国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2018
  • > 朝日新聞デジタル “「妊婦に薬NG」は本当? 妊婦加算凍結よりすべきこと”として報道されました

朝日新聞デジタル “「妊婦に薬NG」は本当? 妊婦加算凍結よりすべきこと”として報道されました

 “「妊婦に薬NG」は本当? 妊婦加算凍結よりすべきこと”という記事で、国立成育医療研究センターの妊娠と薬情報センターが紹介されています

妊娠と薬情報センターのご案内

妊娠・授乳中の服薬に関する情報機関です。専門の医師・薬剤師が、あなたのご相談に応じます。授乳中にお薬を使うにあたって知っておいていただきたいこと、授乳中に安全に使用できると考えられる薬(一覧表)/授乳中の使用には適さないと考えられる薬の情報提供、授乳と薬の電話相談については
  • 持病でお薬を飲んでいるが、妊娠しても赤ちゃんに影響はないか、のご相談
  • 妊娠していることを知らずに、お薬を飲んでしまった場合のご相談
など、妊娠中や妊娠希望の方の、お薬の相談を受け付けています。 

また、 「よくある質問」コーナーには、ご相談いただく内容と似た相談内容もあるかと思われますので、ご覧ください。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

よりよい情報提供のためにあなたのリクエストを教えてください