国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU

皇后陛下の行啓について

平成30年2月16日、国立成育医療研究センターの医療型短期入所施設「もみじの家」に皇后陛下の行啓を賜りました。皇后陛下は、時折利用者・ご家族とお話されながら、大変熱心にご見学されました。
057の画像

085の画像

073の画像

0482の画像

「もみじの家」は平成28年4月に開設した医療型短期入所施設です。皇后陛下は施設見学後、関係者との懇談で「こういう施設が日本にもっと広まっていけばいいですね」と述べられました。

▸ 医療型短期入所施設「もみじの家」

小児医療の進歩により、多くの重い病気の子どもを救えるようになりました。しかし、救命され、病状は安定したものの、退院後も自宅で人工呼吸や中心静脈栄養などの医療的ケアを受け続けている子どもが全国に1万7000人以上います。

子ども本人はもとより、24時間365日続くケアを担うご両親の負担は大きく、兄弟姉妹の生活も制限されます。地域社会の中で孤立しかねない状況にあります。小児医療の進歩が生み出した、現在の日本の小児在宅医療の現実です。

2016年4月、国立成育医療研究センターでは、在宅で医療的ケアを受けている子どもと家族が最長で1週間滞在し、自由にくつろいで過ごすことのできる「もみじの家」をセンター敷地の南西の一角に開設しました。豊かな遊びや学びのある、子どもにとって楽しく、子どもと家族が自宅のようにリラックスし安心して過ごすことができる、“第二のわが家”のような存在です。

もみじの家では、重い病気や障害があっても、その人らしく生きられる社会を創ることを目的に、活動を続けていきます。

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。