国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2018
  • > 米国小児科学会 子どもの健診ガイドライン『Bright Futures』ポケットガイド版を翻訳

米国小児科学会 子どもの健診ガイドライン『Bright Futures』ポケットガイド版を翻訳

32807838_1659467924141743_2060869254449725440_nの画像

日本医師会は16日、米国小児科学会 子どもの健診ガイドライン『Bright Futures』ポケットガイド版の日本語版を作成・公表しました。これは「乳児、小児、青年のための個別健康相談ポケットガイド(第4版)」のものです、出生前から21歳までの月齢・年齢に応じ、受診時に確認すべきポイントや診察すべき項目、質問例や留意点などを記載。子どもや青年の健康を守り増進させるため、当事者とご家族を支援していく上で実用的な内容が盛り込まれています。
日本医師会の母子保健検討委員会(委員長:五十嵐 隆・国立成育医療研究センター理事長)の提案を受け、権利を得て翻訳したものになります。翻訳作業は国立成育医療研究センターの阪下 知美医師が中心になって実行し、森 臨太郎・五十嵐 隆の監修の下、9名の小児科医が翻訳作業を担当しました。今後3年間、日本医師会の会員向けのWebサイトに掲載されます。ぜひ御一読下さいませ。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。