国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

【9月17日開催】第22回免疫アレルギーTerakoya勉強会のお知らせ

この勉強会は、日頃診療している免疫アレルギー疾患の「基礎研究からどこまで分かっているのか」と「最新の臨床」を体験する勉強会です。免疫アレルギー疾患の病態・治療に興味のある方。臨床医、研究者を問わず、初学者向けの勉強会ですので、皆さんのご参加をお待ちしています。

実施要項

 
開催日時 2021年9月17日(金)19:00~(約1時間程度)
開催方法 Microsoft Teamsによるオンライン開催事前登録が必要です
対象 免疫アレルギー疾患の病態に興味のある方
臨床医、研究者を問わず、初学者向け
事前登録方法 参加希望の方は下記アドレス宛てにご氏名、所属をご連絡ください。
開催1時間前に、招待メールを送付いたします。
事前登録メールアドレス Allergy-terakoya@ncchd.go.jp
申し込み締め切り 開催当日 9月17日(金)17:30まで
テクニカルセミナー テーマ:「好酸球性消化管疾患、全国調査から見えてきた、いくつかの確かなイメージ」
講師:野村伊知郎(国立成育医療研究センター 好酸球性消化管疾患研究室 室長)

講師からのコメント

野村伊知郎(国立成育医療研究センター 好酸球性消化管疾患研究室 室長)

好酸球性消化管疾患には、炎症が食道のみに限局した、好酸球性食道炎と、広い範囲に炎症がある好酸球性胃腸炎とがあります。いずれも患者数が世界的に増加傾向にあります。食道炎は欧米に多く、かなりのことがわかってきました。しかし、胃腸炎の方は日本に多く、実態が明らかになっていません。そこで我々は、厚生労働省難治性疾患政策研究の一環として、全国調査を行いました。解析をしてみると、これまでわかっていなかったことが明らかとなり、確かなイメージが見えてきたと感じています。また、食事療法の効果、欧米の生物学的製剤治験結果から得られた、免疫機序の考察も行い、覆い隠しているべールを少しずつ、はがすことができればと思っています。