国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > プレスリリース
  • > 2018
  • > 11/13(火)第4回プレコンセプションケア・オープンセミナー~葉酸とプレコンセプションケア~開催のお知らせ

11/13(火)第4回プレコンセプションケア・オープンセミナー~葉酸とプレコンセプションケア~開催のお知らせ

国立成育医療研究センタープレコンセプションケアセンターは2018年11月13日に第4回プレコンセプションケアオープンセミナーを開催いたします。

プレコンセプションケアは将来の妊娠を考えながら、女性やカップルがより健康になるために必要な知識と行動です。成育医療研究センターではプレコンセプションケアセンターを日本で初めて開設し、検診(プレコンセプションチェックプラン)や相談外来をおこなっております。また、プレコンセプションケアの啓発活動も継続して行っており、定期的にセミナーを開催しております。このたび2018年11月13日(火)に第4回プレコンセプションケアオープンセミナーを開催いたします。今回のテーマは「葉酸」です。

プレコンセプションケアセンターの三戸麻子医師は都内大学でのプレコンセプションケアに関する講義のなかで、ヘルスリテラシーについてのアンケート調査を行いました。その結果「葉酸についての知識がありますか」の問いに対し82%の学生が「あまり知識がない」「全く知識がない」と回答し、若い世代で葉酸の重要性に対する認識が低い実態が明らかとなりました。

本セミナーでは妊娠と葉酸に関わる様々な分野の専門家をお招きし、なぜ妊娠前からの葉酸摂取が必要なのか、どのような人にどのくらいの量の葉酸が必要なのか、摂取方法、薬と葉酸の関係性などを広く学びます。セミナーの最後には「プレコンセプションケア宣言」が発表されます。

【プレコンセプションケアとは?】

(Conception)は受胎、つまり、おなかの中に新しい命を授かる意です。プレコンセプションケア(Preconception care)は、妊娠前管理と訳されますが、周産期に向けた身体づくりのためだけのコトバではありません。その詳細はこのセミナーで明らかになります。

概要

  • 開催日:2018年11月13日(火)14:00~16:45
  • 会場:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
  • 対象者:医療従事者、保健行政従事者、マスコミ関連、その他一般 
  • 定員:100名 ※事前申し込み制(Peatixサイト使用およびFacebook経由予定)
  • 会費:無料
  • 共催:国立成育医療研究センター・慶應義塾大学SFC研究所健康情報コンソーシアム

プログラム

開会のあいさつ 国立成育医療研究センター 院長 賀藤 均
特別講演 「葉酸プロジェクトの実績と科学的根拠」
女子栄養大学栄養学部 教授 香川 靖雄
講演① 「葉酸代謝と遺伝子多型」
福島県立医科大学ふくしま子ども・女性医療支援センター 講師 太田 邦明
講演② 「くすりと葉酸」
国立成育医療研究センター妊娠と薬情報センター 医師 肥沼 幸
講演③ 「二分脊椎症と葉酸」
東京女子医科大学泌尿器科 准講師 鈴木 万里
講演④ 「「葉酸」アンケート調査結果に関して」
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員/健康科学者 本田 由佳
講演⑤ 「学生考案 −元気な赤ちゃんを産むための大切な栄養素「葉酸」レシピ−」
第10回葉酸たまご甲子園準優勝チーム 大阪青山大学 健康科学部健康栄養学科 2年次 二宮 裕佳 山本 萌 吉田 あかね
講演⑥ 「ビッグデータからの健康情報と葉酸」
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任講師 大越 匡
パネルディスカッション
プレコンセプションケア宣言発表
閉会のあいさつ 国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター母性内科 センター長 左合 治彦

お申し込み

事前申し込み制で定員は100名様までとなっております。定員を超えてお申し込みをいただいた場合、座席関係上どうしても参加をお断りする場合にのみ、ご本人様宛にメールにてご連絡させていただきます。

事務局

〒157-8535
東京都世田谷区大蔵2-10-1
国立研究開発法人国立成育医療研究センター
周産期・母性診療センター母性内科
Tel: 03-3416-0181(代表) Fax: 03-3416-2222(代表) 
Email: boseinaika@ncchd.go.jp



ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本件に関する連絡先

国立成育医療研究センター(代表)

03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時


取材に関すること: 総務部総務課広報係(内線 7783)