国立研究開発法人 国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development

代表: 03-3416-0181 / 予約センター(病院): 03-5494-7300
〈月~金曜日(祝祭日を除く)9時〜17時〉

  • アクセス・交通案内
  • 予約センター
  • MENU
  • トップ
  • > 新着情報
  • > 2017
  • > 「こどもと薬のQ&A」(小児薬物療法研究会 編集)を発行しました

「こどもと薬のQ&A」(小児薬物療法研究会 編集)を発行しました

発刊にあたり

こどもと薬のQ&Aの画像
乳糖アレルギーなんて本当にあるのか? 新生児・乳児・幼児への服薬指導ってどうすれば良いのか? 小児アトピーでのステロイド外用剤の本当の使用法は? 乳幼児に抗アレルギー剤は使ってはいけない?

小児期の薬物療法は薬学部では習っていないのに、臨床現場では必ず出会うことになります。ところが周りの薬剤師も知識が十分でない、国内の図書、文献からも思うように情報が集まらない。たくさんの薬剤師の方々からこんな声を聴きました。また、小児を専門とする方からも、論文だけではなく他施設での実際の対応を知りたい、こんな声を聴きました。

そこで小児薬物療法の問題解決のために、メールで気軽に小児薬物療法認定薬剤師や小児科医と質疑応答ができて、さまざまな小児医薬品情報、学会・講演会情報、小児医療に関わるニュースまで入手できるメーリングリストの会、「小児薬物療法研究会」をスタートさせました。おかげさまで今も会員が増え続けています。

研究会では調べ方も分からないような小児薬物療法の問題に、鮮やかな回答が届きます。実際の現場で困っている多くの方々に、研究会からこの回答を伝えることができれば。そんな思いで本書を作成しました。

内容のQ&Aは、多くの質疑応答の中から、現場で出会う確率の高い、また他では回答を見いだせないであろうテーマを厳選しています。本書を活用いただき、たくさんのこどもたちに適正で、安全な小児薬物療法を届けてあげてください。

                                    平成29年9月

                                    国立成育医療研究センター 薬剤部長
                                    小児薬物療法研究会 代表
                                    石川 洋一

小児薬物療法研究会メーリングリストの内容がこの一冊に

2013年3月より開始された小児薬物療法研究会ML(メーリングリスト)では、日常業務での疑問や困ったことをMLに書きこむと、会員から迅速に回答が得られます。MLに登録している会員は小児病院、公立病院、大学病院、薬局など規模も特徴も様々なので、いろいろな視点から回答が寄せられ、自施設に合った解決方法を見つけることができます。

本書では、小児薬物療法研究会MLに寄せられた疑問・質問を厳選し、回答はエビデンスを再確認して収載しました。また、質問の背景となる疾病などは解説やコラムを加え、なじみのない問題でもわかりやすくなっています。このほかMLでは寄せられないような知っておいて欲しい知識については編集委員で質問項目を作成し、回答は実例を集めて紹介、解説しています。小児医療の現場で役立つ一冊!です。

このような方々に読んでいただきたいです

1. 医療現場で働いている病院薬剤師、薬局薬剤師
2. 小児医療現場で働いている医師
3. これから薬剤師を志す学生
4. 薬剤師と共働する医療従事者
5. すべての薬剤師

小児薬物療法研究会のご案内

小児薬物療法に関心をお持ちで下記参加資格に該当される方、どうぞ情報満載の小児薬物療法研究会にご参加ください。皆様のご参加をお待ちしております。

【参加資格】
  • 小児医療に関心をお持ちの病院勤務薬剤師・保険薬局勤務薬剤師
  • 小児薬物療法認定薬剤師、もしくは受講している、目指している薬剤師
  • 小児医療に関心をお持ちの医師・薬剤師・薬学部学生

▸ 小児薬物療法研究会

くわしくはこちら(”小児薬物療法研究会へのお誘い”のご案内)

目次

Q1 乳糖不耐症って本当にそんなにいるの?
Q2 乳糖賦形のメリットとデメリット
Q3 乳幼児における散剤の調剤方法について
Q4 NICU退院時の服薬指導について
Q5 乳児へのアルファカルシドール内用液の飲ませ方について
Q6 フルコナゾールとST合剤の飲ませ方について
Q7 ルゴール液の味のマスキングについて
Q8 服薬困難な薬を上手に飲んでもらう工夫について
Q9 拒薬の強い患児(発達障害を含む)の服薬について
Q10 患児本人への服薬指導について
Q11 思春期での怠薬防止について
Q12 新生児領域のおススメの図書
Q13 新生児における薬剤経管投与について
Q14 母乳添加用粉末(HMS)やとろみ剤の薬剤部分包について
Q15 セレン内用液の調製方法
Q16 セレン欠乏症患児へのサプリでの補充について
Q17 オメガベンについて
Q18 サイクリックTPN(中心静脈栄養)について
Q19 ミトコンドリアレスキューについて
Q20 エリキシル剤に含まれるアルコールの影響について
Q21 シクロスポリン内用液少量投与について
Q22 経口抗がん薬などの調剤時の注意点
Q23 トレチノインカプセルの懸濁方法について
Q24 経口抗がん薬を服用しやすくするための調剤方法
Q25 保護者がテモゾロミド,シクロホスファミドを投与する際の注意点
Q26 シクロホスファミド内服の在宅管理について
Q27 乳児喘息に対するステロイド静注の投与方法について
Q28 小児における吸入指導について
Q29 アトピー性皮膚炎におけるステロイド外用薬の使い方
Q30 ステロイドによる成長障害について
Q31 ステロイド外用薬の副作用って本当にあるの?
Q32 ミダゾラムの点鼻/口腔内投与について
Q33 唾液分泌抑制について
Q34 おむつかぶれに使用する外用剤について
Q35 抗ヒスタミン薬の使用について
Q36 造血幹細胞移植・臓器移植後や手術後の予防接種について
Q37 風邪症候群と抗菌薬について
Q38 発熱時の受診勧奨の実際について
Q39 集団生活でのアナフィラキシーに対するエピペンの使用について
Q40 小児の誤飲について
Q41 災害時に常用薬をどう確保する?~慢性疾患を中心として~

ご寄付のお願い Contribution&Donation

国立研究開発法人国立成育医療研究センターでは、より充実した成育医療に関する調査、研究並びに医療の提供を行っていくために、研究開発、教育研修及び病院運営に対し企業や個人の皆様方から広く寄付金等を呼び掛けています。(くわしくはこちら

国立成育医療研究センターのご寄付は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金又は法人税法上の全額損金算入(税制上の優遇措置)を認められる寄付金です。

次世代を支える医療のために、ご支援をお願いしております。 ご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。