国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

国立成育医療研究センターについて About National Center for Child Health and Development

国立成育医療研究センターについて About National Center for Child Health and Development

第1回(緊急)倫理委員会

開催日時:平成25年4月12日(金)16:00~16:45
開催場所:(独)国立成育医療研究センター4階会議室41・42
出席委員: 斎藤副委員長、石井委員、梅澤委員、奥山(眞)委員、野島委員、松井委員、松原委員
審議課題数: 2件(承認2件)
受付番号667 小児再発治療抵抗性悪性肉腫に対するゲムシタビン、ドセタキセル併用療法(GEMDOX)(緊急審査)
受付番号670 再発治療抵抗性白血病に対するボルテゾミブ併用化学療法(緊急審査)

受付番号667
小児再発治療抵抗性悪性肉腫に対するゲムシタビン、ドセタキセル併用療法(GEMDOX)(緊急審査)

申請者

清谷 知賀子

申請の概要

標準治療、複数の二次治療に抵抗性の、再々発横紋筋肉腫の11歳女児に対し、Rapkin Lらにより医学雑誌(Pediatric Blood Cancer 2012;59:854-858)に報告された方法に従い、ゲムシタビン675mg/m2をday 1とday 8に、ドセタキセル75mg/m2をday 8に投与し、これらを1サイクルとして効果、安全性により、3週間間隔で投与を反復し、腫瘍安定化による臨床的有益性を期待する。

審議結果

本申請の緊急性、有用性及び必要性を認め、承認とする。

判定

承認

受付番号670
再発治療抵抗性白血病に対するボルテゾミブ併用化学療法(緊急審査)

申請者

清谷 知賀子

申請の概要

標準治療、複数の二次治療に抵抗性の急性白血病の10歳男児に対し、Attarらにより医学雑誌(Clin Cacer Res 2008;14:1446-1454)に報告された方法とボルテゾミブ添付文書に従い、ボルテゾミブ1.3mg/m2をday 1、4、8、11に、イダルビシン12mg/m2をday 1-3に、シタラビン100mg/m2をday1-7に投与し、腫瘍量減量による臨床的有益性を期待する。

審議結果

本申請の緊急性、有用性及び必要性を認め、承認とする。

判定

承認