間、国立成育医療研究センターに赴任してから17年間、移植外科医として多くの患者さんの手術を執刀してまいりました。移植医療は尊いドナーさんの意志により成り立つ崇高な医療で、高い倫理観と技術を要する手術です。外科医として患者さんに手術治療をさせていただき、医療者としてどうあるべきか自問自答し、謙虚に医療に向き合ってまいりました。
当センターには、日本全国および海外から高度医療を受けるために、たくさんのお子さん・妊婦さんが来院されます。ナショナルセンターという病院の使命から、非常に重篤な疾患の方・稀な病気の方も多くいらっしゃいます。当センター職員が一丸となって、1人でも多くのお子さん・妊婦さんが元気になって笑顔で退院できるよう、学校に行けるよう、社会に出てお父さん・お母さんになれるよう、おじいちゃん・おばあちゃんになれるよう、私たちに何ができるか、多職種で様々なアイデアを出しながら、よりよい医療を患者さんに提供してまいりたいと考えています。
患者さん皆様のご支援とご助言を、心よりお願い申し上げます。


病院長 笠原群生

新病院長の経歴

1992年 群馬大学医学部卒業
1992年 群馬大学外科レジデント
1996年 京都大学移植外科レジデント
1999年 京都大学移植外科助手
2000年 群馬大学大学院医学研究科博士課程 修了
2002年 英国Kings College Hospital, Liver transplant unit, Clinical fellow
2003年 京都大学移植外科医長
2005年 国立成育医療研究センター 移植外科医長
2005年11月 東京医科大学兼任講師
2006年5月 群馬大学非常勤講師
2011年6月 国立成育医療研究センター 臓器移植センター長
2012年5月 岩手医科大学 非常勤講師
2013年7月 慶応義塾大学 非常勤講師
2016年1月 Universitas Indonesia, Adjunct Professor
2017年4月 国立成育医療研究センター 特任副院長
2018年12月 天津大学客員教授
2019年1月 米国Vanderbilt大学客員教授
2022年4月 国立成育医療研究センター 病院長