国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

採用・研修 Recruitment & Training

採用・研修 Recruitment & Training

国立成育医療研究センター薬剤師レジデント制度プログラム

概要

病院薬剤師の基本的技術の習得と共に、成育領域に関する臨床、研究業務を合わせて行い、本領域の薬物療法の適正化、並びにその発展に貢献できる人材を育成するため2年間の研修を行う。

研修内容

  1. 基本的な薬剤業務

    下記の薬剤業務に関する一般的知識と技術、並びに成育領域における専門的知識と技術も併せて修得する。

    • 調剤業務
    • 注射業務(高カロリー輸液・抗がん剤調製業務、がん化学療法のレジメン管理等)
    • 医薬品情報管理業務(医薬品情報の収集、管理、加工、提供)
    • 製剤業務(院内製剤調製業務、特殊製剤調製業務)
    • 試験検査業務(薬物血中濃度測定とその評価)
    • 医薬品管理業務(医薬品在庫管理・麻薬管理等)
    • 医療安全管理業務(電子カルテシステムを用いた実践)
  2. 病棟業務他
    • 薬剤管理指導業務(主に小児疾患の薬剤管理指導)
    • チーム医療への参画(感染制御チーム、栄養サポートチーム等)
    • 診療科を選択し、カンファレンス等に参加して医療チームの一員として業務を通じて学習する。
    • テーマを見つけ研修修了時までに関連学会において学会発表を行うことを目標とする。
<学会発表>
yakuzaibu-resident_01.jpgの画像

年間スケジュール

yakuzaibu-resident_schedule2の画像

  • 1年目前半:調剤・注射業務を中心とした研修
  • 1年目後半~2年目:2ヶ月毎に各種診療科を選択して、薬剤管理指導業務ほか病棟業務の研修を行い、この間に、学会発表のテーマを探し、調査・研究等を行う。
  • 研修期間中を通して回診・カンファレンス講義、院内の医師レジデント向けの講義・研修会への参加

<症例報告会>

<総合診療部レジデントレクチャー>

<研修終了時>