国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

国立成育医療研究センターについて About National Center for Child Health and Development

国立成育医療研究センターについて About National Center for Child Health and Development

授乳中のお薬Q&A

授乳中のお薬Q&A

  • 抗菌薬(抗生物質)

    歯科を受診したところ、抗生物質を処方するので授乳をやめてくださいといわれました。授乳は中止した方がよいですか?
    • 歯科治療ではペニシリン系やセフェム系の抗菌薬が処方されることが多いかと思います。これらのお薬は赤ちゃんの治療でも必要に応じて使用されます。個々のお薬で母乳移行量を調べられた報告などから推測すると、母乳から赤ちゃんが摂取する薬の量は赤ちゃん自身の治療量よりもずっと少なくなることがわかっています。これらのグループの抗菌薬を授乳中に使用することは問題ないと考えられます。

      当センターの授乳電話相談で特に相談の多いセフェム系の抗菌薬であるセフカペンピボキシルやセフジトレンピボキシルは母乳移行量を調べた報告がないため【授乳中安全に使用できると考えられる薬】の表には記載していません。しかし、これらのお薬をお母さんが短期間使用しても、問題になる可能性は低いと考えられます。

  • 鎮痛薬・シップ薬

    腰痛で痛み止めの湿布を貼りたいのですが、授乳中の赤ちゃんに影響しますか?
    • 湿布薬や痛み止めの軟膏の一般的な使用は、のみぐすりと比べてお母さん自身の血液中に吸収される量が非常に少なくなります。母乳移行する薬の量はさらに少なく、ごくわずかですので、湿布薬の一般的な授乳中使用が赤ちゃんに影響する可能性は低いと考えられます。

  • 抗アレルギー薬・点眼薬、点鼻薬

    花粉症で点眼薬と点鼻薬を使いたいと考えています。また、のみぐすりはどうでしょうか?
    • アレルギーの点眼薬や点鼻薬には抗ヒスタミン薬が含まれるもの、ステロイドが含まれるものなどがありますが、薬の添付文書などによるといずれの成分もお母さん自身の血液中に吸収される量が非常に少なくなります。母乳移行する薬の量はさらに少なく、ごくわずかですので、点眼薬や点鼻薬の授乳中使用が赤ちゃんに影響する可能性は低いと考えられます。

      のみぐすりで使用される抗ヒスタミン薬の中には、母乳移行を調べて少なかったと報告されているものもあります。 【授乳中安全に使用できると考えられる薬】の表にも記載しておりますので、ご参照ください。

  • 緑内障治療薬・点眼薬

    眼圧が上がってきたので点眼での治療が必要といわれました。現在授乳中ですが、薬の説明書をみると心配です。どうすればよいでしょうか?
    • 緑内障治療のための点眼薬にはたくさんの種類がありますが、いずれの添付文書にも〝授乳を避けること〟と記載されています。そのため、治療を受けるべきか、断乳するべきかと悩まれるお母さんも多いかと思います。

      実際には点眼薬の使用では、お母さんの血液中に吸収される薬の量は非常に少なくなります。母乳移行する薬の量はさらに少なく、ごくわずかになります。これまでの報告からも、お母さんの点眼薬の授乳中使用が赤ちゃんに問題を起こす可能性は低いと考えられます。

      リスクベネフィットを主治医と十分に話し合った上で治療を決定し、緑内障の病状が進行しないようにすることが大切です。

  • 喘息治療薬・吸入薬

    風邪をひくと喘息症状がでやすいです。授乳中でも吸入薬は使えますか?
    • 喘息発作時の吸入薬としては、気管支拡張薬(β2刺激薬)の吸入薬やステロイドと気管支拡張薬の配合薬などがあります。薬の添付文書などによるといずれの成分もお母さん自身の血液中に吸収される量が非常に少なくなります。母乳移行する薬の量はさらに少なく、ごくわずかですので、吸入薬の授乳中使用が赤ちゃんに影響する可能性は低いと考えられます。

  • 皮膚科用剤・軟膏(ステロイド)

    アトピーでステロイドの軟膏を使いたいのですが、授乳中には問題になりますか?使ってはいけない部位などはありますか?
    • 軟膏などの外用薬の局所的な使用ではお母さん自身の血液中に吸収される薬の量が非常に少ないために、母乳中へ移行する薬の量はごくわずかです。軟膏やクリームなど、外用薬の通常量の授乳中使用が赤ちゃんに影響する可能性は低いと考えられます。

      乳頭や乳頭周囲に塗る必要がある場合には、赤ちゃんの口に入らないように授乳時にガーゼなどでふきとってから授乳するとよいでしょう。

  • インフルエンザワクチン

    授乳中にインフルエンザの予防接種をしてもよいですか?
    • インフルエンザワクチンは不活化ワクチンで、ワクチンの成分による感染をおこすことはなく、授乳中に不活化ワクチンを接種しても赤ちゃんに悪い影響をあたえることはありません。

      むしろ、授乳中はお母さんのインフルエンザ感染を予防することが大切であり、予防接種をうけることが勧められます。

  • 抗インフルエンザ薬

    インフルエンザの治療薬は授乳中にも使えますか?
    • 日本でよく使用されているインフルエンザの治療薬にはタミフル®・リレンザ®・ イナビル®などがあります。タミフル®は内服薬、リレンザ®とイナビル®は吸入薬です。

      タミフル®に関しては母乳移行量を調べて、非常に少なかったと報告されています。授乳中の使用が問題になる可能性は低いと考えられます。
      リレンザ®・イナビル®はいずれも母乳移行量を調べた報告はありませんが、もともとお母さんの血液中にほとんど検出されないので、授乳中の使用は問題にならないと考えられます。
      ただし、授乳中の接触による赤ちゃんのインフルエンザ感染については注意が必要です。

      厚生労働省の新型インフルエンザ対策のページもご参照ください。

妊娠と薬情報センター

※お問い合せ電話で妊娠中・授乳中のお薬に関する質問を承ることはできません