国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

「肝芽腫治療の最前線」セミナービデオ公開のご案内

2018年7月、国立成育医療研究センターでは肝芽腫について最新の治療について学びたい患者様、ご家族の方々向けに公開セミナー「肝芽腫治療の最前線」を開催いたしました。当日ご参加いただけなかった方々のためにこのたび、セミナーの録画ビデオをホームページ上アップいたしましたのでご利用ください。
当日の演者6名分のビデオファイルは6つにわけてありますので、それぞれをクリックしてご利用ください。なお当日使用されたパワーポイント資料の中身には一部、内臓のカラー写真や肝移植手術中の動画などが含まれているものもあります。
肝芽腫のお子様が元気になり、より良い生活を送れるように、私たちはこれからも研究及び治療の両面から努力を重ねてまいります。

2018年12月5日 
国立成育医療研究センター 臓器移植センター長 笠原群生

公開セミナー『肝芽腫治療の最前線』

  • 日時:2018年7月7日(土)
  • 会場:国立成育医療研究センター講堂
  • 主催:国立成育医療研究センター

公開セミナー『肝芽腫治療の最前線』

1)「肝芽腫の標準治療と難治例・再発例への取り組み」
塩田 曜子(国立成育医療研究センター小児がんセンター)

2)「肝芽腫に対する外科治療戦略(転移巣切除を含む)」
菱木 知郎(国立成育医療研究センター小児がんセンター腫瘍外科・JCCG肝腫瘍委員会外科治療検討委員長)

3)「小児肝移植と肝芽腫治療における位置づけ」
阪本 靖介(国立成育医療研究センター臓器移植センター副センター長)

4)「肝芽腫の治療と副作用・晩期合併症〜長期フォローについて」
清谷 知賀子(国立成育医療研究センター小児がんセンター)

5)特別公演「世界における肝芽腫治療の最前線:日本と世界を結ぶ国際共同臨床試験」
檜山 英三(広島大学小児外科教授・JCCG肝腫瘍委員会委員長)

6)患者会のご案内 「灯り取りの窓となる」
中井 洋史(肝芽腫の会)

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。