代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

周産期・母性診療センター長

 国立研究開発法人国立成育医療研究センターは小児医療、周産期医療、母性・父性医療ならびにその関連領域を包括する医療を実践しております。このたび当センター病院では周産期・母性診療センター長の公募を行うことになりました。当該分野において、意欲を持って活躍いただける方を求めております。

募集要項

公募する職名 周産期・母性診療センター長
周産期・母性診療センターについて  周産期・母性診療センターは、産科、胎児診療科、不育診療科、新生児科、産科麻酔科、母性内科、不妊診療科、婦人科、周産期歯科の9診療科から構成されており、周産期医療と母性医療を包括する診療センターです。このたび周産期・母性診療センター長1名を公募することにしました。
 周産期・母性診療センターは、総合周産期母子医療センターとして、母体・新生児搬送を積極的に受け入れています。また様々な合併症妊娠、重篤な産科合併症、種々の胎児異常など、母体や児におけるリスクの高い妊娠や他施設では対応困難な母児に対する医療を提供しています。それに加え、プレコンセプションケア、不妊症や不育症のケア、無痛分娩や産科手術に必須な産科麻酔、胎児治療、歯科ケアなど母児に関わる幅広い領域で、高度な医療を提供しています。
 当センターの特徴は、医師、助産師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、栄養士などが協力してチームでサポートする体制をとっていることです。周産期・母性診療センター長には、周産期ならびに母性診療の要として、他診療科や他の職種とも良好な連携をとり、我が国の周産期・母性医療の発展に寄与することが期待されます。
周産期・母性診療センター長としての要件 1.日本産科婦人科学会の定める専門医・指導医と日本周産期・新生児医学会の定める周産期(母体・胎児)専門医・指導医の資格を有し、加えて日本超音波医学会が定める超音波専門医・指導医またはそれと同等の能力を有すること
2.周産期医療について豊富な臨床経験を持ち、十分な知識と指導力を有すること
3.関連する他診療部(科)の医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、栄養士などと協調・連携して診療に当たる高い能力を有すること
4.医師、助産師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、栄養士などに対し、専門領域についての研究指導ならびに教育を行う強い意志とリーダーシップを有すること
業務内容  周産期・母性診療センター長として、周産期・母性診療センターの診療・研究・教育・情報発信を行う。また適切な病院経営に寄与するように周産期・母性診療センターを運営する。
採用年月日 令和5年4月1日(応相談)
提出書類 1.履歴書(写真貼付、様式自由)
  連絡先電話番号、FAX番号、Eメールアドレスを記載してください。
2.業績目録
  原著(査読のあるものに限る)、総説、著書、その他をそれぞれ英文、和文に分けてまとめてください。
  学会発表については、国内学会は特別講演、シンポジウム、ワークショップ、一般講演など、国際学会も同様に分けてリストとしてまとめてください。
  さらに、研究費取得状況についても記載してください。
3.代表的論文
  5編(別刷またはコピー)
4.現在までの臨床経験と研究の概要と、国立成育医療研究センターにおける周産期・母性診療センター長としての診療および研究活動への抱負(それぞれ2000字程度)。
5.大学医学部の卒業証書のコピー又は卒業証明書
6.医師免許証のコピー
7.専門医証・認定医証のコピー
8.学位記のコピー(取得している場合)
9.推薦状(理事長あて:様式自由)1通
応募締切日 令和5年2月14日(火)必着
書類送付および問い合わせ先 〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1
国立成育医療研究センター人事部人事課長 村雲 宛
Tel:03-3416-0181  Fax:03-3416-2222
(Eメールアドレス:murakumo-m@ncchd.go.jp)

※迷惑メール防止のためにアットマークが大文字になっていますので、メールを送信する際は@を半角の@に変えて送信して下さい。

注:書類送付の封筒には『周産期・母性診療センター長』と朱書きして、簡易書留にてお送りください。(人事課へ持参も可)
なお、書類審査合格者には選考委員に対してプレゼンテーション及び質疑応答をお願いする予定です。
その他 応募書類等は個人情報に留意して処理し、返却はいたしません。
また、採用となった場合は、入職前に抗体価検査等を含んだ健康診断を自費で受けていただく必要があることを、予めご了承ください。

ページトップへ戻る